川に落ちる季節

都心の天気が良いからって全関東が暖かいとは限らない。中央の報道は気持ちのよい晴れと汗ばむ陽気をことさらに強調するけれど、水戸は最高気温が15度である。

外に出たくなくなるほど肌寒い。にわか雨を打ち込みにきた雲は真っ黒くて気圧の変化なのか体調もすぐれない。それでも無理をして外に出ると、用水と治水を兼ねたちいさな川は風景写真のちいさな撮影会場になっている。

川岸に座っていた若い女が急に立ち上がった。いつの間にか素足。右手にスマートフォン。岸辺の乾いた部分に左足乗せたまま、へっぴり腰で右足を探るように水面に落す。まもなく川底のぬめりに滑って尻餅をついた。白いジーンズが濡れた。

構造として、いちおう川に入れるように階段が設置されているけれど、入り口は柵で閉じてあるので、市の管理責任を問うて訴えを起こしても、原告の濡れた白パンツさんは勝てない。

下半身が固ければ、アーチ状に脚を開いたまま踏ん張れて倒れない。腰を落して左手を川岸のおりくちにある階段にでも掛けていれば転倒は防げただろう。右手にスマートフォンを持っているから、体を動かす意識のうち3割は右手に取れらている。もし、スマートフォンを階段に置いていたり、後ろ向きにそっと川底を探っていれば助かったのに。

もしくはミドリ安全の滑り止め付きの靴を履いたままなら、まだ肌寒い午後の夕方も、乾いた白パンツで過ごせたかもしれない。

彼女の連れが五人くらいいたのと、暇な私も観ていたからなんともないけれど、もし人目に付かない橋の下やら渓流で、頭でも打っていたら不審死である。太宰だって膝くらいの水深で死んでる。太宰は二度女を見捨てて助かったけれど、三度目は女が積極的だったから三途の川を越えたというのが定説である。

カップ麺は食べすぎると良くない

昨日1日花粉症。症状がいまごろでてきました。運動不足もあるし、田植えの時期は必ず寒の戻りで調子が悪くなります。

それで、昨日は夕方ダウンして、ちょうど買った本を読んでおりました。必要な内容がやや読みにくい文体で書かれており、読み解くに時間がかかり、体調不良とあいまってダウン。こういうときは何を食べても消化しません。むしろ食べ過ぎると調子が悪くなります。

その日は米を炊いて久しぶりにちゃんとした昼食にありついて、二杯目を食べていたら涙がでてきました。体が冷えていたのが緩和されて血流が増えた結果です。感情ではなく生理現象であり、ただの反射です。

昼にカップ麺ばかり食べていたので、おいしかったのかもしれません。あそこは米が三等米。外食と、からあげ弁当ばかりでは偏ります。おやつと称して「たまごドーナッツ」を食べると、油と炭水化物と甘みでできていますからおいしいけれど偏食よ。

総菜コーナーの天ぷらを、カップのうどんに入れたらおいしいかもしれない。

政治家の常識とオタクの非常識

政治家は、一般常識がない。

復興大臣は最初から東北の海沿い県の出身者にしておけばよいものを、九州は佐賀の比例ででてきたような、ジミン液で煮込んだタイプを配置してはいけない。

あのひとの写真をみるたびにこっちを観ている綾波と目が合うので、はやくエヴァネクタイを外して欲しい。

ガイナックスの体制は変ってしまって、いまエバの版権は庵野監督の会社「カラー」が持っていますから、エヴァンゲリオンの関連商品を出すには「(C)カラー」って書かなければなりません。

福島ガイナックスを応援するならば、ガイナックスが権利を完全にもっているであろう、グレンラガンのネクタイピンあたりがよろしいかと。

またはパンストのネクタイがお勧め。

パンストのネクタイと聞いて、ナイロンの網でできたネクタイを想像したあなた。残念、「常識がありません。」オタクが偉い人に言われてきた言葉です。そのままお返しします。でもオタクは優しいから、君たちみたいなイヤミ腐った態度は取らないよ。たぶん静かになにも言わない。

あのネクタイだって、周りに居る人が指摘すればいいのに。たぶん周囲の人もジミン液を浴びているから、権利のことなど気にしては居ない。アニメをみていると東大に受からないし、与党議員の秘書にもならない。佐賀の復興大臣も、どうみてもネルフではなくて、N2地雷を敷設して失敗するタイプ。もしくは、シンゴジラでヘリコプターに乗る人。

ジミンの政治家がどうしかて同じ顔つきになるだろう。

党本部の地下に培養液があって、政治家志願の若者を煮染めているからです。きっとそうに違いない。その秘密を探ったアイツはもういないのだけれど、彼の意思をついで秘密を暴く者がきっと出てくと願っております。

新世紀エヴァンゲリオン – アンサイクロペディア

ガイナックスを辞めた理由。新作「キルラキル」トリガー大塚雅彦代表に聞く1 – ライブドアニュース

素直じゃなくて

エフゲニア・メドベージェワがセーラームーンで踊り終わると、後ろからもうひとつセーラームーンが出てきて、それが三石琴乃で、「あなたも、セーラームーンなのね」って言いながらメドブェージェワの肩を優しく抱いたらメド号泣して崩れ落ちる。

カメラがズームして「ピョンチャンでもサービスサービス」そして会場に来てたエバー世代が号泣するところまで観た。

ブログ@琴ちゃわんdeもう一杯!!» 感激のセーラームーン🌙

雑草にしては見栄えがいい ながみひなげし

日照時間がのびました。道端にオレンジの花が咲いています。

【PDF】ながみひなげし – 農研機構
車のタイヤに張り付いて種子が運ばれる、いまどきの植物。たしかに道路の端で見かけます。アスファルトの隙間でけなげに咲きますが、ど根性というより厚かましいだけ。

市道を洒落たつもりで石畳みにしたら、アスファルトより隙間が多くて群生。試しに鎌で刈り取ってみました。未熟な種子でも発芽するというので、早速捨てます。