車内がガソリンくさいときの対処法。

窓をあける。いやそれでは直らない。

ガソリン交換を自分でしたら車内がガソリンくさくなりました。クサイといってもほんのわずか。気にすれば気になる程度で前にクサイ車がいたらどっちか分からない程度。

ガソリンキャップの横に、交換時こぼしたエンジンオイルがありました。量としてはわずか。湿っている程度です。

ガソリンは少量でも揮発性が高くニオイはでます。交換時にぬぐいきれなかった分を再度取り除くことにしました。

方法は簡単です。乾いたぼろ布でぬぐう。今回は不要になった布団カバーをハンカチ大に切って使いました。

ほかに、吸水性、給油性が高いのはキッチンペーバーです。少量で確実に取りたいときにどうぞ。

ほかに珈琲フィルターも給油性が高いので便利です。1度珈琲を出した後に軽く洗って干して使うと罪悪感が薄まります。平成の子は袋からあけて拭くでしょうが、昭和生まれはちょっと、このあたり新品で汚れ物を処理することに抵抗があります。

日本製紙クレシア-ワイプオール-不織布ワイパー



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭