時代の潮目

時代の変わり目。

TSUTAYA「CCC」が徳間を子会社化

アマゾンコムと、出版社が直接手を結ぶ。

アマゾン、本を直接集配 発売日に消費者へ 取次・書店介さず :日本経済新聞
出版取次を介さない出版社との直接取引を広げる。

徳間といえばアニメージュ。ジブリと日本テレビの関係が深いのは、徳間書店の徳間康快社長が読売の記者出身だから。

日テレも右寄りなのにどうして宮崎駿を使うのかというと、ナベツネも徳間社長も若いときかぶれていたから。

メディアの怪人 徳間康快 (講談社+α文庫) | 佐高 信 |本 | 通販 | Amazon

アマゾンと出版社が直接取引をして取次がいなくなって、街の書店が寂れるらしいですよ。

自動車

自動車の販売網も、べつに要らなくて、あと数年、そう、東京オリンピックまでにはメーカー直販の自動車が出てくるのでは。だって販売店の取り分が車体価格の 1/4あって、もうネットで買えば良いのでは。

壊れたときは専門の修理業者に頼めばよくて、べつにディーラーのよこに付いてる整備士のお店があればよし。ヤマダ電気が必死で車を売ろうとしてますけど、それより先にアマゾンコムが売るのです。相当にデカイ段ボール箱が必要。

ネットで家を買う

そして最後は土地と家。まったくの個人的な趣味でいえば、猪苗代湖の北側に家がほしい。冬はスキー。ほかの季節はなんとなくヒトケが無くて楽しそう。物はインターネットで届くから。何不自由ないとは言えませんけれど、想像出来る範囲の自由は確保されます。薪ストーブなんて入れて。古民家を改造したカフェ風の家にはせず、完全密閉式の核シェルターみたいな家にして、カプセルホテルのあのカプセルをひとつ入れて。北欧の刑務所くらいの狭い家が欲しい。

この計画、問題は収入。どこでやっても生きていけるような才能なり技能が必要です。免許の類とか。てっとりばやく重機でしょうか。

もうここまでくると10年後を見越して機械化できない類の商売をはじめたいものです。

雪がいやならいわきでもいいか。でもいわきなら別に水戸でも一緒。あとは北欧刑務所風の家だ。

製造業と創造と

日本企業が「長時間労働」をやめられない本当の理由 | プレジデントオンライン | PRESIDENT Online

長時間労働の最大の罪は、やらなくてもいいことばかりやっているから、本人が成長しないまま年をとるということ。(中略)これがここ25年間の日本。だから、どんどん世界の競争で負けていっているわけです。

沢山作って売る時代ではなくなってしまって、そういうのは中国。

ゲームの世界の経済学が現実世界に通用するという話 – やねうらお-ノーゲーム・ノーライフ
ネットで物を売ると、最低価格以外は物が売れない。

これから何を生産して売れば良いのでしょう。横並びで他社のマネで食えない時代。

それでもマネをするのはどうしてなのでしょう?

学校で突飛な考えを発表するとつるし上げを食うからですね。意見をいわないことが美徳。だから独創性がなく、なぜか物を使いにくくする人ばかりメーカーになります。豊田の車のインパネが訳分らないし先日も、マニュアル車を転がすクルママニアが最新のミニバンを五メートル動かすだけでパニックになる現場に遭遇しました。電子制御もほどほどにね。

操作系を勝手に変更しないでほしい。うちのクルマは音楽はカセットテープ。ヒーターの切替えはレバーです。しかし、時代はもうよくわからないボタンとタッチパネルでラジオの選局すら出来なくなりました。本当の本当に最新版になると声で操作できるらしい。「この辺で一番うまいラーメン屋を教えてくれ」「はい、マイケル。惚けた?さっき食べたばかりですよ」。

東大の中下位層はレベルが下がっている……林修がその原因を推理 (BEST TIMES) – Yahoo!ニュース
この問題でこういうことを書く生徒は、根本がわかっていないという指針になる設問があるんです。
 実は、僕はそこを間違えた生徒の名前をノートに書き留めているんです。(中略)「東大入試のデスノート」と呼んでいる

考えの足りない人が陥りやすい道筋というものがあります。私の経験で言うと、計算が苦手なのに筆算しない子はデスノート行き。分数を約分するときに割り切った最後「1」と書かない子も追記。

ついに長い文章を読めない世代がでてきたのですね。

単純なことを皆とナカヨクしつつ繰り返して生産していると食えた時代がありました。いまもどこかに在るのかもしれませんが、そこに望みを託すのは心許ない。

製造より創造を尊ぶ時代に変化してるのではないでしょうか。時代の風が変化したときに、クラスに居た40人中何名が創造の世界にこぎ出せるのか。

かなり少ない。

世界はファミマで出来ている

ファミリーマートがサンクスを吸収しココストアを飲み込んで増殖。

たまにセブンイレブン。

そして欲しいパンはどこにも売ってない。しらないオリジナルブランドのパンはいらない。

田舎の選択肢の無さに絶望的する。儲けるために私の欲しいパンは仕入れない。そして田舎から文化はなくなる。みごとに本屋が無いよなあ。本屋があれば文化とは言わないけどさあ。高校生がチャリで遠くに走りすぎ。あんなにチャリを漕いでいたら、大人になったらチャリをのらない都内よりに引っ越してオシャレな一人暮らしをしたくなるぞ。もしくはクルマを買ってブンブン走るね。私みたいにそのままチャリを漕ぐ人も少数いますけど。

私の欲しいパンはどこのコンビニエンストアをみても手に入らない。あるのはファミマとセブンイレブンだけ。

だから明日はどこかスーパーで買うさ。田舎のコンビニには入らないだろう。

現場を見ずに中央区の本社のビルで数字ばかり見ていると気が付かないかもしれない。データは嘘をつく。

コンビニに来た客の満足度は集計できる。けれど来ない客のデータは取れない。見えない人の意見は存在しないのだ。見えている現象だけ抽出するとオリジナルブランドのパンなりおにぎりができあがる。しかし、パンもおにぎりも「買わなかった人の意見」は反映されない。そして僕は近所のスーパーでパンを買う。

衣食足りてマンションを買う

寒い。急に寒くなった。秋物を通り越して冬物を出して着てます。よく考えると秋になにを着るべきか考えたことがありません。

オシャレが趣味の着道楽がいうには、季節が変る度に服を買うって。仕舞う場所があるのでしょうか。洋服屋に行く話を嬉々として語り、そういうう趣味のない私はあっけにとられました。

興味の分野が変る度に古本屋で本を買い込む私の行動のうち、買う物が本から服に替わっただけなのかもしれません。だからって私は服をかわないけど。出先で寒いから買うという、実用的な理由で服を買ったとき、横に居たおしゃれ着道楽者にあきれられましたけれど、お腹が空いたらご飯を食べるくらい当たり前のこと。体面を気にしてご飯食べない。

衣食たりて住を知る、衣食のうちコロモは最低限持っていれば足りてしまいます。食足りて服を買う。現代は食が重要で服がないことがありません。時代の変化です。昔は家庭に必ずミシンがあって着る服を自分で作っていました。いまは趣味の人以外服を縫いません。

食足りて服を買い、服満たされてマンションを買う。これが現代。

暖かい服があり、ご飯がまあまあ食べられる状態でお金があったら私は本を買います。マンションを買うなら地盤の強いところにします。

中国のお金もちがマンションを投資目的で買ったりするのは、衣食が足りたからです。住を知って、つぎはどうするのでしょう。

ユニクロとすき家の次がマンションデベロッパーってことですか。どこもあまり儲かっているように見えませんけど。

「マジックテープ」はクラレの商標

連休はあんまり関係なくて、お裁縫をする予定。

キャンパス生地とアルミ板とを組み合わせます。アルミ板を持って手芸用品店に行ってこのくらいの生地を下さいとお願い。丈に合わせて切ってくれます。

家に帰りどういう布の取り方が正しいか考えて、仮縫いをしつつ切ったりぬったりを繰返し、形としては半分まで到達。

細かい部分を詰めていなかったので作業が停滞。指も痛くなったので今日はお終い。明日はドリルと、洋服なので首回りの加工を決めます。いくところにいけばロックミシンがあるけれど、なぜそんなものが必要になったのだとか、作っているモノはなんだと詮索されるので近づきません。

そんな面倒な説明をするくらいなら手縫いですよ。

マジックテープも縫い付けました。「マジックテープ」はクラレの商標です。クラレ以外のものは「面テープ」と呼びます。ふだんはマジックテープって言うけど。

クラレは倉敷レーヨンですから、岡山の会社です。

レはレーヨンのレ

人絹のこと。ナイロンとかレーヨンとか繊維のことです。
東レは東京レーヨン。カネボウは、ボウが紡績のボウ。カネは鐘淵のことで、江東区。高速バスで水戸から隅田川を越えるカーブの直後左手に看板があった。いまはカネボウが意気消沈しているのと、私が高速バスはいつも途中でTXに乗り換えて隅田川をみていなので確認できず。

カネカは鐘淵化学。近代化で明治後半から大正昭和にかけて隅田川のあのへんが巨大工業地区でした。「浅草」が発達したのはそのへん。

当時のことですから軽工業が主体で、紡績のボウとかレーヨンのレがついている会社はだいたい大正前後の勢いで立ち上がり、さすがに業態転換しているので繊維以外の仕事もしつつ、若い世代にとってはレーヨンなど分りませんから社名に繊維の痕跡を残しています。

思い出せる限り書くと日清紡とか。クレハとか。クレハももとは紡績、ついで化学の会社です。クレハ – Wikipedia
いわきに工場があるから、だからよく常磐線でラップの材料を積んだタンクを見かけるんだ。