テンプレート

SkyBlue CSS Framework http://stanko.github.io/skyblue/js使う。

フォントをまとめます

Mgen+ (ムゲンプラス) | 自家製フォント工房 http://jikasei.me/font/mgenplus/

Googleのフォント

グーグルが日本語Webフォントを提供してた。 | 編集長ブログ―安田英久 | Web担当者Forum http://web-tan.forum.impressrd.jp/e/2015/03/10/19508

オンズ ≫ 【Font】Google Web Fonts で日本語フォントの[Noto Sans Japanese]を使う。 http://on-ze.com/archives/2629

モバイル

第3回 モバイルフレンドリー対応:「スマホサイトのフォントサイズ」 | SINAP - 株式会社シナップ
http://sinap.jp/blog/2015/05/mobilefriendly03-01.html

[CSS] スマホ対応は超重要! 私が最低限やっている5つのこと | ヨッセンス http://yossense.com/css-for-smartphone/

フォントファミリー

スマートフォンを考慮したフォント指定の検討 | Web Tips http://weback.net/mobile/1823/

フォントアイコン

3/4 アイコンをWebフォントで表示! Font Awesomeの使い方 [ホームページ作成] All About http://allabout.co.jp/gm/gc/402551/3/

良くあるメニュー・アイキャッチのアイコンに使えそうなFontAwesomeのまとめ | Root-013 http://website-homepage.com/web-design/tips/font-awesome-japanese

CMS

デスクトップCMS・KsslKms http://goosys.sakura.ne.jp/ksslkms2/

世の中CSVから量産することばかりかんがえているよ。

テンプレート編集

DOWNLOAD - Kats Factory http://www.katsfactory.jp/download.htmlウインドウ経由。

色までつけてピングでくれるよ。Free vector icons - SVG, PSD, PNG, EPS & Icon Font - Thousands of Free Icons http://www.flaticon.com/

いつもの

Free business and data favicons to download. http://www.freefavicon.com/

変換

ファイルサイズに厳密だけど、軽いgifに調整するときれいにでる変換サイトファビコン作成 favicon.ico 無料で透過マルチアイコンが作れます http://ao-system.net/favicon/index.php

一覧

Font Awesome Cheatsheet https://fortawesome.github.io/Font-Awesome/cheatsheet/

アフター要素で使う。

「:before」「:after」初心者のためのHTMLとエクセル講座 http://www.billionwallet.com/homepage/font_awesome_unicode.html

僕が製作に使っているフリーソフト9つ【一部邪道注意】 | 四畳半ワークス http://blog.4-5matworks.com/archives/661

Vector:ダウンロード Windows > インターネット&通信 > HTML作成 > HTML変換 http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/net/htmledit/conv/

CMSソフト関連のリンク http://dokoni19.web.fc2.com/blog/20130524144114.html

素材集美しい無料のアイコン素材 -Pixeden | コリス http://coliss.com/articles/freebies/freebies-tab-bar-icons-by-pixeden.html

Tab Bar Icons iOS 7 Vol4 | Media Icons | Pixeden http://www.pixeden.com/media-icons/tab-bar-icons-ios-7-vol4上記白背景。マック用らしいが使う。

ホームページの作り方

いろいろ試した結果、コードは手打ちとなりました。最初はDreamweaver。タグを手打ちするのが面倒だったのです。途中紆余曲折があり、モニターを2画面にして左右にコードとブラウザを立ち上げて置けば良いだろうという結論に至りました。ブログの導入は最後まで抵抗したいたのですが、更新の易しさに負けてwordpressを使うことにしました。

wordpressも便利ですが、ときどき気に入らない点がでてくるのでテーマがまとまったときはサイトを作るようにしています。たとえばカメラとかスキーは独立して書いてあります。ムーバブルタイプは個別ページのが作りやすいらしいと聴きます。wordpressはそのあたりが今ひとつのためHTMLを使います。当初はCMSを使って独立させたのですが、CMSの更新がとまりセキュリティに不都合がでました。毎回CMSを更新するのがしんどいので、現在はありもののHTMLテンプレートを使って、コードを一部変更して携帯でも見られるように組み直してあります。

 デザインは既存のものを使い、表示のルールを他人任せにしています。変更したコードもスクリプトのセットが配布されていますのでそのファイルを共存させてぶつかるスタイルシートの指定を切ってくっつけただけです。もとのHTMLテンプレートの構造が良くできていたので改造は簡単でした。

他の可能性

 wordpressをもう一つ稼働させる ただ、ログインして複数のサイトを書くかどうか wordpressの複数管理機能を使う うーん。そもそも分ける理由があるのでしょうか。 wordpressに似たデータベースを使わないなにか そういう方法もあります。 CMSの導入 枠の保持が他人任せになります。普及しないのはそれなりに面倒があるのです。 HTMLの運用 メニュー部分が面倒。100枚のページなら100回修正が必要です Dreamweaverでメニューを共有 いまでも苦手です。手続きがめんどう。変なタグが残ります。バージョンが古いと確実手応えがない PHPで全部作る HTMLを基本としてメニューを読み込みます。SHTMLでも出来ます。違いは拡張子。 PHPで書き出してローカルのXAMMPで成形しアップロード HTMLでアップできます。

最後の2つはサーバーで加工するか手元のパソコンで加工するかの違いがあります。前者のほうが管理としては楽です。たとえば修正の手間をひとつ10円としましょう。10枚のサイトを修正するのに100円かかります。phpですと修正は該当部分のみなので10円で済みます。また、リンク切れチェックなどはある程度馴れてくればせずに済みますし、間違ったときの再修正の工程も最小で済みます。

人は面倒を手間と思ってありがたがることがありますが、せずに出来る手間ならしないほうが良い。苦労はすべき時に取っておけば良いのです。このことはなかなか気がつきませんでした。ひとつは判断をしないことです。判断をしないということ。

このページをつくるすこしまえの段階で私は本を大量に処分しました。書いてあることが役に立つと思って取っていた本を処分することで、すべきことが明確になるのです。

テスト前に机の掃除する心理

趣味の工作をしていて気がつきました。道具の選択が大切です。たとえば合板に10センチほどの円く木を切り抜くとき。ドリルでなんども穴を空けるのが手っ取り早い方法です。これを自動化しようと大型旋盤を作ろうなんて考え出すと大変です。旋盤の軸にベアリングが必要です。軸を支える台にチゼルと呼ばれる専用のノミが要りようになります。板を固定するチャックも必要になるかもしれません。その設計図を頭に浮かべるのはなかなか甘美な作業です。妄想だけでは板に穴はあきませんから、結局考えるよりも手を動かして物を作ってしまう方が早いのです。これは日本で木工旋盤がこけしくらいにしか使われていないことからなんとなく推測出来ます。旋盤を使って木をまるく削るよりも、四角い材木を持ってきて加工した方が早いのです。真円にする理由もありませんし、おそらく大八車の車輪なども簡単なコンパスで作ればできてしまうためノコギリやノミが発達するほどに木工旋盤の進化がなかったのではないかと考えています。

趣味でも何でもいくつかの作業を繰り返していくとあるとき共通点がみえてきます。私の場合は木工を通じて、ホームページ作りの概略を理解しました。スキーにばかり通っているとスキーは上達しませんでしたが雪道を日に数百キロも進むため運転が以前よりマシになりました。運転とスキーは近いのです。逆に運転が上達するのと同時にスキーの方法論も変わるという面白い体験もしています。

スキーの体重移動や体にかかる加速度の調整は自転車の趣味に共通しています。実はカメラの趣味も視点移動動画のため、加速度というものが常について回ります。言語化して他人に説明するほどくわしくはありませんが案外やっていることはどこかに繋がっています。そういえばカメラ回りの部品を作るのは天体望遠鏡の自作の延長ですから、人間どこでなにが役に立つのかは分らないのです。どの趣味も「あとで役に立つ」からはじめたわけではありません。本人が面白いとおもって遊んでいるだけです。どこかで応用できるかな?とはなんとなくあたまの隅にあったかもしれませんが別に点がもらえるわけでも儲かるわけでもないのに熱中することなんて、だいたいそんなものです。

テスト前は、たとえばよく分る参考書を探してはいけないのです。参考書を覚え直しているヒマはなくて参考書に書いてあることが頭に入っているのが理想です。つまり、テスト前に机の上を片付けるのは意味がないんです。

では、片付けなくて済む方法はどんな方法なのでしょう。ひとつは机を諦めるのです。紙に書く作業を減らします。見直すノートは出来ているはずで、ノートの内容も頭に入っていれば充分です。ですから机に座ってなにかすることなんてないのです。やるべきことはテストの時に思い出せるように意識の奥の方にきちんと整理することで目の前の現実にある机を片付けることと、作業は似ているようで違います。

これが、現段階で私が想像できる学習方法です。頭のいい人の動き方をみていると頭の使い方が断然違うことがわかります。それをそのままマネするのは無理なので、自分なりに工夫した結果が上記のやり方です。もしかすると教科書だけで勉強が出来る人は最初からこういった方法を使っているのかもしれません。

2015年10月22日 2014-12-8に一部余分を保存2015年11月8日追記



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭