親指シフトと縦書きでホームページも縦書きにする方法

追記 手っとり早く使えるようにしました。「ひとりWiki」に涅槃とh2Rvと、横書きのうちのwiki用テンプレートを入れたZIPです。

縦書きのCSSが使えそうなのでエディタも縦のを使えば縦書きで入力できます。ついでにテンプレートエンジンで縦のページを吐き出すように作れば、一貫して縦書きのページが作れるのではないか。

作ってみました
ワープロ

手順

      テンプレートエンジンを起動
      目次から該当するページをクリックして縦書きエディタを起動
      縦書きのまま書いて、縦書きのままテンプレートエンジンのビュアーで確認
      HTMLを書き出し
      アップロード

計画ではこのようになります。

タグを打たず、すべてクリックと日本語入力だけで縦書きのホームページがアップ出来るはずです。

たぶん作業時間は3時間。ありものの組み合わせです。CSSの整理と微調整でいまからやれば明け方までにできあがるのですけれど、風邪で喉が痛いので、志半ばで今日は寝ます。エディタの文字エンコードを固定したくてECU-JPと打ち込むミスをしました。正しくはEUC-JPです。体調がわるいときになにかやってもダメね。

Extended UNIX Code - EUC-JP – Wikipedia

先週、先々週とホームページ作りで体力を失いました。今週は食べ物の味が分からなくて、きっと風邪と運動不足と体内イオンの何かの欠乏と野菜不足。1回ちゃんと寝れば直る。

仮に縦書きホームページが出来たとして、パソコン用の縦書きはそのまま動かない。今度は携帯スマホ対応が必要になります。いまさら端末を読んでページを分岐させるのもいけ好かない。いまの体調で作業を始めると止めどころが分からず風邪がひどいことになるので治しつつ善後策を考えます。

縦書きホームページと自動化に関わるファイルを作るのは決定。スマホ用までやるかどうか迷い中(たぶんやらない)そして、できあがると夢の縦書きホームページwith親指シフト入力という、21世紀を無視した感じのパソコン作業になります。やった。

動くと三万円するんだ。

せっかくなので、縦書きサイトが出来た暁には親指キーボード作りからページを作るところまで解説する内容で作りましょう。需要はきっとない。5人くらい?

ホームページを楽して作るための下準備

簡単にホームページが作りたい

テキストエディタで修正していたのですが、なんだかこう、飽きてきまして。
記事を書くために「ひとりWiki」を導入したのです。
Vector: ひとりWiki – 新着ソフトレビュー

ローカルのパソコンで記事を書き、公開用は静的にHTMLで書き出すのでサーバー負荷もかからず便利。

そのままHTMLを書き出せるのですが、自分用の気に入ったテンプレートがあるのでこれと掛け合わせることにしました。

素材

HTMLホームページテンプレート無料配布 [Cool Web Window]さんのテンプレートを利用。

Responsive Grid Systemにてレスポンシブ機能を追加。しばらく前に作業済です。

ふたつを掛け合わせてできあがったのがこちらのページ。カメラスタビライザー ホーム
ボタンひとつでぼぼ半自動でデザインを適用させます。

細かい点

「ひとりWiki」のファイル階層は簡単名ので、適用したいテンプレートファイルとスタイルシート(CSS)の位置を移動させます。相対パスなので書き直しました。contentsタグがIDとクラス要素で重複してます。本来は整理すべきところも、既存のソフトとテンプレートを掛け合わせるため見逃すことにします。

コンテンツの記事部分を引数で読んでくるだけなので、私でもなんとかHTMLを吐き出すことに成功しました。

レスポンシブ用のIE6-7向けのjavascriptとhtcファイルはなくても問題内ので削除します。これでCSSのみで運用できます。

ご覧になるホームページの見た目は変りませんが、作る私の手間はたぶん1/5位になりました。

無駄に早い

yukiwiki記法と親指シフト入力なので、書くは早いです。

天秤

問題は、ファイル名が例のソフト経由では読めるけど平文では読めない形であること。記事部分以外はソフトからいじれないのでdescriptionタグになにか書くには一手間かかること。

今後作るページのURLが妙な形になっていたら、その仕組を使ったと思って下さい。カメラなど既存のページはそのままにします。

すべてが思い通りにはなりません。ファイル名とdescriptionに関してはほかの利点と天秤にかけて諦めることにします。ファイルの階層構造が作れないので、そこをどうするか考えています。メニューを諦めて内部リンクをコンテンツ側に載せ直せばそのまま使えそうな予感ではあります。

書き始めから書き出しまでひとつのソフトで完結するのですごく楽です。

熱暴走と暴風雨

人も熱に弱い

人も熱に弱いのか、いつもと同じ動作が急にできなくなります。明日振り込む口座番号をメモしたら2文字も間違っていました。しかもメモに振り込み金額を書き忘れる始末。

材木の角を面取りしていて小刀で指を浅く傷つけてしまいました。扇風機の風が恋しくて、板を手持ちで加工したら案の定怪我をしました。普段なら万力を使うところを暑さで判断力が落ちてました。

怪我と言っても絆創膏を貼るか迷う程の浅い傷です。あいにく私はキーボードの入力に親指シフトを使っているため、左親指キーを押キーを打つたびにわずかに痛みます。それも2日ほどで、キズはふさがりました。

突然の雨

日曜の午後。空気が湿り雨の気配を感じました。早速家の後ろの扉を閉めました。次に西側の窓を閉めに歩く刹那突然の豪雨。ガラスの向こうでは地面に落ちた雨が跳ね返り、風に巻かれてうねります。ようやく閉めた西側部屋は床が湿りました。

西側の窓は吹きつけた雨に打たれ、ひさしく掃除しなかった網戸が突然きれいになりました。

3Dプリンタで作りたいもの

キーボード改造用のキット。チェリーの黒軸を三個移植してつかいます。

今使っているキーボードはマイクロソフトのナチュラルキーボードプロの白いヤツです。

本来スペースキーのある場所を物理的に削って、かわりに台座をつくりキーを3つ置いて配線しますと、あら不思議親指シフト用のキーボードになります。

台座は木とアルミで出来ています。キーボードのパームレスト付きの上面部品を壮大にヤスリで改変せねばなりません。そのあとに載せる台座を3Dプリンタか二次元のルーターで削りたい。

長崎の出島のような形に四角い穴が3ヶ所開いていれば十分なのです。木でつくると結構めんどうくさくて、厚みなど工夫せねばなりません。キー自体はアルミでおさえています。樹脂のプリンターでつくればアルミを排除できますから制作が簡単になります。

あと、ボール紙の出すとカバーは樹脂に置換えたいです。

キーボードのスキマカバーを追加

親指シフター

直木賞作家・姫野カオルコ、こだわりの“親指シフト”について熱弁 | 日刊SPA!

親指シフトの記事があるのならスパを買おうか。週刊誌はすぐなくなっゃうから。

ひさしぶりにオークションで検索してみると富士通の親指シフトのワープロは軒並み五万円くらい。キーボードだけで1.5万円。ちなみに私はこの文章をニコラ配列で打ち込んでいます。ベースはマイクロソフトのエルゴノミクスキーボードプロ。かなり改造してまして、親指の位置にキーを3つ付けてます。通常の親指シフトキーボードは左右に左親指用のキー、右親指のキーとなりますが、うちのは私が自分で使うために工夫してその左右のキーの真ん中にエンターキーを配置してます。結果、エルゴノミクスキーボードのパームレストに手のひらを載せたまま、小指で削除ができ、エンターを左親指で打ち込んでいます。

フルパワー全開 WindowsCE のページ ソフトウエア3

エミュレーターはem1keyです。。環境はOSがWindows7です。もともとは「親指ひゅんQ」を使っていましたが開発が止まり、小笠原博之様謹製のem1keyに乗り換えました。親指に割り当てるキーの制限がない点が優れてます。右親指キーを普段使わない「*」印にしてあります。

ATOKと併用しています。

windows7に載せ替えたのは簡単でした。ただ、うちはATOKを使っている都合起動時にATOK用のファイルを別に起動せねばなりません。そのためアイコンをプログラム>スタートにいれての自動起動ではなく起動時には毎回手動にてATOK用のem1keyを立ち上げています。とくにそれが苦痛とは思いません。親指シフト入力があるだけでとても便利なので、そのくらいの不便は忘れています。なにより環境が変わっても入力方法がそのまま使えることに感謝しております。

富士通の中の人と、小笠原さんと、あと種を絶やさずにこの特殊な入力方式を使い続けてきてくれた先人に感謝します。

世間からみると、キーボードが特殊過ぎて普及しないと思います。覚えるコストが高くつくし。流行らないだろうなあ。勝間和代さんがいっときエバンジェリストとなって普及してましたけど、カツマーの皆様におかれましては数が多いからなのか、こっちに来る人が少なくて挫折する人が多くて残念でした。もうちょっと増えても良いのに。

自作親指シフトキーボード
ウチの親指シフトキーボード。本来スペースキーのある場所をその土台ごと取り払います。代わりに木とアルミで作った土台にチェリーのジャンクキーボードから外したキーを付けます。キーボードの基盤の端子に半田で並列つなぎにしてキーを増やしています。

ベースになるマイクロソフトのキーボードは初期のモデルとOEMで作らせたモデルがあり、基盤が違うので改造するとき端子の場所が変わります。たぶん絶対こんな改造をする人は居ないでしょうけれど、豆知識ね。

ゲーミングキーボード改造親指シフト
安価なゲーム専用キーボードが、左右にシフトキーを持っていましたので改造しました。たぶんこれもメンブレンをバイパスしてます。すごくちっこいキーボードでした。人に譲ってしまいました。

アクロススクロールキーボード改造親指シフトキーボード
アクロス USBスクロール付キーボード ASB-KYSKを、やはりメンブレンでバイパスしたような気がします。あんまり前の工作で、現物が手元にないのですが。

 英語エルゴキーボードメンブレンバイパス親指シフトキーボード
メンブレンに手を加えて改造した無茶なキーボード。中身だけちょっといじっているので外観はそのままです。もともと英語キーボードで接続がPS2。たしか右キーを「*」キーに割り当ててます。PS2なのでさすがにもう使っていません。押し入れかどこかにあるはず。