おたんこナースのお仕事

あたらしいwordpressのテーマに変更して、デフォルトで運用していましたが、全文が読めないと不便なので設定を直します。テーマの設定で全文表示のチェックボックスをオンにして作業終了。

こんな便利な道具をタダで使ってよいのか、世の中は不思議。使いにくい物が高い値段で売ってると思えば、更新されて良くなるソフトウェアがタダで使えます。

高くて使いにくい物ってなんでしょう。思いつくのは、まず自動車。最近FRで車高の高い乗物を転がしているので、ドライブはイヤではなくなってきました。元々苦手なのが、まあいいかなあと思える程度ではあります。

テレビは、中身のソフトが悲惨なほどダメなのに、見るのに時間がかかります。真相を知るためにコマーシャルを跨ぎ、箇条書きで三行ぐらいの話に五分かけたり、俳優様のステキなこの後のドラマのお知らせがあり、あんな叫んでるだけのセリフ回しのテレビ映画なんて誰が観るのかはなはだ疑問であります。あの叫ぶ演技はいつからなのでしょうか。

織田裕二は叫んでます。佐藤浩市も叫んでそう。映画が衰退してテレビの時代になって、テレビが完全にテレビになって演出家が居なくなって、さてドラマを作ろうと思ったら叫ぶしかないという、演出の放棄だと思ってます。それがいつどの時点でこうなったのかというと、1996年あたりではないかと。他人のネタを使うことに、90年代前半は多少後ろめたさがあったと思うのですが、95年あたりから顔の皮膚組織が厚くなったようで。

『おたんこナース』のドラマ化を原作者が断ったら
吉田豪情報。

asahi.com(朝日新聞社):「脚本家名ない」作家協会が抗議 映画「アマルフィ」 – 映画 – 映画・音楽・芸能

あの組織の体質でしょうか。

自動車のデザインも昔からどこかの贋物が横行してますし。昨日みたAZ-1はもう作れないのかも。

おたんこナースのお仕事は、原案をもらってきて、立ち上げたことは評価すべきかもしれませんが、原作に断られたときの身の処し方としては、あんまり上手くはありませんね。

ナースの話を見てナースの話を作るよりも、ちょっと工夫すればまた違うものができたのに、当時のテレビマンはもう先にやることを決めてしまって、そこから原作に相談に行くのは変な話です。

マンガを読んでテレビドラマになるだろうと思うのは、今の時代当然なのでしょう。コンテもカットも筋も決ってますから、作るのは楽。それが面白くなるかはまた別のお話で、あれきっと、テレビの人たちはマンガの人を下に見てるのではないでしょうか。

原作に降られるという悪手は、きっとテレビの中のエライ人が「ドラマ化すると言えば原作はかならずなびくだろう」という思い込みがあったからで、そう思うのはテレビのほうがエライからという、曖昧な根拠です。たぶん中の人にとってテレビの偉さは明確なのでしょう。

テレビの偉さとは、そこに動いているお金の嵩で表現されますから、1995年あたりの景気が悪くなり始めた頃でも、金はあったわけです。

一方マンガの原作者もお金は在りますから、変なドラマ化を断るくらいの甲斐性がありまして、そこが、テレビの偉い人の想像の埒外にあった。最大の問題は、断られた後でも懲りずにドラマ化してしまった、そのテレビマンの熱意というか適当な感じが怖いですね。

ドラマをみていない私が22年経って、へんな話だなと覚えています。企業イメージも悪いし関わった人の印象もよくない。

同じコトが球団を持っているIT企業(楽天じゃないよ)による医療サイトのしくじりに良く似ています。お金があって傲慢になると、時代が変っても人間やることは一緒なのです。

たぶん今の若い子は22年後にこう思うのです。ああ、あの野球チームを持っている会社は、デジタル万引きのマネをしたぞと。

両社とも自力で物を作れないのに仕事として作っているフリをしなくてはならなくなったゆえの不始末。 出来ない物はできないと言えばいいし、出来ないところからはじめればいいのに、他人のなにかをかっぱらってきて出来るフリをしていては未来がありません。

たしかに高度経済成長のころの製品は海外製をマネして国内市場に投げれば儲かってましたから、あのころからマネだったのではありますが、いよいよマネが利かなくなったら楽しいとおもって新規にはじめればよいのに、まだどこかになにか落ちていないかと狙っているような人ならば、創造的な仕事ではなくてもっとその才能を生かしてサービス業に行くとか気持ちを切替えて頑張っていただきたいと願っております。

wordpressのテーマ交換作業が楽になる

wordpressのテンプレートを変更

見た目がより簡素に。いつもは英語版を入れてますが今回は日本語対応です。

Write WordPressテーマ | Themehaus

できの良いテーマは、使っている内にある日突然有料になることがあります。だからそのときはまた違うテーマに乗り換えますけどね。だいたい5000円くらいで、知らないうちに有料化するんです。気が付かないので払いようがなくて。連絡があればその時点で切替えますけど、べつに登録もしてないし気まぐれで数年後とに入れ替えているので、このテーマがこのまま無料であったらいいなと願いつつ。

なぜテーマを変えるのか

以前使っていたSimple Themesの「スケルトン」に、hentry中のupdateが無くて、あるものに切替えたかったから。マイクロフォーマットというwebの規格にあわせてクラス名を一部手動でいれました。

そのまま手動でupdateというタグをwordpressテーマの編集にて挟み込めば済むはずでした。しかし、phpのなかのタグを書き換えてみたけれど思うように書き換わらなくて、それならとテーマ自体を変えたのです。

wordpressの関数にかかっているspanタグで作ったclass指定ですから、1箇所書き換えればそのまま変るはずと思うでしょう?しかし、テーマをどう作っているのかによって、たとえばpage.phpというファイルと、index.phpというページのそれぞれに日付指定がついていて、どちらも直さないと直らないことがあります。

思うようにならないこと

共通ページを1つにするか、それともインデックス、カテゴリー一覧、投稿ページのテンプレートごとに日付を書いているのか、それは作った人の気分次第で、知らない外国のコードを書く人がどんなふうに決めているかは、結構膨大なファイルに目を通さないと見えてきません。だからテーマごと入れ替えた方が簡単に目的が果たせるのです。

テーマの変更が楽になった理由

以前は、テーマを切替えるごとにプラグインのコードを差し込み直す手間が増えたり、アクセス解析のコードを差し込みなおしたりと手間がかかりましたけれど、wordpressも4.7ともなると、根幹の部分と枝葉の部分が独立して単純に見た目の差し替えだけで作業が完了します。

wordpressのテーマを変更 2016年夏

定期更新

またwordpressのテーマ(デザイン)を変更しました。

前回のも割に気に入っていたのですが、自分でコードを追加して、モバイル対応にしていた改変テーマでした。テーマの自動更新でもあったのか、Googleに「モバイルフレンドリーではない」と警告を受けてしまいました。

前のテーマのうち、モバイル用に変更したコードと場所はなんとなく覚えています。

ふたたび同じように直すのは面倒で、テーマを入替えることにしました。

ふたつほど候補をテストで入れてみると、ひとつは、悪くないのだけれど文字が中央揃えになります。ホームページビルダーの時代ならともかく、2016のいま中央揃えはない。

結果シングルカラム

サイドバーはなく、フッターで画面下部にカレンダーとカテゴリを起きました。プルダウンなので操作が変ってしまいますが、とりいそぎこんな感じ。

気に入ったテーマを作るのも、たしかに出来るけれど、それはひとつの仕事にしたいくらい面倒なことです。どうしても使いたい外観があるならば仕方ありませんが、たいていは誰かが作ったテーマを使った方が早くて便利です。

有償のお金がかかるテーマもありますが、それだってせいぜい五千円しないくらい。昔使ってたテーマはいつのまにか有償化して使えなくなりました。

良いコードは手間がかかっています。お金を取りたくなるのも当然です。

カレンダーのプラグイン

wordpressのカレンダープラグインをテストしました。やたらと面倒くさい。

トップページに固定ページまたは常に表示するページを作りその中に横500ピクセルくらいの大判カレンダーを埋め込んで表示します。

自分のサイトでは使いませんけど、試しにさわったて何とかなりそうなのはイベントオーガナイザー。

WordPressのイベントカレンダープラグイン8個まとめ~個人的には「Event Organiser」がベスト

一方、下のオールインワンイベントカレンダーのほうはやたらと設定が多い上になんだかわけわからんで終了。使えるかもしれないけれど、深追いは厳禁。

[WordPress] カレンダープラグイン「All-in-One Event Calendar」がいいかも。 – Webworker's Clip

設定が多いと高度で便利なのかもしれないけれど、あんまり面倒なのは無理。初期設定でいちおう動いて、詳細設定で深く入れる構造ならともかく、最初から設定ウインドウを別けられて登録ウインドウが常に表示されるプラグインは好みではないので今回はイベントオーガナイザーのほうで。

オーガナイザーのほうは設定が簡単でした。ただ、結局カレンダーの枠のなかになにか書くときにカレンダー用の文字を別に書かねばなりません。想像していたのは記事を書いたら自動でカレンダーに要約が表示されることでした。そこは当てが外れた。

企業サイトのように専門の人員をひとり置いておけるサイトであるとか、会社の中で見るページならば有効かもしれません。

個人的には事務所のホワイトボードに書いとけば良いではないかと思うばかり。カレンダーにマジックで書いて写真にして置いとけば良いような。私のアタマの中はいつでも従業員が10人くらいのちいさな会社ベースで考えてしまいます。最初に大企業スタートの人とはやってることが違いすぎ。

人間もプログラムがのって動いていると思うときがあります。

先日のケルト音楽イベントにいこうで電話をとったときに聴いてたのが玉川カルテットの曲で、私の基本部分に三味線漫談が入ってます。ケルトイベントのオシャレ感に当てられます。
玉川カルテット「1994年のテレビ出演・持ち時間15分」 – YouTube
ギターかっこいい。福山雅治のとこのコンシェルジュとは違う意味でギターに興味があります。

人間は初期のプログラムが大切です。ケルト音楽の調べを聴いていても曲を弾いている人が髪につけている飾りが気になって「コロコロボロン」と「野獣死すべし(角川映画)」を思い出すばかり。あとチェルシーのCM。
明治チェルシーCM 80年代 – YouTube https://www.youtube.com/watch?v=_WVekcF33lY

そしてケルトがどこなのかわからない。イギリスの歴史にうといので、イギリスと言えばMI6とIRAとスコットランドヤードで、なぜIRAの人たちが揉めているのか宗派対立がどっちがどっちなのか分からない。浄土真宗と浄土宗は揉めないよ。

コロコロポロン OP 「オリンポスのポロン」 良い画質版! – YouTube
安心の山本正之

ワードプレスの有料テーマを無料へ

ワードプレスの見た目を変えました。

以前使っていたテーマが有料になりました。有料になる前にセットしたので使うことはできますが配布元がwordpressバージョンに合わせてコードを更新しても、有償化以降の更新のコードは手に入りません。

セキュリティとしてよろしくないので全く別の配布先から入手した、定期的に更新のある無料版におきかえました。

wordpressはデザインをつかさどる「テーマ」が完全に独立していますので、デザイン側が簡単に変更できます。wordpressを含めたCMSの長所です。

変更後のインデックスのページがタブレットやスマホに向けてちいさなフロートボックスで一覧がでてくるようになりました。以前は一覧のリスト文字。小さい画面を考慮した今のテーマは優れています。