アルツ磐梯と猫魔スキー場はなぜ繋がっていないのか

正面のレストハウスから見て左手、実際には北に「猫魔ボール」と呼ぶすり鉢状のスキーコース群があります。手前から猫魔ボールⅠ猫魔ボールⅡ猫魔ボールⅢ。一番北側のⅢまでいくと、猫魔スキー場まで地図上でもう300メートル。

【公式】星野リゾート アルツ磐梯
【公式】星野リゾート 裏磐梯猫魔スキー場
どちらも電動っぽいジンバルの動き。前のスノーボードを後ろからスキーで追いかけたと考えられます。
DJI RONIN-M 小型軽量3軸ハンドヘルドジンバル RONMJP
スノーボードで電動ジンバルを持って滑るとたぶんバランスが取れない。スキーでしょう。動画はフラッシュに取り込まれてるので判別は難しいですが、画角からふつうのビデオカメラか一眼。一眼もオリンパスの防水のでないと辛い。あれは五軸制御が付いているのでジンバル無しの簡単なリグだけでとれるかも。

アルツの上の方は相変わらず高速道路みたいなコースで、アルペンスノーボーダーが我が物顔でかっ飛ばしてるので初心者は気をつけましょう。おそろしく寒い日にアルツの奥の猫魔ボールに入ると、コースがカチカチでアルペンボードもふつうのスノーボードもエッジが効かなくなります。コースはともかく、リフト前の短い坂がときどき凍っています。

アルツ猫魔の連結は、2009年から話がでてました。
地図をみると猫魔ボールⅢから猫魔の最南部がすぐそば。

いつの間にかアルツ磐梯と猫魔スキー場を手に入れた星野リゾートも、当然繋ぐつもりでこの2つを買ったはず。

当時私も連結に喜んで記事を書いてました。
「アルツ磐梯」と「猫魔スキー場」が連結
なんと繋がっていない。

なぜ繋がっていないのでしょう。以下、地元情報。
価格.com – 『アルツ、猫魔連結は…』 福島 アルツ磐梯 のクチコミ掲示板
言われてみればあそこは国有林で、そう簡単に木は切らせませんね。長野オリンピックのときにアルペンの上部コースが国有地に掛かりましたけれど、そのときは「ジャンプするから通過可能」という詭弁ですり抜けました。さすがに200メートルから300メートルもあると飛べません。民間企業の営利目的ならなおさらです。最低でもロープリフトくらいは付けないと進めません。そうなるとなおさら開発は無理。

繋がると地域最大のコースになるのですが残念。

裏磐梯レイクリゾート(2015年10月オープン)(旧:裏磐梯猫魔ホテル)

Lake side inn Beehive(びーはいぶ)

バックカントリースキー あらため越冬訓練

スキーに来た外国人観光客が、野沢と裏磐梯の2箇所で遭難。

長野・スキー場遭難:外国人客6人救助 福島でも無事下山 – 毎日新聞
まずは野沢スキー場での遭難。フィンランド人だらか寒さに強いはずだから平気でしょう?折りたたみスコップを背負っているので、雪洞を掘れます。覚悟の上での遭難とはいえ異国の雪山で一晩過ごすのはなかなか辛そうです。

外国人客6人無事救助 福島・猫魔スキー場|日テレNEWS24
裏磐梯猫魔スキー場は南半球の今は夏真っ盛りのオーストラリアから来たスキーヤー。迷ってその場に留まり、GPSの位置データを捜索隊に送ってます。

スマートフォンを使うと救助も楽になりますが、最後は人力で助けに行かねばならないのでやっぱり命がけです。そろそろドローンで地図を送るとか道案内をするとか、斥候として様子を確認するのは無人機を使うことを進言します。まず無人機で確認して、現場をみて遭難者が動けないと分かったら捜索隊なり県警のヘリが助けに行く手順はいかがでしょう。ちなみに山で遭難すると、ヘリコプターが1時間百万円です。身近にいる山好きの談。

オージーは山小屋にいたツアー客。ツアーでも平気で柵を越えるのですね。猫魔の谷に降りる勇気は、称えるべきか蛮勇か。

これがツアーでしたから、帰ってこなければだれかが探してくれます。個人客で宿を取っていなかったらどうなったか。通信機器を持っていなければ春までお休みになります。雪崩に巻き込まれてふきのとうと一緒に雪の下からコンニチハってのは良くあることです。

外国人スキー観光客 相次いで遭難!計画書提出せずにバックヤード : J-CASTテレビウォッチ

【今日の野沢温泉スキー場】長野県北信州 野沢温泉スキー場
フィンランド人

【公式】星野リゾート 裏磐梯猫魔スキー場
オーストラリア人

カメラはオモチャ

肉体が疲れたときに頭が冴えるときがあります。スキーの帰り道の本屋は楽しみでした。なるべく古本屋がよろしい。銀世界から帰ってきて地上に降りてみる背表紙は、ふだんよりありがたいものにみえます。

いまおもえば、よくもまあ、あんなオンボロ軽自動車で200キロを往復したものです。夜が白み始める前に自宅を抜け出して走り慣れた経路を通り、福島の雄大な自然を眺め、雪山を這い上がり板を身につけたら昼食までずっと滑りっぱなしでした。

あの快楽はほかに変えようもなく、またそのうち復活するかもしれませんが、今のところスキー場に行く面倒が先に立ちます。いまならもうちょっと長くて重い板がいいなあとは思いますが、あの10年の間にノリ比べて結局短いツインチップに落ち着いたことを思うと、経験則から導かれる結論には従うべき。

いまはカメラのレンズがそんな感じで、レンズ沼といっても水たまりみたいな浅いところをバシャバシャしているだけですが、30-80ミリくらいの、APS機換算で照準から3倍程度のズーム域の汎用レンズがいまは気に入って使っています。撮影をしないときはより広角が必要だと考えていましたが、実際に使って見ると私の切り取りたい世界は狭いのです。

ようやく手に馴染んだカメラは、いま道具として使い始めたばかりです。
いままではなんだったの?
うーん、オモチャ。物を作る道具というより、弄り回して面白いものは、オモチャ。

ウォータースプラッシュ

スキーでプールを作って、斜面をくだって勢いのまま水面を走るアレのことを、ウォータースプラッシュといいます。

やりたいなーと前々から思ってました。たんばらスキーパークに設置されています。
【GW中開催!】今年もやります!Water Splash! | ファミリー・子供にやさしい群馬の日帰りスキー場【たんばらスキーパーク】

北関東自動車道を使うと水戸から3時間。一般道でも5時間くらいでつくみたい。

以前欧州のどこかの動画をみたら、レギュレーションが雑で、スキー用のスキーではなくて水上スキー用の板でむりやり雪面をはしってました。水をむしろ主とする作戦。


2015年だから今年版。

ツインチップのエクストリーム用が多いです。スノーボードよりスキーのほうが成功率が高い。時速でいうと40キロ以上ださないと、失速する模様。高速で突入することと、プールが深いことからわりあい後ろに体重をかけた姿勢で入るのがよろしいらしい。

▶ Splash Party 2015 discesa Sci_Snowboard – YouTube
上記と同じ撮影場所です。フライカムの大型モデルを使ってスキーヤーと併走して面白い映像を撮ってくれてます。

スキーは飽きるかもしれない

2000年台前半はスキー場通いを続けていました。たぶん5~6年ほど通い詰めて、最後のほうは飽きてしまったのが正直な感想です。そりゃ独りで延々と滑り続けていれば飽きます。

スキー場への行き帰りの間は俗世から離れる感じが楽しかった。滑ることも面白かったですね。技術を積み上げていくと上達することが楽しみでした。

スキーに凝ったのはたまたまです。コースに出るくらいゴルフに凝っていたらゴルフを。職場の同僚がキャンプ好きだったならばキャンプをしていたかもしれません。身近にバイク好きが多かったので、中型免許を取ってバイクにのったかもしれない。

いま振り返ってみると、ドライブに行く口実がスキーだったのかも。雪山はきれいです。いまとなっては、どうしてあれほどスキーが楽しかったのかわかりません。ただ、独りで計7時間ドライブして知らない街の風景を突き抜けてスキーにいって大鍋のカレーを食べて温泉に入って帰ってくる繰返しがとてつもなく楽しかったのです。

自分の身体能力は自分で把握しています。だから、だいたいこのあたりが限界だと思ったところで急にやめてしまいました。

そのとき覚えた体の使い方はいまでも便利に使っています。車の運転が昔は苦手中の苦手でしたが、いまは我慢できる程度になりました。スキーは理屈のスポーツなので自分で考えた理論をスポーツで証明する部分が魅力的です。