こういう日は休みでいい

日曜日は休みだから月曜も休みで良いとおもうぞ。

直接の被害はありません。ただ、ハウスメーカーの本店で工事を見かけて。ハウスメーカーなのに入口エントランスの天井が破損。引っぺがしてるときに横を通りました。

街路樹の枝か折れたのは確認してます。

台風24号通過中

かなり疲れているはずなのに、風の音が怖くて寝られません。遠くで放置されたバケツか何かが飛び回っててうるさいし。こういうとき仕事はお休みで良いと思うのですが、車で行けるのできっと休みではない。なんなら復旧活動で人手が足りないといって狩り出されるかもしれない。いろいろなものが空を飛び、木は折れ、商品には雨風が吹き付けたと思う。

トタン板だとおもう。なにかがガシャンとたたきつけられる音がしてるのがすごく怖い。ガレージのシャッターがはぜている程度ならかまわないが、トタン板が飛ぶと兵器。

天体観測

水戸駅で星空観測会に遭遇。土星の輪っかと木星の縞と衛星をみて、うっかり火星を見忘れる。最接近後なのできっとよくみえたはず。

赤道儀は北極星が見えないとセットできないのですが、水戸駅南口から駅を挟んでビルがあり北極星は見えません。駅ビルエントランスのタイルは東西南北準じて張ってあるため、方位が取れればとりあえず極軸導入はできるそうです。一般のお客さん向けに赤道儀で追尾してます。ビクセンのスカイセンサーが小型で使いやすそう。

そんな最新装備の中、ドブソニアンが一台。必要充分な構造ではありますがコストカットで何カ所か不満を感じました。昔自分で作った望遠鏡と経緯台も、いま思うと不備だらけ。

でも若いときに見る星は、歳を取ってみる星よりもきれいだとおもう。

格式が高い方の宇宙飛行士

偏差値40からの医学部合格術
パパが文科の偉い人なら可能。

世の中のちいさな悪が露呈して私は悲しい。健全な世界がはたして生きやすいのか。ボクシングの謎判定や受かるかどうか分からない子が合格してしまう医学部があってこそ、正しいものが正しく見えるのではないのか。ボクシングが黒いのはべつにかまわない。そういう組織はいちど黒く染まっているから、染まらないヒトが世代を塗りかえるまでずっと黒い。居間の指導者、選手が入れ替わる60年後にはもしかしたらきれいなボクシング業界になっているかもしれない。そのころ死んでるから知ったことかと思う。

一番みっともないのは、息子の合格と引き替えに宇宙飛行士を講演会で手配したこと。宇宙開発は文科省の管轄。だからロシア機で飛んだ東京放送の秋山サンは宇宙飛行士なのにノーカウントにされてしまう。なぜなら文科省門下ではないから。

あの宇宙飛行士が、自国の危ないロケットで飛び上がったのならさすがすごいと思う毛レと、NASAのお情けで乗せてもらってる感じがします。それでも来たらうれしいのでしょうか。

大雨と運転

夜、大雨の中クルマを運転しました。ドラムブレーキの中味まできれいすっきり。

酷い雨で、あんまり強くて道路が見えなくて低速でゆっくり走ってて。でもあんまり酷くて運転できないと思って止めました。人生初の大雨による運転の停止です。