水戸リードシネマ

入口を入るとすぐ地下におりる階段で、行き着くと右側に入口。簡単なお菓子売り場とチケット販売所があり、こじんまりとしたスクリーンの映画館でした。

もともと、首都圏の外側に水戸市はあります。東北地方の南側とお考えいただいてよろしいかと。人、物、流通が首都圏のそれとはずれます。映画にしても首都圏の一番館の上映とはちょっとずれてフィルムがかかることがあります。よほどメジャーな作品以外はなんというか、二番手扱いの位置。

そのためシネコンが建ち始めて全国共通化が始まるその時代の流れに置いて、都市型の中小の映画館はその存在意義がうすくなります。都内ですと単館上映をしていた小さい映画館がこのあともうすこしだけ生きながらえましたけれど、水戸リードシネマはマニア向けの単館上映館でもなく、早々にお店を畳んでしまいました。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭