セパレートカメラ

カメラとモニターが分離できるカメラ。カメラ部分のユニットが独立しているもの本体に記録装置が無くスマートフォンで録画するもの。業務用の有線などゴープロが生まれるまで、たとえばヘルメットに棒をつけて自我撮りするにはセパレートカメラが必要でした。モニターをヘルメットに。優先でウエストポーチのカメラに取り付けます。ソニーの業務用、民生機があったような。日立ハイエイトの「はなれワザ」なんてものもありました。現在はソニーの円筒形のQX10。オリンパスが引き継いだ模様。カシオ エクスリムFR10が小型で気になります。モニター部分だけでみると、一番小さいです。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭