30分番組で中京テレビ制作。

司会が後に政界に出た柏原アナ。席の並びは鈴木義司、川島なお美、車だん吉、冨永一郎。ときどき間にゲストが挟まります。

私が見ていた1980-90年代は個人のクリーム色の枠つきのブースがあって机が別れていました。フリップは手で持つ、フリップをカメラが抜く、絵を写しつつ描いた人のコメント、周囲のリアクション、客席の笑い声がタイミング良く切り替わり子供が見ても飽きない作りでした。

いま、ネットの動画で確認すると編集とカメラのスイッチャーが頑張っていることが分かります。お題を出してその場で書いてもらう方式でした。天井からカメラが吊ってあってその映像をなにかでみたことがあります。ディレクターは絵の進み具合をみて司会者に指示を出して回答順を調整。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭