水戸藩士IS説

ある意味水戸藩士

孫引きなんですけど、現在リードSPコミック風雲児たち幕末編で水戸藩士がでてきて、IS扱いなんだそうです。言われてみると原理主義の一番向こう側になんのためらいもなく突き進んでいることろが同じかもしれません。ISのムスリムの主義も、都合の良い解釈を含めて煮詰めすぎです。水戸藩の尊皇、勤王思想も根拠があってどうこうではなくて、こうだからこうだという点に置いては一緒。

どこでどうしてこうなった。理由はどこから来てるのでしょう。単純な暴力だとおもうんですけど。
元ロッテ小宮山悟が語る「理不尽練習」の意味 | スポーツ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
で、コノヒトが習った精神野球なるものは、元を辿ると常澄(現水戸市)にたどり着きます。

飛田穂洲(とびた・すいしゅう)譲りの精神野球で選手たちを指導し、伝説の「早慶6連戦」を制した男。石井監督の指導を受けた

常中の公園のとこに銅像あった。戦前はプロ野球はなく大学野球しかありません。

内憂外患

水戸学 Mitogaku (茨城大学)
欧米ロシアが入り込んできたときに、水戸藩士は水戸学を土台に攘夷を唱えました。おそらくISの最初のころは、善意の愛国主義ではじめたのだと想像出来ます。アルカイダも似たようなものでしょう。

水戸の武家が幕末主義主張が強すぎて、水戸藩内で内部抗争の末自滅しました。当時のやり方ですと、家族丸ごといなくなりますから、政治に向いた子もおらず幕末に活躍する人物もでてこず、明治期に中央政府に政治家を輩出できなかったように、ISもきっとこの先政治に入り込んだりできずに消えてしまうのです。

水戸藩士は消えましたが、水戸藩士の気概をもった人はまだいて、融通の利かない石頭具合はなかなかのものです。私が水戸生まれであるから、そう思うのかもしれません。

あれじゃあ弾が当たらない

モスル奪還後のイラク情勢|特集まとめ|日テレNEWS24
モスルが落されて、でてきた廃兵をみていると、制空権がないってどうしようもないですね。

いつ見てもIS兵士の射撃が雑。それに引き替えイラク軍はブルパップ小銃。銃の形が、弾倉が把手の手前になり、構えると必ず肩で支えねばならず、なんにも考えないでばらばら撃つIS兵士にくらべると格段に当たるでしょう。そもそもIS兵士に組織戦であるとか、防御戦を作るなんてことはできないでしょう。

ISの訓練は 前近代的で、精神戦闘術のようなもの。おそらく距離を開けて同じ数でイラク軍と撃ち合えば、IS側はろくに当たらないでしょう。それに引き替えイラク正規軍は組織的にうごきます。最後にISが市街戦で立てこもるしかなくなったのは、砂漠なり荒野で展開していたIS軍の防御戦が削られて退却させられたからで、下がった理由はどうかんがえても射撃が下手だからです。槍で名をなした笠間藩が”新”政府軍の小銃に倒されたみたいに、きっとコテンパンですよ。

Modern Firearms – Khaybar KH2002
イラク軍のオリジナルブルパップ小銃。FA-MAS風のバイポッドつき。銃身を交換することで接近戦用のSMGの代用、分隊支援火器のような使い方もできます。弾倉はNATO準拠。

御三家なのに幕府に反対する水戸

資料を当たり直すのが面倒くさいので、メモ的に書きます。

いわき平に、新政府軍が上陸したときに攻めなかったと言う話が残っています。私たちは新政府軍が上陸して会津の城が落ちたことを知っています。だからいわき平で敵をたたいておけば、会津がもうちょっとがんばれたかもしれない、どうして上陸という、新政府軍がいちばん弱い局面で攻めこまなかったのか疑問でした。

「坂下門外の変」について書いてある本を読みますると、水戸浪士6名による「平」の殿様襲撃事件というものに行き当たりました。

桜田門外の変で、水戸浪士十三名が切り込んで、上手い具合に井伊直弼を倒しました。慌ててたので首を取り違えたけれど、目的遂行できてやったねと。

直弼の役職をだれかが次がねばなりません。それが「平」の殿様。それで、水戸浪士はまた切りに行きました。さすがに向こうも二度目ですから、警備を厚くしていたのに、殿様は背中を切られます。武士として恥ずかしい怪我でしたから、役も降りるしいいことナシ。

そこで、だれかが思ったのでしょう。新政府軍を攻撃しないで上陸させてやろうと。

ではなぜ、新政府軍に味方したのか。

井伊直弼の跡を継いで、水戸浪士に切られてしまうくらいに平だけは新政府よりだったのかもしれない。

水戸の立ち位置がわけわからないのは、御三家だから。御三家なら幕府よりだとおもうでしょうけれど、水戸はそれまでの幕府があんまり好きじゃなくて、江戸幕府に刃向かってまして、開国を進める幕府に対して攘夷を唱えます。

奥羽越列藩同盟は攘夷の人たちです。でも平は開国派ならば、新政府軍を観て見ぬふりをするかもしれません。真実はわからない。見当違いの説かもしれませんけど、眠きのを我慢して残して置きます。

銃剣乱舞

銃剣道を発展させるためには

スポーツマンガを見てスポーツを始める人が多いので、銃剣道もマンガに。どの雑誌で連載するべきか。ここは影響力の大きい少年ジャンプですね。

「週刊少年ジャンプ」が200万部割れ目前 主要漫画雑誌の公表部数データをまとめてみた – ねとらぼ

思ったほどではないぞ。ジャンプだめならサンデー。全国大会を目指す双子の銃剣道兄弟が主人公。

銃剣道マンガの発展しない理由は個人競技だから。チームワークと関係ないのでマンガにするウマミが薄くて困ります。

単純に金の問題もあって、たとえばゴルフマンガはスポンサーが付きやすいので原作付きのマンガが多い。しかし、銃剣道業界の市場規模がちいさすぎて、スポンサーも居ないため原作付きは無理。下手するとマンガにもならない。「まんがタイム」みたいな短編とか、または4コマでなんとかなりませんか。

スポンサー問題

マンガにするには防具の面をかくのが面倒だし。どっちか分らないし。バンドならギター、バイクならバイクメーカー。銃剣道にもスポンサーが欲しい。

べつに全国大会を目指さなくても、放課後「銃剣道タイム」でいかがでしょう。ひとりだけ左利きの銃剣を使うロングの黒髪の子がいます。部室でケーキを食べます。

あとは広告代理店を使って「銃剣道女子」の捏造。担当者が自刃するの。銃剣だけに。銃剣を擬人化して、たぶんヨーロッパ系の金髪碧眼の美少年を沢山用意したゲームを作る。「銃剣乱舞」ですね。

軍用のサーベルも初期の頃は日本刀を作り替えて持っていて、中国大陸でハリガネ切ったりひどい使い方をされてて、後半軍人の数が増えて、専用のサーベルを量産したようです。よく中田商店に、根本から折った銃剣の合法品といってもぼぼ柄だけのがころがっていました。

タイトルをどうするか

「カムイの銃剣」とか、「モデナの銃剣」とか。「燃えよ銃剣」か。

「銃剣しんぼ」(無理あり)というマンガにして、地方で試し切りのうまくいかない人にであって「明日同じ時間にここにきてください。そのとき本物の銃剣をお見せしますよ」っていう東西新聞社の黒服記者の話。父親がもっとすごい銃剣を持ってる設定。

銃剣乱舞は問題があって、「じゅうらぶ」になってしまうので、銃が大好き女子になる危険性アリ。男子向けに「じゅうLOVEる」の連載決定ですね。

銃規制緩和

あれだけ散々銃規制でライフルなんて国内出所持できなくなって鹿が増えてるくらいなのに、いまさら銃剣道ってのもおかしな話です。

水泳インストラクターに片思い! 銃乱射で多くの人々を巻き添えに | 日刊大衆

日本銃剣道協会を作って(ありそう)ことある事に、「被害者が銃剣道を習っていれば助かった」と言い張る運動をしていきたい。

そうですね、ブランド銃剣で市場を喚起したい。

たぶん絶対役に立たないから武道として許可したつもりなんですよ。まさか先端にあんなものを仕込むなんてって事件が起きるけど、それはそれ。

彼女たちの志

数日前から消化不良。運動不足なのに食事の量が増え、されど運動せず贅肉を増やしております。

口内炎の予兆を感じ、これはイカンと食事を減らせば大人。しかし食欲には勝てず、また食べ過ぎております。いまは日本茶を飲んで、早く寝ようと思いつつ、寝る前に読書をしたくもあり、惰性で起きてます。

労働問題とプラズマ理論

クロネコヤマトが、直近のサービス残業代を払うとニュースになりました。サービス残業分を払わないと人が居なくなるほど不人気な商売に見えてしまいます。払うから良い企業と思うか、払ってなかったことを材料に信用しないか、どう思うかはその人次第。今年の就職活動中の学生にどう思われるかは「自己責任」ということで。

統計をとった訳ではありませんが、人が減れば不人気業界から人が逃げ、質は落ちる一方です。「人財」みたいな言葉遊びをしていた会社は、その後お元気でしょうか。

マルクスプラズマ説

労働者による革命なのてしょうか。革命と言えばマルクス主義、何十年といまひとつ分らないままです。大槻教授がUFO現象をすべてプラズマで解決したがるのに似ています。なんでもマルクス主義の言葉で世の中を説明したがることと、なんでもプラズマだって言うのは似てませんか。

あのころ共産主義革命を目指していたオジサマ方は、いま、労働組合とは関係ないところで労使の問題が労働者側が有利に動いていることをどう見るのでしょう。こんなのは革命じゃないと思うのか、はたまたこれぞ革命だと思うのか。

戦前からの伝統が気に入らないから、それを崩すために輸入物の思想を持ち込んだ、戦前は非合法で、戦後合法になったのが共産主義です。その主義が、学生運動のころに謎の転換があって、マルクスなり共産主義の看板を掲げたままなぜか武装闘争と内ゲバとなり、最後は連合赤軍の、なんだかよくわかならいものができあがります。

連合赤軍と、広告会社を訴えている娘の親は別の人世界の人に見えます。今からみると山荘に立てこもった人のほうが日本軍のような精神論で突き進む組織で、革命ではなくできの悪い保守だったのかもしれません。オームもブラック企業も同じ性質を持ちます。

ジャンヌダルクは革命家だったのか

広告会社の娘は、激務に追い込まれて自決しました。現代版樺美智子さんは事故で、まあでも、限界が来たら家にいればいいのに。両名とも自分のやってることに酔ったのか、引き返す気もなかったんだろうなあ、討ち死にですから。

はたして現代、新規に就職活動をしている学生諸氏から見て彼女たちの志に気持ちを揺さぶれられることはあるのでしょうか。休みの日数が年間90日、隔週土曜日の出勤はイヤだなと思う我々(私も入れて)は、デモもデンツーも行かずに言えでごろごろしてればいいと思うのではないでしょうか。ちなみに私は家でごろごろします。

社会において彼女たちはきっと主演だったのです。私は主演女優ではありませんし、引き立てる男優にもなれそうにありません。村人3のダブルキャストの片方くらいの立場でしょう。だから、お芝居が悲劇になっても喜劇になっても村人3ですからあんまり関係ないと思うのです。主役は大変だなってちょっとだけ同情するかもしれないけど。

日本史上最大の反政府運動 樺美智子をジャンヌ・ダルクにした「60年安保」 | デイリー新潮

あさま山荘事件の立てこもり犯が真相を告白へ BS朝日で9日放送 – ライブドアニュース

アサヒ芸能「スクープ大事件史」Vol.7(5)連合赤軍の山岳ベースは“リンチ地獄”と化していた | アサ芸プラス

中核VS革マル

徴兵制は不合格になりたい

戦争が始まったらどうやって徴兵逃れをしようかと悩んでる時期がありました。

もうおじさんなので、徴兵されそうにない。もしくはギャロップを駆ってランバラルみたいに勝手に参戦するかもしれない。

徴兵検査に受かる気がしません。なんとなく大杉栄と同じ箱に入れられそうな予感しかない。

とうぶん入る予定はないけれど、獄中記がおもしろい。

大杉栄 獄中記

花輪和一 刑務所の中

冲方丁のこち留
沖方はの「サイコパス」のシナリオの人。
拘置されて以来、宗主替えしたらしいけれど「サイコパス」のときはまだ検察警察を善人として描かれていて、悪いヤツは悪い顔をして、斜に構えた脇役があざとくて、「それじゃドラマにならんだろう」と。

平成のドラマはだいたいそんなふう。昭和ですともっと上のほうに悪者が居る設定になります。