亡命兵士は天涯孤独なのか

北の亡命者が逃げるシーンをときどき見てます。あの距離なら当たります。痛そう。

北朝鮮の兵士は押っ取り刀で駆け付けてハンドガン二丁とカラシニコフ二丁で撃ちまくってますが、あのとき亡命者の体の中はアドレナリンで一杯ですから、撃たれ強い。ライフルマンはすぐに伏せ撃ちしましたけれど、あの距離なら伏せなくてもと思いました。撃つときは伏せよと体が覚えてるのです。

拳銃使いのほうは泡を食って撃ってますからひどいもので、まあよく当てたものです。なにせ友軍を撃つのはためらいます。明日のご飯に事欠くある国のこと、警備兵ぐらいの身分では、きっとハンドガンの練習しません。それでも座って膝撃ちすればもうちょっと当たっていたはず。

拳銃使いは、ライフルを構えて伏せてる兵士の前をふらふらと横切ったように見えました。なかなか怖いものがあります。

まあいちばん怖かったのは当人。つぎに、倒れた亡命兵士を引きずって救助した国連軍兵士。サーもスタッドの映像をみると結構な出血をしてますので、良く助かったなと感心しております。最初に「少女時代」を見せるのはどうなのかなとは思いますが、たとえば日本に亡命兵士が駆け込んできて同じコトになったら、きっとAKBのなにかを見せるに違いありません。

亡命兵士がひとり逃げることで、故郷の親族はきっと収容所送りになるでしょう。取り逃がした兵隊さんたちも、はたして「よく撃った、これが勲章だ」といわれるか、「なぜ取り逃がした!」と怒られるかは上層部というか「彼」のご機嫌次第。どうなるか分りません。

逃げた方ももうちょっと考えればいいのに。国連軍の建物に突っ込むとか、射撃をためらう位置に正々堂々と走り込むとか、30センチの棒をアクセルに挟んで自走させて気を反らせたうちに走るとか、次の亡命者は工夫しましょう。

それにしても毎回映像にでてくるあの対物鏡のフチが金色の双眼鏡はなんなのでしょう。あの場所を金メッキしたら反射で主鏡に光が入って使い物にならないと思うのですが。なぜ金メッキなのか?もしかするとあの双眼鏡は友好国のロシア製ではなく、日本製を塗り直したものかもしれません。良くあるツアイス型ですから、安価でそこそこの性能のモデルは日本製がてっとばやい。しかし、そのまま使いたくないからと、メッキしたのではないかなと。

正恩氏の双眼鏡は? | ホマレ式♪猫エンジン – 楽天ブログ

あー、中国製のほうが入手しやすいし、へんなメッキしそう。金好きだし

できれば補給部隊で

北朝鮮軍の兵士が亡命すれど撃たれて危篤。四駆で国境を越えようとして側溝にタイヤを落して、生身で走りきったけれど五発食らったらしい。距離が分らないけれど追いかけられてるときにフルオートで40発食らったら五発ぐらいは当たりますね。

仮に上手い具合に車を奪って韓国側に移動出来たとして、今度は韓国軍側から撃たれますから、どちらにしても撃たれます。国境警備隊の兵士は忠誠心が高いエリートだそうで、もし私が北の軍にいたら絶対配属されなそうな最前線です。

てっきり、撃たれたふりをして韓国側に紛れ込む高度なスパイ活動かと思いましたけれど、そういうわけではなくて普通に亡命。これがうまくいってもいかなくても、故郷に残した家族は収容所送り決定ですから罪な話です。北としては生きていられると困りますから必死ですね。今回の「不手際」で何人ぐらい粛正されるのでしょう。

亡命兵士を採用し人たちはいまごろびくびくしていると思います。うまく打ち倒した兵隊さんの武勲は、現金でしょうかはたまた食糧の現物支給でしょうか。

いちおう韓国側で倒れていたため、韓国軍が助けましたけれど、いやですね。そんなの。太助に行けと命令されるのがまず嫌。こっち側だから撃たれないと分っていても、ぜったい狙ってるでしょうし。きっと韓国軍で徴兵されても私はその最前線にはいられないと思うので、できれば補給部隊で道具の整備とか頑張ります。

合同演習

米爆撃機「死の白鳥」派遣、韓国が拒否 8月の演習 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
B1爆撃機は開発からもう何十年たったのでしょうか。こどもの時に読んでいた「よい子のための飛行機の本」によると、コクピットがコクピットごと外れて射出される仕組でした。そして機体は白いペイントでした。そのうえ可変翼です。子供心にすごい飛行機だと思ったものです。

ガッチャマンの敵メカは、戦力の消耗を防ぐ貯め必ず脱出ポッドが付いていました。実際の飛行機でポッドを使うのは珍しい。スペースシャトルの発射台で使う脱出装置は、最初のころはロープと滑車で、それは無いだろうというのでSR-71の脱出シューターを転用してて、速力なし、高度なしのゼロゼロ発射をすると真横に飛び出して地面に落ちた頃にパラシュートが開いてだめだろうと。NASAの、マーキュリージェミニあたりで使ったレッドストーンロケットは先端に補助ブースターが付いていて、なにかしくじったら先端のロケットに着火してパイロットを助ける仕組だったはず。そういうのがお好きな方は各自お調べ下さい。

いまはまっくろに塗装されたB1爆撃機も、開発費が過多にかかり当時のレーガン政権のお荷物でした。いまようやっと活躍の時が来たわけです。黒く縫った機体を死のハクチョウと呼びたがるのか記者の思うところが見当が付きません。あの脱出ポッドの仕組は廃止されたのかニュース映像を見る限り機体の外周にキリトリセンは見えませんでした。

それと、今回の米韓合同軍事演習のタイトルが

「乙支フリーダムガーディアン」

という、なんだか安っぽい感じ。ニコニコ動画のハンドルネームみたい。「乙支」は地名でしょうか。自由な庭師?庭師はガーデナーか。守り人でしょうか。絶賛営業中の地方のショッピングセンターで寂れてそう。

北の国から毎週ロケット

北朝鮮が珍しく夕方にミサイルを発射。ミサイルとロケットの違いがよくわからないが、いまのところ日本の経済水域外の航海上に落している。動いている空母レーガンを狙うのは難しいだろう。

北の公開した写真は、ロケットのブースター部分にぼかしが入っていた。あのぶぶんをみると、どの国が技術支援をしているのかわかってしまうし、性能とその進捗具合がわかるので知られたくないのだ。

日本はとっくの昔に彼の国の射程圏内に入っているから、いまさら慌てることはない。心配するとしたら、秋葉原で売ってる部品がミサイルの制御に使われていないかとか、打ち上げ担当が気まぐれに燃料を余分に入れたり、発射角度を変えたり、はたまた機体の不具合で地面に落ちること。

落ちると、さすがに黙っていられない。そのときどうやって反撃するのか。実際には反撃する能力はないから、ミサイル発射ポッドを移動している場所がわかっても、日本からは手も脚も出ない。ひとつは法律で攻撃できないこと。仮に目の前でなにかはじめても、自衛隊の航空機に対地攻撃能力がないこと。だから、指をくわえて飛んでくるのを待つしかない。

高々度に打ち上げるミサイルがあったけれど、あれをやられるとイージスもパトリオットも危ういのではないか。

こうしてみると、案外北の戦略はまちがっていなくて、核の小型化まで政権を延命し、二段式の「火星」を三段にもっていければ、わりあいなんとかなるのではないか。間違っても完成前に攻撃されるようなことがあってはいけないので、いま試験発射している「週間北朝鮮ミサイル」は相当慎重に撃っているのだろう。

搭乗にへルメット

自転車の高校生がフルフェイスのヘルメットを被って自転車乗ってて、ハンドルをにぎる私の目の前で華麗にUターン。アゴの下もフレームがある黒いヘルメット。細身の青年には重い。

ユナイテッド航空に乗るのか