大震災のときに近所の家で軒並み倒れたことでおなじみのエコなんとか地震でぶっ倒れたときの修理費用は使用者負担です。

一部にコンクリートアンカーが開いていない、そのままピンが抜けたという施工ミスを疑う法国があります。たしかにピンの先端が開いていない写真がありますけれど、あんなもの揺さぶって引っ張ったら綴じた形で抜けるのです。

夜の安い電力を利用してお湯を沸かす電気式温水器

なぜ夜の電気が安いかというと、原子力発電所は夜だからといって止めるわけにはいかないから。火力のように昼間だけ火を焚いたり、水力のように昼だけ放水でいない足枷がありまして、そのぶん夜の電気は安く設定されています。

震災による給湯器の貯湯タンクの転倒被害−今後の被害防止のため、改めて機器の設置の点検を!−(発表情報)_国民生活センター http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20110721_2.html



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭