レンタルサーバー

レンタルサーバーを使っています。有料です。月1000円くらいのサーバーが調子よいのですが、いまはもうちょっと安いところで我慢しています。

安いレンタルサーバー

mediawikiなんて埋め込むのはやっぱりちゃんとしたレンタルサーバーのほうが良いです。ロリポップは情報が多いけれど少々苦労します。入らないことはない。さくらとかXサーバーのほうがよく見えます。

高いレンタルサーバー

一時、仕事としてサイト構築をしてました。いまも時々頼まれることがあります。余技です。商売用の月3000円くらいのサーバーは快適でした。

価格は環境に比例する

高いサーバーは操作パネルが快適で、インストールも簡単にできる装置が最初から備わっています。ロリポップはwikiが入りますがpukiwikiの簡単インストールだったはず。mediawikiは自分で入れねばなりません。高いとこは最初から入っていたりします。同じGMOペポパでも、一段上のhtemleなら、最初からmediawikiが入ります。

インストール後のメンテナンスやガードは手動でいろいろ微調整せねばなりませんが、簡単インストールがつかえるのはうらやましい限りです。

レンタルサーバーの違い

安いレンタルサーバーは共有、共用となります。となりの領域に大人気のサイトが入っていたりすると隣の私が割を食い接続が悪くなることがあります。単独で領域を使える高価なサーバーなら高負荷にも耐えられます。個人が趣味の範囲で使うなら共用の安いサーバーを。商売用には高いサーバーが必要になります。

私はまだ上限いっぱいの感覚がありませんが、およそ1日1000ヒットを越えた、突発的に数千ヒットを記録したあたりからサイトの描写が落ちてきてサーバーの移転を考えるようです。いわゆるパズるというのでしょう、急に人気があがりアクセスが増えると上位サーバーを探し始めるようです。

移転先はアマゾンとか、Xサーバーの上位、さくらあたりになるようです。

アマゾンはアクセス数による従量制がかかるそうですが、それでも人気なのは商用サイトとしての安定性なのか単価が安いからなのか。わたしのこのサイトもどこかで人気がでから移転かアップグレードを考えることにしています。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭