アルミを切ってみたり

本日の仕事ぶりにご本人は満足のご様子。

コタツの敷布がほこりっぽくてそのまま仕舞えず放置。いよいよ洗濯。家庭用でギリギリ洗えるサイズ。前回洗ったのはいつだったか、覚えていないから10年ぐらいごまかして洗ってないかもしれない。すごく重くて、コインランドリーの大型機で洗ってみると、濡れているのになぜか軽く感じます。炎天下の中車の屋根に干して乾燥すると、どういうわけかホコリっぽい。もう1日乾燥の予定。

素材の購入。カメラを体にまとう装置の改修工作中。アルミの薄板を50センチほど切断しました。工作はたのしい。破壊衝動の代わりになるので、物を壊さずに済みます。マーリン用vestをexovestふうに改造中なので、切り出したアルミ板を並べて、なんとかならないかと現物で検討しております。

ちいさく畳んで分解を不要にする構造にするか、分解を前提に収納時有利になる形にするか判断しかねております。腰と肩の外骨格部分を鉄でちいさく作って畳めるようにするか、アルミで大きめに作って分解バラバラにできる構造にするかなやむところ。


さすがこういうところにexovest。フォーカスは日本人っぽいし現場のスタッフは国産多いけれど、カメラと振り付け(監督?)がどこかの人です。カメラの高速寄りからのふんわりブレーキってあのワザは、そう簡単に手に入らないわけで。

アームベストの肩部分について

Steadicam Fawcett Exo väst med arm socketblock

Steadicam Archer2 x Exovest運用事例 | steadicam

Exovest Replacement Shoulder Pad – Flysteadicam | International Steadicam Workshops

ベストの、肩のところがどうなっているのか人知れず悩んでおりました。ペーパークラフトで模型を作ってみると、理解できないのが肩の部品です。腰回りは簡単。た公式(上記リンク2番目)。Exovestの、首後ろのクッションの分厚さが想像以上。

胸前にクッションを入れるフライカム方式を取り入れるよりも、手持ちのマーリン用ベストに肩周りと首後ろのパーツを足して使いやすくしたら、Exovestとまでは行かなくても、それふうなものができあがらないだろうか。

昨日までの予定では、背中から肩まで鉄板を入れるか、角パイプ曲げを考えていました。首後ろのクッションを分厚くする考えは思いも寄らなかったのでまたゼロから考え直しです。

Flowcine.com (@flowcine) | Instagram photos and videos
謎の撮影機材オジサン。

ウエストベルト考

DIYはやりたいけれど縫い物をしたくないまま2日目。

腰ベルトの構造を検討。縫わずに済ませるには、市販のクッション入りベルトを流用するのが吉。ウインドサーフィン用の帆と体を繋ぐベルトも考えてました。先日ウインドサーファーに会って、そのとき素材の厚味やら聞こうとおもっていたのですが、目の前に面白い自転車が沢山あってそれどころではなく聞きそびれました。


マキタの工具用ベルト。私が半分作りかけのベストの腰パーツは、たぶんこれが正解。金具もついてます。

ほかには、米軍放出品のウエストベルト。いまはもうアリスパックは旧式で、いまはもうmolle システムの時代です。


自作のベストはもう半分できかけていますけれど、結果としはコレと同じかもしれません。こんなのマイケルビーンしか着ないぞ。

鉄にマジックテープを接着する人たち

ベスト設計中。腰の部分をまともに縫うとお裁縫距離2メートル。

縫い物を諦めて鉄と布と接着材に置換えると縫わずに済む。

今回は接着材かな。昨日の夜中までは壮大な縫い物計画をしていたのに、今日の夜ちょっとうたた寝をしたら縫う義理が無いことに気が付き今に至ります。てもちのカメラ機材を見るとインド人もUSAの人も、なんのためらいもなく鉄にマジックテープを接着するんです。

腰のサポートクッションも、当初小袋を作って中にウレタンを収める予定でしたが、ゴムを接着材で積層にしてアルミに接着してお終いでよろしいのでは。どうしても外側を布にするなら、布も接着に。クッションの外側に布を巻くなら、靴下とかちいさなキンチャク袋かなにかで。黒ければだいたい解決。

サポートクッションと腰ベルトの接続方法は当初ネジのつもりでしたが、もし私がアメリカの田舎町に住んでる不器用なだれかなら、たぶんハリガネで縛ると思うのでネジ以外の方法も模索中。

腰ベルトは二センチ幅の建築金物を使います。外側は面倒臭いのでビニールホースかドロップハンドルのバーテープでも巻きます。クッションはポケットティッシュ3袋分ぐらいの物体を想像して下さい、そしてそのティッシュの固まりを鉄の腰ベルトに結びつけるのです。

ネジをつかうと、台座の板が必要となり、折角鉄で強度を上げたベルトに穴が必要になります。いま、卓上ドリルの上に段ボールの箱が乗っているので、できればドリルを使いたくないので、どうしましょう。

やっぱり鉄の板に接着材で布を貼って、ゴムホースに差し込んで、クッションを紐で縛るが単純でいいかもしれない。紐は靴紐。クッションは焦げ落しがついたキッチンスポンジを縛り付ければ機能は充分かもしれません。ちょっと雑ですね。

カメラ用ベストの改良と肩の部品について

ベストの肩に当たる部品

ベストは前にY字の金具が付いて背面に金具ナシなのですが、今回わたくしの都合で背面にもY字の金物を取付けます。前後のY字を肩の部分で繋ぐ部品を作り始めました。肩の部品をダンボールで仮に作り、ためしに二時間ほどベストを着用したまま過ごします。

想像していたとおり、肩のダンボールは立体にしたときに力がうまくかかるように作ると体に馴染みます。多少動いたり、実際にカメラ、スレッド、サポートアームの負荷をかけたとき、背面のY字と肩の前後連結パーツを繋ぐ部分に大きな負荷がかかることがわかりました。ダンボールがそこだけぐしゃっとシワになります。

作ろうとしているのは、アンドロウルフで言うところの肩のとんがりです。マサルさんの金のパーツ。

あんなに縦に尖りませんけど。

仮縫い

アルミを切ってみようかなと材料を用意したけれど、なんとなく気が進みません。堅いアルミで作ると、運搬するときに邪魔です。ネジを使って分割するのは、手間です。アルミではないほかの材質を考えますと、ゴムが思いつきます。実際ダンボールで作って着用してみると、肩の部分は肩の丸みで保持されますので、アルミ必須でもなさそうです。ハードシェルを作るために、堅い材質を使うのは当然ですがゴムと肩の保持と張りで似た構造を作れるならばそれはそれ。ゴムにすることで分解せずにそのまま運べますし、首の近くなのでゴムのほうが安心感があります。おそらく、アルミで作ると弱い部分から破断しますから、触れると怪我するであろう破断面が怖い。ゴムも壊れるときは裂けてしまいますが、ゴムの破断面は怖くありません。五ミリ厚程度のゴムシートを買ってきて作ることにします。

腹巻き

腹巻きは、どうもステディカムパイロット、マーリン、いまはSOLO用のベストは正直腰周りの構造が貧弱で、どういうわけか樹脂の板とボルト頭が腹のほうを向いています。ベルクロとマジックテープで対応範囲は広く便利ですが、腹巻きは前部分にしかクッションがありません。あんまり納得出来ない構造なので、イギリスのアマゾンなんて前のパーツが逆についたままの商品写真を上げているくらいです。

本式のムービー撮影用の上位は完全に腹巻きが胴回り1周分あり、そのうえにカーボン、樹脂の外側シェルがついています。

Modding the EFP Vest – Vests – The Steadicam Forum

[FS: GEAR] Steadicam Ultra Vest
本式用のベストは前の部分にクッションが入り、肩の部品もsolo用は布ですがウルトラ用のは樹脂です。

もしかすると、肩周りを樹脂に置換えた方が早かったのかもしれない。ABSの5ミリ厚ぐらいの非常に融通の利かない板なので、たとえばウルトラのベストを手に入れたとしてあの形のまま運ぶことになり大変です。

夜に、ダンボールで腹巻きを作って体に合わせてみました。腹回り1周分をなんの変哲もない筒状に作り、中のウレタンの肉厚を変えて立体として体に合わせると、いまより使いやすくなるはずです。現状ダンボールは10センチ高なので、これを半分にしましょうか。理想は、十センチのなんでもない筒状の外側に鉄またはアルミの幅広板をつけること。

できればマジックテープは廃止。強度と可搬性を考えて、もうちょっと納得出来たら作ります。