那珂湊焼きそば

疲れが溜まっているのか、どうしてもニンニクが食べたかった。スーパーに買い出しにいく。ときどきニンニクを買って吊しておくと、いつのまにかスカスカの空っぽになること二度。なにかに食べられているのか。今回はあまったら即冷蔵庫。

那珂湊焼きそばを見つけたので作ってみました。面の太さに規格を決めたらしく、まるちゃんのより太め。粉は、マルちゃんより那珂湊のほうがおいしいかも。あちらは三食で那珂湊は二食分ですが、満足度でいうと那珂湊やきそばの勝利。

那珂湊焼きそば大学院

野菜スープを作って飲んで寝て起きたら夕方。そんな週末。とくに何か達成感もなく、考え事をしていると終わる日々。

ラーメン味濃いめで

夜、発作的にラーメンが食べたくなってラーメン屋に行った。国道は空いてた。前を走る銀色の軽自動車がウインカーなしで右車線に斜めに進み、後続の白い普通乗用車にぶつかりそうになって慌ててステアリングを左に戻した。

ちいさな液晶画面に気を取られたか、居眠りか。確かめるには追い越さねばならぬが危険だから間に2台挟んで車間距離をとってゆっくり走る。2キロ走っていまだ安定しない運転の銀色軽自動車は私の前を走っているが、ラーメン屋に着いてしまったから後は知らない。

駐車場は混んでて、一番奥に駐め多。入口のドアは今日の夕立で濡れたからなのだろう、ドアのヒンジの下に泥が溜まって開閉する度にギーギーと鳴る。店員は午後チームから最終の締めチームと交代。いつもおいしい熱々で味の濃いラーメンを作ってくれる店長はおらず、パートの主婦が仕切っているのでスープが優しい味だった。

もっと濃い味がほしかった。

しばらくすると私の左にひとり。もうしばらくするとさらに左に今度は女が座った。一緒似入って来た男二人組のツレかと思ったが、一人ラーメンらしい。男前の人。

「キムチトッピングで味濃いめで」と手慣れた手順で食べたいものを伝えた

味濃いめで

10年くらい、ときどき通っているお店だが、そのオーダーの仕方ははじめて聞いたぞ。そんなこと頼んでいいのか。

ひとついいことを聞いた。次回また主婦チームが仕切りのときは味濃いめを頼んでみよう。おそらくニンニクと唐辛子のエキスのなにかが体から抜けてしまい、またらーめんがどうしても食べたくなるまでに半年から三ヶ月はかかるだろう。

次は夏か。

勝田橋封鎖 2016/12/23

勝田橋の封鎖に出くわす。遠目に白い乗用車が那珂川の上で左側面が全部見えた。

遠目に車種は分らないが、いまネットで動画をみたらランエボかなにか背中に羽の生えた早そうな車でした。橋の段差で跳ねてスピンしたか。夕方の橋の上は常に渋滞ですから、無茶の仕様がないのですが、余計なことをする人は、想像を超えるなにかをしてきます。

橋の狭さ、構造の欠陥を指摘する向きもありますが、どうかんがえてもドライバーに起因するミスです。後部荷物室の蓋の上取付ける羽根の角度を研究している暇があるなら、はやく自動運転なり補助ブレーキを付けていただきたい。

ひたちなかdeサイクリング2016

海向きの鳥居
海向きの鳥居

気温が変るので着脱ぎできるようにいろいろ服を積んで出発。簡易チェックを受けてバナナをいただいて早めのスタート。阿字ヶ浦のところは車道に砂が飛んで積もっているのですが、スタッフが砂をのけてくれたので快適に走れました。

刺身チェックポイント。割り当てがすくなくて悲しい。昼のお刺身美味しゆうございました。

那珂湊で焼きそばとコロッケ。コロッケは下味がしっかりしててソース不要。焼きそばも濃いめ。たこぶつ二きれ美味しゆうございました。

コースは勝手知ったる地元のため迷わず進めましたが、日立建機の先で歩道に入らなくて困ってる人がいくらかいらっしゃいました。この部分は高速乗り口がある都合、車の走行速度が速く、かといって歩道に戻ろうとすると車歩道分離が鉄柵のため戻れません。

那珂湊駅前からつり公園へのルートは土地勘があると遠回りに感じるため、コース通り進まずにショートカットするたぶん地元民あり。面倒だからと飛ばした「つり公園」でしたが、地味に通過チェックをしていました。

私はかるい風邪気味で腰が痛くて体調が万全ではありませんでしたけれど、早い自転車に乗っていたので40キロは苦にならず。来年の刺身の割り当て次第ですが、また参加しようと思います。

壇蜜と戦車と

壇蜜サンが昭和女子時代に和歌と俳句の手ほどきを受けていた。
壇蜜オフィシャルブログ「黒髪の白拍子。」Powered by Ameba
「終わったらすぐ帰って…」という壇蜜に久米宏は?!|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~

フルーツ白書
たぶんこの枠。

大洗あんこう祭 | 観光いばらき(茨城県の観光情報ポータルサイト)
戦車が来るかどうか知らないけれど、水島監督はいらっしゃる。

Panssarivaunuihin hurahtanut japanilaisturisti tarttui Suomen kansallissoittimeen – näin raikaa Säkkijärven polkka Parolassa – Kotimaa – Ilta-Sanomat

TANK SHELTER TO ARMOUR MUSEUM
フィンランドが鹵獲下戦車が痛むので屋根を付けるクラウドファンディングがある。

BT-42, an improvised Finnish Assault Gun/SPG | For the Record
背が高くてバランス悪いってさ。こういうの英語はだいたい読める。

大人気海外ドラマの英語はぜんぜん分らない。

同じ言葉なのにね。