亡命兵士は天涯孤独なのか

北の亡命者が逃げるシーンをときどき見てます。あの距離なら当たります。痛そう。

北朝鮮の兵士は押っ取り刀で駆け付けてハンドガン二丁とカラシニコフ二丁で撃ちまくってますが、あのとき亡命者の体の中はアドレナリンで一杯ですから、撃たれ強い。ライフルマンはすぐに伏せ撃ちしましたけれど、あの距離なら伏せなくてもと思いました。撃つときは伏せよと体が覚えてるのです。

拳銃使いのほうは泡を食って撃ってますからひどいもので、まあよく当てたものです。なにせ友軍を撃つのはためらいます。明日のご飯に事欠くある国のこと、警備兵ぐらいの身分では、きっとハンドガンの練習しません。それでも座って膝撃ちすればもうちょっと当たっていたはず。

拳銃使いは、ライフルを構えて伏せてる兵士の前をふらふらと横切ったように見えました。なかなか怖いものがあります。

まあいちばん怖かったのは当人。つぎに、倒れた亡命兵士を引きずって救助した国連軍兵士。サーもスタッドの映像をみると結構な出血をしてますので、良く助かったなと感心しております。最初に「少女時代」を見せるのはどうなのかなとは思いますが、たとえば日本に亡命兵士が駆け込んできて同じコトになったら、きっとAKBのなにかを見せるに違いありません。

亡命兵士がひとり逃げることで、故郷の親族はきっと収容所送りになるでしょう。取り逃がした兵隊さんたちも、はたして「よく撃った、これが勲章だ」といわれるか、「なぜ取り逃がした!」と怒られるかは上層部というか「彼」のご機嫌次第。どうなるか分りません。

逃げた方ももうちょっと考えればいいのに。国連軍の建物に突っ込むとか、射撃をためらう位置に正々堂々と走り込むとか、30センチの棒をアクセルに挟んで自走させて気を反らせたうちに走るとか、次の亡命者は工夫しましょう。

それにしても毎回映像にでてくるあの対物鏡のフチが金色の双眼鏡はなんなのでしょう。あの場所を金メッキしたら反射で主鏡に光が入って使い物にならないと思うのですが。なぜ金メッキなのか?もしかするとあの双眼鏡は友好国のロシア製ではなく、日本製を塗り直したものかもしれません。良くあるツアイス型ですから、安価でそこそこの性能のモデルは日本製がてっとばやい。しかし、そのまま使いたくないからと、メッキしたのではないかなと。

正恩氏の双眼鏡は? | ホマレ式♪猫エンジン – 楽天ブログ

あー、中国製のほうが入手しやすいし、へんなメッキしそう。金好きだし

できれば補給部隊で

北朝鮮軍の兵士が亡命すれど撃たれて危篤。四駆で国境を越えようとして側溝にタイヤを落して、生身で走りきったけれど五発食らったらしい。距離が分らないけれど追いかけられてるときにフルオートで40発食らったら五発ぐらいは当たりますね。

仮に上手い具合に車を奪って韓国側に移動出来たとして、今度は韓国軍側から撃たれますから、どちらにしても撃たれます。国境警備隊の兵士は忠誠心が高いエリートだそうで、もし私が北の軍にいたら絶対配属されなそうな最前線です。

てっきり、撃たれたふりをして韓国側に紛れ込む高度なスパイ活動かと思いましたけれど、そういうわけではなくて普通に亡命。これがうまくいってもいかなくても、故郷に残した家族は収容所送り決定ですから罪な話です。北としては生きていられると困りますから必死ですね。今回の「不手際」で何人ぐらい粛正されるのでしょう。

亡命兵士を採用し人たちはいまごろびくびくしていると思います。うまく打ち倒した兵隊さんの武勲は、現金でしょうかはたまた食糧の現物支給でしょうか。

いちおう韓国側で倒れていたため、韓国軍が助けましたけれど、いやですね。そんなの。太助に行けと命令されるのがまず嫌。こっち側だから撃たれないと分っていても、ぜったい狙ってるでしょうし。きっと韓国軍で徴兵されても私はその最前線にはいられないと思うので、できれば補給部隊で道具の整備とか頑張ります。

海のリスクを回避する方法

夏とはいえ、那珂川の城東あたりで泳ぐ人を見かけました。たしかに水練場の近くだけれど、ちょっとこわい。

満潮時で川の流れが緩く、カーブの内側で今年護岸工事をやり直して遠浅ではあるけれど、川で泳ぐことに抵抗があります。しばらくすると声が聞えて片方が女子でした。バーベキューの勢いで水に使った模様。これが桂村あたりですと危険。

川がどの程度の深さと流れなのか分った上で入水するか決めるのは、実は難しいのかもしれない。鉾田の海沿いで毎年二桁ちかく人が流れるのも、その場所の危険度合いを計算に入れて判断していないからなのではないか。海が目の前にあって入るか入らないか決めるときに、海の危険は正しく評価されないので、評価されないのならば最初から入水する前提で入っても大丈夫な遊泳区域に行くべし。

重要なのは、危険の度合いを海をみながら考えてはならないということ。出発前に地図の上でどこに向うか決めてハンドルを握ったら一直線で大丈夫な場所に出向くことが重要です。

合同演習

米爆撃機「死の白鳥」派遣、韓国が拒否 8月の演習 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
B1爆撃機は開発からもう何十年たったのでしょうか。こどもの時に読んでいた「よい子のための飛行機の本」によると、コクピットがコクピットごと外れて射出される仕組でした。そして機体は白いペイントでした。そのうえ可変翼です。子供心にすごい飛行機だと思ったものです。

ガッチャマンの敵メカは、戦力の消耗を防ぐ貯め必ず脱出ポッドが付いていました。実際の飛行機でポッドを使うのは珍しい。スペースシャトルの発射台で使う脱出装置は、最初のころはロープと滑車で、それは無いだろうというのでSR-71の脱出シューターを転用してて、速力なし、高度なしのゼロゼロ発射をすると真横に飛び出して地面に落ちた頃にパラシュートが開いてだめだろうと。NASAの、マーキュリージェミニあたりで使ったレッドストーンロケットは先端に補助ブースターが付いていて、なにかしくじったら先端のロケットに着火してパイロットを助ける仕組だったはず。そういうのがお好きな方は各自お調べ下さい。

いまはまっくろに塗装されたB1爆撃機も、開発費が過多にかかり当時のレーガン政権のお荷物でした。いまようやっと活躍の時が来たわけです。黒く縫った機体を死のハクチョウと呼びたがるのか記者の思うところが見当が付きません。あの脱出ポッドの仕組は廃止されたのかニュース映像を見る限り機体の外周にキリトリセンは見えませんでした。

それと、今回の米韓合同軍事演習のタイトルが

「乙支フリーダムガーディアン」

という、なんだか安っぽい感じ。ニコニコ動画のハンドルネームみたい。「乙支」は地名でしょうか。自由な庭師?庭師はガーデナーか。守り人でしょうか。絶賛営業中の地方のショッピングセンターで寂れてそう。

水戸藩士IS説

ある意味水戸藩士

孫引きなんですけど、現在リードSPコミック風雲児たち幕末編で水戸藩士がでてきて、IS扱いなんだそうです。言われてみると原理主義の一番向こう側になんのためらいもなく突き進んでいることろが同じかもしれません。ISのムスリムの主義も、都合の良い解釈を含めて煮詰めすぎです。水戸藩の尊皇、勤王思想も根拠があってどうこうではなくて、こうだからこうだという点に置いては一緒。

どこでどうしてこうなった。理由はどこから来てるのでしょう。単純な暴力だとおもうんですけど。
元ロッテ小宮山悟が語る「理不尽練習」の意味 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
で、コノヒトが習った精神野球なるものは、元を辿ると常澄(現水戸市)にたどり着きます。

飛田穂洲(とびた・すいしゅう)譲りの精神野球で選手たちを指導し、伝説の「早慶6連戦」を制した男。石井監督の指導を受けた

常中の公園のとこに銅像あった。戦前はプロ野球はなく大学野球しかありません。

内憂外患

水戸学 Mitogaku (茨城大学)
欧米ロシアが入り込んできたときに、水戸藩士は水戸学を土台に攘夷を唱えました。おそらくISの最初のころは、善意の愛国主義ではじめたのだと想像出来ます。アルカイダも似たようなものでしょう。

水戸の武家が幕末主義主張が強すぎて、水戸藩内で内部抗争の末自滅しました。当時のやり方ですと、家族丸ごといなくなりますから、政治に向いた子もおらず幕末に活躍する人物もでてこず、明治期に中央政府に政治家を輩出できなかったように、ISもきっとこの先政治に入り込んだりできずに消えてしまうのです。

水戸藩士は消えましたが、水戸藩士の気概をもった人はまだいて、融通の利かない石頭具合はなかなかのものです。私が水戸生まれであるから、そう思うのかもしれません。

あれじゃあ弾が当たらない

モスル奪還後のイラク情勢|特集まとめ|日テレNEWS24
モスルが落されて、でてきた廃兵をみていると、制空権がないってどうしようもないですね。

いつ見てもIS兵士の射撃が雑。それに引き替えイラク軍はブルパップ小銃。銃の形が、弾倉が把手の手前になり、構えると必ず肩で支えねばならず、なんにも考えないでばらばら撃つIS兵士にくらべると格段に当たるでしょう。そもそもIS兵士に組織戦であるとか、防御戦を作るなんてことはできないでしょう。

ISの訓練は 前近代的で、精神戦闘術のようなもの。おそらく距離を開けて同じ数でイラク軍と撃ち合えば、IS側はろくに当たらないでしょう。それに引き替えイラク正規軍は組織的にうごきます。最後にISが市街戦で立てこもるしかなくなったのは、砂漠なり荒野で展開していたIS軍の防御戦が削られて退却させられたからで、下がった理由はどうかんがえても射撃が下手だからです。槍で名をなした笠間藩が”新”政府軍の小銃に倒されたみたいに、きっとコテンパンですよ。

Modern Firearms – Khaybar KH2002
イラク軍のオリジナルブルパップ小銃。FA-MAS風のバイポッドつき。銃身を交換することで接近戦用のSMGの代用、分隊支援火器のような使い方もできます。弾倉はNATO準拠。