スーパー大戦争

近所に巨大資本の系列店ができます。重機が沢山。よくもまあぶつからないで作業ができるなあと感心。職人さんは荒っぽい土木チームとお店の内装電装チームに別れていて着てる服がちがいます。最大の問題は近所にお弁当売ってるスーパーが無い(!)こと。今作ってるので、ないの。

来たれ新コンビニ

あそこにコンビニができれば良いのにとおもう、つい先日撤退したコンビニ跡地は、業者が入ってすわ、新規出店かと期待いたしたのでありますが、単に業者を入れて掃除をして、撤収の度合いを完璧に整えただけで新規出店の気配なし。張り紙はあるけれど敷地が立ち入り禁止で見えない、きっと閉店のお知らせでしょう。

あのコンビニがないと別のコンビニで毎日口に合わないものを食べることになります。

どうしてお弁当のセンスが合わないのか、理由が分かりました。たまたまお弁当を買う時間に遭遇したのは、体を動かす職人さんばかり。そうなると肉。そして米。私が行くと何時も鯖の幕の内弁当だけ残ってて、ほかの肉系統は全部無くなってしまっています。

うどんなどの汁物も微妙に残ってます。鶏の唐揚げばかり大量にはいって消化できなそうな唐揚げ弁当とか。あれは消化しきる自信なし。

二等市民

たまに早く寝ると早く起きてしまい、起きてから今日仕事かどうか迷う。毎回迷うことなく仕事である。

本日乃茨城新聞。一面に「外来種根絶」社会面に「外国人労働者受け入れ」

別のことですけど。

一種、二種と外国人労働者に等級を付けてます。ぜったい二等市民とかそういう考え方が根底にあるわけです。

あいまいない一日

早めに寝ようとして寝そびれ。明日を乗り越えるとお休みのはず。エクセルのセルデータを眺めるのは苦手。苦手ながらもやっているうちに要領を得てデータ整理ができつつあります。

どうしてエクセルが苦手かというと罫線があるから。

ためしに罫線をとって作業したら楽。目が楽。

朝はうっかり。郵便局が空いていると思ったら休日でした。ローソンに切手を買いに行ったらローソン自体が改装中で閉鎖。

ようやく別のコンビニで切手を買って手紙を送りました。

私はいったい一日なにをしていたのやら。

理想の家

夜寝る前に伊藤園のイエモン粉末で日本茶をたらふく飲むと眠くなくなります。日中のカフェインがまだ効いてる。コーヒー飲み過ぎた。

日曜なのに仕事をすると何とも言えない疲労感があり、さらに連休で月曜も休みなのに出社と思うとうんざりしてきて、会社で「家に帰りたい」と思うのが先んじて家にいるとき家に帰りたくなり、一体私が思う「家」とはどこなのかわからなくなる。

ここじゃないどこかまだ見ぬ理想の桃源郷に「家」があるのだろうか。