ベランダのサビを取ってペンキを剥がそうと試みる。

ペンキはがし

適当に何度か重ね塗りした部分から厚塗りしたペンキが水を抜いて乾いた沼底のように剥離し、地肌が剥き出しになっています。前回塗ったときは半分腐ったペンキで塗ったので色むらがひどく、その上から水性塗料を塗りつけるつもりでした。

ペンキが旨く剥がれません。

ペンキはがしには専用の薬剤があります。

リッター数千円もしてしまいます。たぶんうちのベランダが無駄に拾いのでリッター買いした方が安上がりかもしれない。

今日はヘラを使ってほんのわずかな面積を剥離したところでうんざりして止めました。細かく割れたペンキのくずが目に入ると一日気分が悪くなります。安全メガネとまず、専用の剥離剤、汚れても良い服を揃えて秋にかけて作業を進めようと思います。

今日は台風一過で晴れて焼けるから止めました。ええ、やりたくないのでやらない理由を探しています。

水性ペンキ

綾波レイの色「アヤナミブルー」登場 ターナー色彩が開発 | Fashionsnap.com http://www.fashionsnap.com/news/2015-07-27/ayanamiblue/



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭