ビクトリーのV

オープニングの作画はいまみてもすごい。一号機の回り込みがよい。

合体シーンのバンクも、もし現実にあのロボがういていて空撮で追いかけ回して撮影するならどうしようという視点で作られています。気軽にCGでグルグルまわす世代には作れない切り返し方や配置をしています。

コンバインが繋がるという意味なのですが、農家のコンバインを思い出します。

必殺技が、超電磁スピン。ようは特攻です。ガッチャマンはゴットフェニックで体当たりし、ライディーンも飛行体型に変形してつっこみ、マクロスアタックは戦艦ロボのまま突っ込みます。

ロボットは超合金で5台でていて、5台揃えるときちんとコンバトラーVになるというお金持ちの子供がうらやましい仕様となっております。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭