ゆるく歴史を学ぶ

明日は午後から雨だ、自転車に乗れない悲しい。

歴史の学習は継続中。漠然と把握。佐竹の息子がドスを短く脇差に加工化した刀の出所が上杉謙信と覚えました。上杉といえば「タッチ」でしたので偏差値0.5くらいアップ。でも西国大名とかよくわかってない。

近代の歴史。明治大学は戦時中パージされたいわくありの学生や徴兵猶予狙いの社会人が紛れ込んでいたらしい。戦後何十年にもたって校門にアジ看板が並んでいたのは、彼らの子孫だと思う。

580億円の仮想通過のNHK特集のナレーションが山寺宏一なのはあざといと思う。

京都を追われた親鸞がなぜか茨城に来ていたことを知る。笠間の稲田。ふつうの田園地帯。まさかこんな歴史のある場所とは。
親鸞聖人ガイド | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト)
>親鸞聖人が笠間を選んだのは、文化も栄えており、「教行信証」を執筆する上で稲田神社に様々な資料があったことによります。

あらためて思い出すとあのへん立派な神社がたくさんあります。長く宇都宮氏の勢力圏で、水戸とは雰囲気がちょっと違います。廃藩置県のときに、笠間に県庁を作ってもよかったくらいです。常磐線の路線図を見ると、石岡でもいいともう。水戸はちょっと遠いしどうして県庁を水戸にしたのか。なぞ。

佐竹氏も頑張った

米沢城に行ったこともあり、城についての本を買いました。軽い内容の本。メモ的に年表が付いてるので地元の項を読むと、佐竹氏が頑張ってます。

人取橋の戦い~伊達家の輝宗死して政宗も絶体絶命!
伊達正宗と戦ってたり

鹿島城 南方三十三館の仕置き | 落人の夜話
地元勢力30人をお城のお楽しみ会と称して読んで謀殺してみたり。あんな遠いところまでよく行ったものです。

喜連川の歴史を歩く (その3)
あの温泉はいいものだと、先日サイクリングで走ったときに地元の方に教わりました。

日本史がいまいちよく分かっていないのですが、佐竹が白河まで手に入れていたのは頑張ったと思う。

大会中止の憂き目

サイクルイベントに時々参加してます。雨が降ると最悪。もっと最悪なのはスタート地点の島に逃亡犯が潜伏して大会自体が中止になること。

グラン・ツール・せとうち|広テレ!Web

全員で武装してみんなの力で探すと見つかると思う。

ウッチャンナンチャンの「これができたら100万円」という番組で、鬼ごっこがありました。結果はひとり逃げ切って賞金を獲得してます。

ケモノの巣穴に身を潜めて逃げ切ったのです。

二人入って入り口に近い一人見つかって、もういないだろうと捜索隊が外を探しているうちに時間が過ぎて試合終了。地面に潜る程工夫せねば隠れきれません。木に登ると赤外線でバレますし歩いている限り音でバレます。多少の草薮では隠れきれません。

瀬戸内の小島で、小島と言えば一周数キロと思いきや向島は大きくて、外周が住宅地で中心に山林あり。仮に警官隊千人の山狩りも、廻りから囲って中心に追い込めるほど小さくなくて、1度捜索した場所に舞い戻れるならば永遠に逃げつづけられそうです。

素人考えではツールドせとうちを開いてしまえば良いとおもうのですが、もう一歩踏み込んで考えるとたしかに何かあった際の責任の取り方が考えつきません。

社会人認定資格試験

社会人も国家資格にして認定制度にすべきではないか。誰もかれも向いているわけではない。

資格取得き試験はどうなるのだろう?ものつくり大学が入試でバーベキュウをやらせて点数を付けてたから、バーベキュウがいいのかもしれない。会話をしながら役割分担を決めて、完成させるのが正しい大人。

試験に落ちるであろう私は、「自分の分だけもらって作って良いですか?」と肉をかっさらうので点数が付かない。最初に包丁を握るのが交渉を有利に勧めるためのコツ。

社会人はいまだになった気がしてないのだけれど、まあ、いちおう大人として長く生きてきて分かったのは仲間は選べということ。人は選べば付き合いやすいことが今ごろになって分かってきました。裏を返せば世になんと話の通じない人物が多いことか。

社会人認定資格試験なんてものはございませんが、もしあるなら、落ちた人たちだけの残念会に毎年参加しようと思います。

客層

海の近くで、床が濡れた食べ物屋さんがあります。私はすごく苦手。自分で焼いて食べるお店も、余り得意ではなくて。

テーブルが油でべとついた中華料理屋とか、屋内が結構ボロボロの食堂は平気。はて、なにが違うのか。

おもうに客層。

本日海の近くでお店選びをしておりました。並んでいるお店は却下。うるさいバイク客の好きそうなお店も苦手。そして床の濡れている場所もだめ。最終的に入ったのは最近できた食堂。内装もきれいでおいしい。客層はひとりでぷらっと入ってくるスポーツカー乗りとか妙齢のご婦人お友達数名、デートっぽい男女、自転車乗り。

べつに隣の、昔ヤンチャだった人が並んでる丼物屋さんでも自分で焼く店でもよかったのですが、落ち着かないのはたぶんそこの雰囲気で、雰囲気の根本にあるのは人。

そう、床の湿度より人。