ホームページ向きの縦書き

前回分の縦書きテンプレートが小説用でしたので、今回はウェブページ向けのテンプレートを入れます。

出来た結果がこの段組のページです。

動かすまで

h2vR.js - 縦書きを実現するJavaScript - tategaki.info
:http://tategaki.info/h2vr/

wiki用に作っておいたpub016と組み合わせました。

いろいろな設定のメモ

配布元のページをみるとUTF-8を推奨しているので従います。

理由不明

原因が分からないけれど、テンプレートファイルの日本語が崩れました。UTF-8で表示するようファイルの文字エンコードを揃えたのですが、ひとりWikiで書き出すときの都合で痛むようです。私の設定ミスの可能性大。

ページ先頭へという日本語を page top のように書き換える戦略的撤退にて問題を解決しました。解決というか逃げた。

縦エディタと併用することで、今回もHTMLのタグを書かずに文字の心配だけしてればよくなります。

縦を縦に送る

昨日つくってみた、縦書き簡単導入のページと同じ縦表示ですが、ページ送りは通常のスクロールです。

文字が多いときに縦にページが増えます。この機能はなかなか便利です。

今後の予定

スタイルシートの構造を点検しつつ、ちょっと使ってみます。




Tweet
page top