水戸と大洗を結ぶ路面電車

昭和三十年代まで走っていた路面電車。

経路

水戸駅の北口から大洗の大貫橋までを繋ぐ結構むちゃくちゃな経路を走る路面電車。まず、水戸駅の北口というのが曲者で、北口からいまの水戸二高、一高の崖側面を通って柵町のあたりで高架を使って南側の下市に降りる。現在国道51号の高架と近い位置らしい。

下市側を降りて、大部石材店のあたりで地上に降りる。その後宮本育苗の種屋さんの前の50Rくらいの緩い右カープを過ぎ、水門橋の鉄橋を進みます。この橋、昭和の30年代平橋から補強用のアーチが着いたのですが、私はてっきり廃線にしてからアーチ化で補強したと考えていました。

水門橋

あるとき電車に詳しい同級生にアーチに架線を吊す金具があるぜと教わりました。たしかに電線を吊すための金物が2箇所あります。つまりせっかく橋を補強したのに廃線なのです。水門橋はいまでも鉄路の一部が埋まったままで当時の風情を残して居ます。

本町

その後、本屋の前にある緩い坂を下ります。この坂、自転車で下ると加速度が気持ちよい。電車のためなのか均一な角度でできた坂です。現常陽銀行で直角に曲がり本町(ほんちょう)商店街を通過します。現在は一車線の片側通行ですが1980年代までは交互の対面通行でした。路面電車はそれ以前の時代。

現在は突き当たりがバイク屋になっています。薬のカワチとエコスという茨城交通系のスーパーがあります。その敷地の北側、ダイヤ洋品店のほうから当時の駅に入ったと考えられます。菊池胃腸外科のある南側にさらに鉄路が続きます。昔バンビと言った軽食屋の横にある通りが水浜線の跡地です。寿司屋と国道6号の間にある橋は現在も自動車が通れない歩行者二輪車専用の道路となっています。

谷田(やだ)

しだれ桜で有名な六地蔵方面までつづきます。ちいさな木造の橋を越えると国道6号のパイパスにいきあたります。ここは電車のほうが古く、あとから国道ができました。そのまま進むと備前堀に突き当たります。その途中、左右の畑の中にはぽつぽつと「水浜線」の標識が埋もれています。

みょうにカーブした道路をすぎるとちいさな川がでてきます。現在は橋が掛け替えられていますが、いくつかの民家のどこかが水浜線の鉄路です。川と併走して竹林の手前に土手がありまして、そこを電車が通っていたようです。この土手は高低差が結構あって、谷田の点滅信号の交差点のちょっと山よりを電車が進んでいくと、道路をこえて今度は左右が切り通しになった場所にでます。いまは右手に廃品回収の倉庫がありまして、砂利の道はなんとなく当時の面影をのこしています。

六地蔵

更にすすむと砂利道が終わり、舗装道路がでてきます。こちらもの道は廃線の跡そのもので、旧稲荷第二小学校現公民館の脇をとおり常澄まで続きます。所々、昔の標識があります。道路の左右に黄色と黒のトラ模様の支柱が立ててあり、大型車が入れなくしてありますのでどこからどこまでが鉄路だったのか良くわかります。

常澄

ダイダラボウの居る常澄をすぎると国道50号が見えてきます。ほぼ50号と併走しているのですが自転車でそのまま通ろうとするには少々砂利道です。平戸橋のすこし上流側、大洗鹿島線の鉄橋とは反対側に、水浜線の鉄路があったそうです。入口がなんとなく残っています。

大洗

いまの鹿島線の大洗駅とセブンイレブンの間を走り、上記でもでてきた茨城交通系のスーパーマーケットである「エコス」が駅の跡地です。エコスの横に変な道がありまして、そこが鉄路。民家のなかなので説明しにくいのですが、ちょっと先の大洗のみつだんご「白土屋」さんとの間にある1本の横道が鉄路跡となります。みつだんごおいしいよ。

そのあと海岸まででていきます。みつだんごやの先、古い旅館のところに妙な空間があってそこが電車の曲がるための場所だったみたい。温泉施設の手前に不要なぐらい広い交差点があります。そこを曲がって海岸沿いに進み、いまの大洗文化センターあたりから今度は山の方に登りはじめます。道路の横に鉄道を通して山の頂上、いまのキャンプ場までのぼります。

[http://www.bakumatsu-meiji.com/ 大洗町幕末と明治の博物館]は、いわくありの資料館でありまして、いまの体制になるまえに電鉄会社の時代に偉い人が出資していたため、えーっと「血盟団事件」とか226事件とか515事件に関わってて、好きな人は調べて下さい。それで電鉄会社って言うのは昔の資産家の仕事ですから、そこを電車が通って森の中を進んでいきます。

いまはゴルフコースになってしまってみることができませんが、大洗の海岸沿いの森の中を通り、いまの郵便局あたりを通って最終地点である海門橋にたどり着きます。

海門橋を越えると今度は那珂湊で湊線が走っています。那珂川の河口の橋は何度もつくっては流されているので、とても同時の技術では電車の通る橋はできなかったでしょう。

後半駆け足になってしまいましたが、こんなかんじで水戸から大洗まで面影を見ることが出来ます。

よく自転車で走っていたコースです。砂利道が多いのでサイクリング向きではありませんが、遺跡のように残っている廃線をみるのはなかなかおつなものです。



Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ先頭