明け方寝ぼけた状態で首を振ると驚くほどボキボキと音が鳴るときがあります。首と肩が凝ったままで寝るとそうなります。

あんまり気分の良いものでもないので、寝る前に首と肩を揉んでほぐしてから寝てます。すると、ちょっとだけ眠りがふかくなったような。

側頭部と頭のてんぺんとおでこが凝ります。凝っていると思わずに生活してると、まさか頭頂部の筋がこわばってるとは想像もできません。腰が痛いときに背中をいくら揉んでも改善されなかったのに、頭頂部の右後ろの筋肉を緊張から解放することで背筋が柔らかくなって腰がラクになりました。

おでこが凝り固まると血流が悪くなって、鼻つまりの原因になります。鼻からほうれい線にかけての顔の筋肉もなんだか疲労してます。日中している作業は座業で非対人ですから表情を作って疲れるわけもなく、単純に目の使いすぎとパソコン作業のしすぎ。

咳とホコリ

冬の間寝室を掃除せずに過ごして咳がでます。

淀川長治先生が晩年、紀伊国屋の講演会で、なんでも自宅の掃除が行き届かずそのままでは健康を害する。そんなドクターストップがかかりホテル暮らしに移行された仰ってました。なるほど私の咳もホコリだろうと掃除をします。

ふとんを簡易ベッドにしてますので下に敷いてあるナイロンマットをはぎとり払います。シーツを取り替え空気清浄機を回して、さてどうなるかはお楽しみ。

掃除しましたから私が処理するホコリの量が減ります。すると、呼吸器に余裕がでて咳が止まる理屈です。そうなるといいなあ。結果は明日。

濡れマスクの効用

昨日は簡易テントを組み直して寝てました。乾燥が激しくぬれタオルを干して湿度を上げてようやく就寝。睡眠不足の自覚が薄いけれど、結構睡眠不足が続いています。

本日は専用の濡れマスクを装着した上で寝ます。

濡れマスクもふつうのマスクを使い切ってしまったのでドラッグストアで60枚入を購入。濡れマスクはあっさり買い忘れました。濡れマスクはマスクが二重でポケット付です。ポケットに保湿成分が入った液体が染みこんだ不織布を入れて使います。

明日からは専用品を買い忘れたので通常版のマスクで「濡れマスク」を作ろうと思います。二重マスクにして隙間に脱脂綿を入れるつもり。もしくはマスク一枚の内側に脱脂綿を起きその手前に布を挟みます。

今日は夕方外の空気を吸ったら、粉で満たされて溺れる感覚を得ました。花粉の海に沈む気分。

単純に吸い込む量を減らせばよいので、効果の高いマスクは必須です。できればナウシカ(高畑勲プロデュース)のマスクみたいな。リカンベントの手放し運転をしながら併走する人に親指を立てたい。最後は咳き込んで「肺に入った」って言います。

そして全く受けなくて、ふつうの人はテーマの暗さに倦厭してナウシカを観ていないことを思い知ります。

オニヒメ日記 ナウシカ – テラっちの家!! – Yahoo!ブログ

ナウシカマスク:化者業製作所 Monster Works:So-netブログ

ふとん簡易テントで咳が止まる

ヒノキの花粉量が昨年比400倍とな。今年は飛抜けて花粉の量が多くて、唐突に症状が出たのはそのためか。

咳が止まりません。気管支まで届いてしまうと考えると、この一週間のひどい咳はヒノキ花粉由来の症状と考えられます。対策し尽くしました。喉は消耗品かもしれない。

吸える花粉の量は決っていると思うのです。1日に処理できる呼気の量は決っていて、それを越えると花粉症の症状が悪化する。ならば喉を保全してやれば咳なり花粉症の症状は和らぐはずです。

十日前にふとんから外した簡易テントを作り直ました。側面はボール紙、屋根がコタツの下に敷くための断熱材です。

隙間もあるしいい加減な作りですが、喉に届く冷気の量が断然へりました。

たった1日で咳の回数が減りました。

花粉症症状軽減

花粉症の症状が軽くなってきました。

体温

3日前に体を冷やして不調になって以来、体温に気をつけております。今年の私に出た花粉症の症状は風邪の症状にとても良く似ていて、寒気を感じました。そこでまず体温を下げすぎないことに対策をしてゆきます。数日前の悪寒から脱して、そのまま食事を軽くし続けるか重くするかの選択を迫られまして、私は重くするを選びました。昨日は野菜中心で肉たっぷり。香辛料は控えて塩でいただきました。それ以降、体温は以前より高くなり過ごしやすくなってまいりました。

マスクしない

マスクをして肺へ乾いた空気を送らなかったからか、気管支の通りが悪胃状況が続きました。いまは深呼吸して肺の奥に空気を入れてます。肺湿潤という病的なほどではないせよ、感覚としましては肺から気管支が水っぽかった。

摂取する水分量

一昨日から水分制限中。水を飲みすぎないようにしています。飲むときはジュースかお茶。お茶も濃いめ。使うお湯は高めにすることで体内の水っぽさを減らしてゆきます。

その他の花粉症対策とまとめ

外出するときに花粉避けスプレーをします。ハンドクリーム、ワセリンを顔まわりに塗るなど。

花粉の空気に暴露する時間を極力へらしました。2日お粥生活。昨日は昼焼き肉。本日朝昼晩といつもと同じ食事メニューに戻してます。

花粉症の症状自体は残っております。目の痒み、肺の気管支あかりの違和感はのこっています。3日前の夜中にあった、左腹部の冷えや、咳が出る症状は減りました。夜中にヨーグルトドリンクとヨーグルト、ふつうのコーラをいただいてこれ書いてます。

明日以降は食事は良く噛んで野菜をたべて、普通の生活にもどるつもりです。現在の仮説は、摂取する水分とお茶の濃度が重要なのではないかと考えております。