ダイターン3

車輪の上がないように、ダイターン1も2もなく。

オープニングの一番最後に主人公がブルパップ小銃を持っているのが先進的。当時FA-MASは開発されたのでしょうか。ブルパップ自体は昔からあって、ヒトラー暗殺用に作られたモデルがありますが、あれは弾倉内蔵型でちょっと現代のものとは異なります。

機動戦士ガンダムに直結する作品かと。

監督、メカデザインはいっしょ。当時使えるプラスチックの都合で赤と紺色と黄色のカラーリング。これはコンバトラーVにも相通じる物があります。アニメで使える塗料の色も、当時は200色あるか無いかで色を指定するのが大変だったみたい。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭