このページはひとりWikiで書いています。

ひとりWikiとは

ローカルで書くWikiです。Wikiの書き方や表示の仕方にならったアプリをWikiクローンといいます。ひとりWikiはそのうちのひとつ。Wikiはタグを掛けるのが早い。たとえば< h3 >見だしは本来< /h3 >で囲わねばなりませんがWikiならアスタリスクの*を文頭に打つだけで済みます。

データベースを使わない

ひとりWikiはデータベースを使いません。オンライン上にソフトを置いてデータベースを使う限りセキュリティに気を使わねばならずファイルごとに設定をせねばなりません。定期的な更新も必要です。

先日導入下mediawikiはインストールに手間取り、設定に半月くらいかかり、サーバーのレスポンスを良くする調整をしたのですが時間帯にアクセスが利かなくなり使うのを止めました。静的ファイルを使うひとりWikiの場合は単純にHTMLのアップロードだけなので、余計な心配がなくなります。

ファイル名

URLのファイル名は暗号みたいな進法の表示になります。これは仕様で変更が利かない。ほかのwikiに準じたシステムで、ひとりWikiから以降するための仕組でもあります。ページタイトルはページ名に依存しています。仕様ですからそのまま使うことにします。、どうしてもURLに日本語を入れたい方は日本語が使えるWikiを探すと幸せになれるかもしれない。

分類

フォルダでテーマごとに分類しようと思いましたけれど、大テーマを20くらい、あとは無理やり中に収めるとして1つのフォルダで全部対応することにしました。

当初の案では パソコン/ソフト/ひとりWiki なんてやっておったのですがスラッシュが邪魔に感じます。ブログで私が書く文章はおよそ10の分類に収まるので「ソフト ひとりWiki」の二段の表記とします。手法としては暫定的(2015年10月29日)です。2階層にしてソフト/ひとりWikiにすべきか、それともフォルダを分けてもう独立したサイトにするかは迷っています。

独立したサイトにした場合、フォルダの位置が変ることで起動時の扱いがちょっとだけ厄介になります。起動から3クリックで文章に触りたいので、いまのところひとつのフォルダで運用しています。

デザインについて

メニューの設定からデザインの選択ができます。デザインはスタイルシートに依存します。最初に入っているテンプレートファイルはシンプルなものです。

当サイトでは新規にデザインを起こしました。

ひとりWikiのためのデザインテンプレート

HTMLに書き出す機能が付いています。インデックスの一覧の書き出しも自動化されています。HTMLの書き出しには設定が必要です。wiki.iniファイルがテキストの保存フォルダに入っていますので前回の設定を引き継げます。

最初に使うときや、テンプレートを自分で作るときに気をつけたいクセというか設定があります。

HTML書き出しの設定

書き出すときにでてくる設定ウインドウに□未更新ファイル、□フォルダにチェックボックスがあります。部分的な更新と全体的な更新を切替えられます。

テンプレートをいじって表示の変化をみたいときはチェックボックスすべてにチェックを入れて確認しましょう。

テンプレートの書き方

テンプレートが出来ました 2015年10月末

公開用とリスト用とメイン用があります。それぞれexport list main 。

ひとりWikiについて http://www2u.biglobe.ne.jp/MAS/soft/hitoriwiki/index.html

PukiWiki入門 まとめサイトをつくろう!

追記

エディタをあてがう。ひとりWikiの設定より「内蔵、標準、指定エディタ」を選べる。指定に指定すると、エディタは起動するけれど、編集したいテキストファイルが出てこないので標準を選択。

Windowsで「txt(テキスト)」ファイルを右クリック>プログラムから開く>既定のプログラムの選択で、使いたいテキストエディタを選ぶ。すると欲しいエディタで編集したいファイルが出てきます。2015年11月7日

ファイル名をどうしようか迷い中。自動車/オイル交換 これが無難。まあ、ちょっと考えると自動車でしかオイル交換はしないし、後々の階層化?というより作業中に見やすいかどうかの問題でページ名を決めていますので、自動車のオイル交換で平気。

スラッシュを使うかどうかは気分次第。

上記のいずれか 2015年11月6日



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭