古物許可証

古物免許と古物許可証は同じだ。古物免許という免許はないが一般的にその名前で通ってしまう。

取得方法

地元の警察署に電話する。管轄はてっきり県警の単位で行うのかと本部に聞いてみたが、実際には所轄の生活安全課が担当している。市町村単位で存在する警察署が取り扱う。

収入印紙で二万円くらいだったと思う。

許可制なのは、盗品の売買を制約することであろう。中古商品を個人から買い取るときに、ベンツであろうとルイビトンのポーチであろうと古物許可証が必要になる。買い取りに必要であって販売には不要というのが通説だ。だから個人が読み終わった本を売る場合は許可がいらない。

商売として大量に流すためには必要な書類である。

買い取れる

許可証があれば、個人から買い取ることができる。台帳をいちおう作るが、一応である。たとえば本の場合「自分で読むのだ!」と新古書店で買い付けてくる場合は許可証が不要である。

「本を買い取ります」と宣言して不特定多数から商品を集める場合は古物許可証が必要である。

古物許可証を取得する利点

利点が多い。ネット上で買い取りができるようになる。たとえばホームページで「ルイビトン高価買い取り中!」などと書いて箱につめて送ってもらうことができる。査定して売ればよい。

古物市場の参加

リサイクル業界は広い。自分の得意分野とそれ以外がある。近所のリサイクルショップを思い浮かべてみよう。そのお店ごとに特徴があることに気づくだろう。

大学生のが沢山いる街や新興住宅地であれば、中古の程度のよい小型冷蔵庫が人気である。一方、飲食店では業務用冷蔵庫が必要だ。

中古品の買い取りは冷蔵庫の大きさには関係なく出来る。そのため、住宅街のリサイクルショップがたまたまホシザキの業務用冷蔵庫を手に入れてしまうことがある。はたして売れるだろうか?場所を取る割にうれないかもしれない。そんなときに利用するのが「古物市場」だ。

古物市場に参加してホシザキをだせば、街道沿いの厨房専門の業者がそれなりの値段で買い取ってくれる。当然、その専門業者が販売する値段には届かないが場所をとるリサイクルショップがもてあますものが、五掛けくらいでも引き取ってもらえれば十分である。

カメラやブランドの革製品はそれ専門の市場がある。一般の人間は入れない。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭