ブックトマト 白河店福島県白河市新白河1丁目100 スキーの帰りに立ち寄っていたお店です。普通の古本屋さんでした。

変則的な交差点の角にあり、向かい側に予備校がありました。はす向かいにGEOがあって、看板の色が焼けるくらいずっとあります。 開口部の広いテナントでした。正面入って右側にカウンターがあったように記憶しています。

近所でもないのに、週一でスキーに通って開き始めた時期でしたので、月一くらいで通ってました。ここの閉店は張り紙を見ています。 品揃えは一般的なチェーンの古本屋で、家庭で飽きられた本が並んでいました。棚は入口に対して横並びで、奥の方に一般書がありました。

店内

分厚い小説のハードカバーが並んでいて、小説はあまり読まないので、こんな厚い本は場所をとるなあと眺めるだけでした。 棚の回転は比較的速かったように思います。三回スキーに行ったら一回くらい行くようなペースで、家で読む本を買っていました。

文庫、新書の品揃えは特別良いわけでも悪いわけでもなく、一般書の変な本を買っては読んでいました。

閉店時期

最後は確か、2006年の三月くらい。途中で店内改装をして配置を換えたときに、急に雑誌が増えました。近所にもう一軒古本屋があり、ブックオフもあり、競合が起きたのでしょう。近所のほうはあるとき急に撤退して無くなりました。 ブックマーケット白河のほうは店内改装、雑誌の大量投入で、その雑誌が強気の値付で並んでいました。それから一年ほどでしょうか。ゴミ収集車が横付けして古雑誌を放り込んでいました。 古雑誌を買う習慣がないので、重くて堅くて読みにくい本はみんな嫌いなんだなと思いました。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭