ブックマーケット水戸笠原店

水戸市内にあった古本屋。まだコジマ電気が改築してニトリと合体する前。もともと難のビルか忘れましたけれど結構大きなビルが建ちまして、ヤマダ電機水戸笠原の並び、その向かいのコジマ電気の交差点を挟んだはす向かいにあたる場所にブックマーケットが入りました。若干記憶が曖昧。しばらくテナントが開いたのち、自動車の部品の中古屋が入っていまに至ります。

1996年が出版業界の最盛期でした。そのあと十年後2006年くらいでしょうか。あった。ただ、記憶で書いているので何年から何年まであったのか言えません。入口はいってすぐに階段があり、たしか二階も使っていました。二階が文庫棚で、一階が一般書だったような。外壁がガラスで壁際もガラス際もスチールの本棚を並べて頑張っていました。たぶん、ムック本のいくつかを買っていまだにうちの本棚に収まっています。値段付けはブックマーケット方式でなんとなく半額、定額のすこし安いの、100円いう構成でした。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭