相撲と暴力

相撲協会の対応が悪いと思う。診断書の診断結果が軽微である、だから事態を収めましょうという態度が如実に出ており、中継権を持っている某放送局もその流れに沿って報道している。また横綱も「ビール瓶では殴ってないよ」とカメラの前で答えていますが。

いちばんやっては行けない反応だと思いませんか?

殴ったけれど、たいしたことじゃないとしたい相撲協会は、はるまふじ悪くないぜ!キャンペーンを張っていますけれど、事態は刑事事件になっています。はたして警察がこのまま見逃すかどうか。警察と相撲協会は仲良しであったとしても、暴行事件ですからこのまま貴乃花側が矛を収めるとは思えません。

CTの診断結果で頭蓋骨のひびが癒着したことを指摘してました。昔病院で頭蓋骨のレントゲン写真をとったとき、ヒビが入った写真が病室の奥に貼ってありました。それが私のものなのか、はたまた別人のものなのか当時小学生だった私は怖くて聞けません。

ロープから落ちるついでにボルトの頭を後頭部にぶつけたことがあり、あのときの事故頭蓋骨にヒビが入って、それで私の頭蓋骨にヒビが入ったと思うといろいろ腑に落ちます。

皿洗い

朝ご飯を普通にいただくと、一日のカロリー計算がおかしくなります。総カロリー数から適切な食事がどの程度なのか知りたくなりましたが、寒くなったので計算はせずに食べたいものを食べることにします。

欲望はコントロールできません。体重を調整する理由もありまんせが体重を軽くする楽になるのは分っております、されど、根が運動ぎらい。だから動かないとなると、本当に動かなくなります。

そんなときのために、ステキな折り畳み自転車を用意、いまのところ出番なし。

食と運動、たとえばサイクリングで蕎麦屋めぐりのような大人の趣味に縁が無くて。わりと、そういうみんなで楽しそうなイベントも無意識に避けておりました。先日友人と蕎麦屋に参りました。お店の人と顔知りだったので、混雑してたこともありご飯をいただく前に皿洗いをはじめてしまい、どうもきれいにお客さんとして座っているよりも、こういうときは体を動かしている方が好きみたいです。素直じゃない。

飲食経験者はご存じかと思います、入り口にお客さんが待って居て、テーブルの皿を下げれば人が座れるとみると、とても落ち着かないものなのです。皿を洗いながら調子に乗ってガラス越しにいらっしゃいませとか挨拶してましたけど、こういうごっこには割と乗るんです。そして調子に乗ってときどき痛い目にあうのですが、成人式も二度やったぐらいから、ようやく調子に乗り加減が出来るようになりました。

運動に関してはぜんぜん調子が出なくて以前はあった「運動したいな」の感覚をどこかに落してしまったみたいです。

私が運動する理由の半分は「誰とも顔を合わせたくない」でした。それもどうかとおもうけど。

だからチームスポーツは無理で、スキーとか海で泳ぐとか。自転車も煎じ詰めれば走行中にだれとも話しませんので自分の内にこもれるのでたしなんでおりました。いまはなんだか気分が乗らず、もしかするとチームスポーツをしなさいというお釈迦様のお告げなのでしょうか。ぜんぜんその気がないけど。

プール日より

水戸市 プールと入力して検索。でてくるのは屋内プールばかり。この暑い季節にわざわざ屋内は行く気にならず。青柳の市民プールがあったころは気まぐれにぷいと出かけられたのに。老朽化と国道工事の影響なのか、市民プールはなくなって、あと捜すとでてくるのは全部屋内。

どうせ屋内なら大洗のゆっくら館の温泉付きがあるなあと思うけれど、大洗まで行って屋内プールってのも。かといってウエットスーツを処分した今、八月二十三日にもなって海に入るのも気が引けて、結局逡巡している間に時間は過ぎてどこにも出かけられずに終わりました。

ひたちなか市 枝川プール
剣道の防具やさんの裏手に一箇所。水戸市民なので、隣の市は案外知らないのです。

笠松運動公園
屋内。スケート場の横の。飛び込み用のがあります。絶対やらない。

初心に返る

朝、上半身のストレッチをしました。とあるストレッチの教科書を読んで自己流にアレンジしておりました。今朝は時間があったので、テーブルの上に半年放置した教科書をふたたび紐解き基本通りに肩をほぐしますと、いままで存在すら知らなかった背中や脇の筋がどんどん延びてゆきます。

腕をひねり、腰と背の筋肉を緩め、肩胛骨のコリをほぐしてゆきますと、これまで伸びなかった方向に体が動き、伸びきった刹那、これまで違和感をちょっとだけ感じていた右膝が軽くなりました。

ヘソから上の簡単な体操だけで膝が良くなりました。上半身の位置関係が狂って不調だったのかもしれません。

蛋白質の過剰摂取は毒

体調不良の原因は蛋白質でした。

繰返しになってしまいますが、今月不調の原因を時系列で挙げておきます。

  • 遊んだり働いたり休日無し
  • 昼間過ごす環境の変化
  • 生活リズムの堅気化
  • 睡眠時間の延長
  • 偏食高タンパクな食事
  • 風邪

風邪を引いて食欲がなくなった頃、たまたまもらった「体をつくる栄養ドリンク」を、なんの気無しに昼に飲んでおりしましたところ3日目になんだか調子が悪くなってまいりました。

結論。運動しないのに蛋白質を取りすぎると内臓負担が高くなり健康が破綻します。

ほんと寒くて運動しないし暖房もろくにない環境ですごしたので消化できない、体を温めるエネルギーが足りない悪循環に陥りました。風邪で気力もなくて修正できず。

ご先祖はどうやっても農民出身でわたくしも「でんぷん」で稼働します。いまは食事の量を減らして、腹に何も入っていない時間をもうけてます。

睡眠時間を減らして、生活環境が変る以前同様「糖質」生活に戻しましたところ、復調してきました。