誰かの基準はみんなの基準

全体的に物事に興味が無くなるのは、年齢のせいなのだろうか。暑くなると読書がしにくく、読める範囲が狭まるので、本屋に行かない今日この頃家の棚から昔読んだ本を引っ張り出して読み返しています。棚に残してある本は、おそらくいま残っている量の四-五倍の本の山を処分したうえで残していますから、急にいま書店で本を一冊買ってくるよりも棚を見たほうが面白い本が見つかります。

棚に収めたときの私と、いまの私は中身が変質していますから昔は面白かったけれど、今読むとどうだろうという本も多少まざっています。実際には、昔読んだけれど内容を取り切れなかった本が多く、再読というのは案外重要なのかもしれません。

涼しくなったら、また気分も変り本をよむかもしれません。いまは暑さをどうやってやり過ごすかばかり考えています。

中断しているチョッキ作りのお裁縫は、できあがったベストをコンパクトに纏める方法が思いつかないまま作る予定だけ継続中。なんとなく土台は固まった感じ。具体的にどう積み上げるかまでは決らず。ウエストのパーツを軍装品から取って、肩のサポートの特殊素材を育児用品から流用して、ぐるぐると素案を考えています。ぐるぐるが停まるまでもうちょっと時間がかかりそう。

話を読書にもどしますと、現在読みたい本はなくて、観たい映画は何本かあります。だたいいR15+は、良い映画。あれは子供のウチに見ておいたほうがいい。大人がへんな防御壁を築いてみせないのも、教育を商売にしている人には意味があるのかもしれませんが、子供は見ちゃえばいいのに。

守ってくれる壁とか、壁を作る人に一貫性がないこととか、そういうことに気が付くには小学生のうちにR15+は越えよう。そういう子供だった私は、大人になったいまも美術館の前に裸婦像があるのが不思議でたまりません。あれ、だって裸でしょう?コンビニで規制してる雑誌と何が違うのか。

芸術とわいせつの線引きは、保守系の高そうなスーツを着ている政治家(だいたい二代目)であるとか、高校時代に将来を教員に決めるような人の思う正義の種類の問題で、言い換えれば趣味の問題。

美術館やら駅前の裸婦像を明日の朝美少女フィギアにすり替えたらきっと怒られるのだけれど、怒る理由に正当性はなくて、写真で言えば土門拳の写真は良くてアラーキーのはダメって言うのと同じですから、そこの好き嫌いは趣味の差じゃありませんか。どこかにいるらしいしっかりした大人の意見で善し悪しが決りますので、絶対的ななにか確信があってやっているわけではありません。

私が学園を作るような政治の力をもった暁には、美術館の展示物を自由にいじります。きっと怒られるものばかり並べる予定です。あまりにヒドイのでここには書きませんけど、美術や芸術とそれ以外を別ける線は、知らない誰かの都合でテキトーに決っているので、いちいち気にすることは無いと思います。

アトミックブロンド

映画 アトミックブロンド
原作アメコミAmazon.co.jp: The Coldest City: Antony Johnston: 洋書

Atomic Blonde | official red-band trailer (2017) Charlize Theron – YouTube
えーっと、オフィシャルの向こう版の予告編です。日本語版ではだいぶ端折られてますので、お好きな方はこちらをどうぞ。

昔、バーブワイヤーブロンド美女戦記という映画がありました。
バーブ・ワイヤー/ブロンド美女戦記|映画情報のぴあ映画生活
賢い人はきっと話題にしないタイプの映画なのかもしれません。金髪美女が銃撃戦で車が爆発したり飛んだりします。こちらもアメコミが原作です。配給はヘラルド。

ほかに、「ロングキスグッドナイト」記憶を失った美人工作員が記憶を取戻し、銃撃戦で車が爆発したり飛んだりする映画です。
映画『ロング・キス・グッドナイト』予告 – YouTube
ギャガ=ヒューマックスです。
原作の小説版を早川書房が出しています。

アトミックブロンドは角川の配給です。R15+なので、お子様連れのご家族そろってご覧になってってわけにはゆきません。

非情の女豹 (1980年)
ハーフタレントのプロモーション用の原作に。日本映画界もがんばれ。

カイジつながり

床屋にゆくと先客がいらっしゃいまして、本でも読もうと棚をのぞくと「カイジ」ばかり。こども向けの歴史マンガは新政府軍と長州寄りで、わたしくの読むべき本はありません。「航空特攻」を美化したマンガをみても、土浦一高の保存校舎で学徒動員の女子校生が削った部品が飛行機に乗っているとおもうと、ロマンスで塗りたくった砂糖菓子のような構成のシナリオには承伏できず、読むべき本なし。

脇のほうに「ジパング」があって助かった。

「ジパング」は異世界転生もののミリタリーマンガです。半村良先生の「戦国自衛隊」の海軍版です。小説家になろう 質問板[異世界転生禁止について]は、「異世界転生」を禁止したことでニュースになりました。この理屈でいえば、「ジパング」も「バイファム」異世界ですからきっと応募禁止ですね。

ガンダムは異世界ではなくSFだから大丈夫。戦場に放り込まれた時点で異世界ではあるけれど、転生ではない。刑法の構成要件についてわかりにくい説明を聞いたときに匹敵する理解のしにくさを感じます。構成要件についての説明は以下に任せます。

「やってはいけない!」法律知識: 誰もが陥る企業犯罪の落とし穴 – 小林英明 – Google ブックス

転生小説も法律論も読みたくないけれど、日本軍の兵隊の実体が書いてある「病床日誌」 六花出版は読みたくなりました。値段をみたら絶対買えない。ゼロ一個多いのです。学術資料だから、大学や図書館の予算で買うものなのでしょう。

ジパング1巻の1/3だけ読んだところで、呼ばれました。

マーズ

おじさんは何かにくたびれている。夜お酒を飲んでゴットマーズのテーマを歌いながら、三国志の横山光輝先生の芸域が広いことに感服する。

マーズ 1 (少年チャンピオンコミックス)

横山光輝 Official Web

横山光輝 – Wikipedia
手塚先生に漫画を見てもらってアシスタントになったというから、藤子先生と同世代。美浦村に馬をおもちで。多作ですから。

本橋秀之 – Wikipedia
キャラデザイン メカドックの人。そうか、蒼き流星SPTレイズナーもあの眼だ。グレンダイザーからだから、こどもの頃から良く知ってる人だ。顔わからないけど。

あのころのアニメ誌にマーズのポスターがくっついてまして、青いつなぎのゴットマーズの青年がモデルで、絵を見ながら、なぜロボットアニメのなにロボットの絵ではないのかと疑問に思っておったのでした。まさか女子向けとはおもわず、アニメ好きの女子が10万人も署名を集めて映画を作られているとは思いませんから。いまのタイバニとかユーリのような扱いなのでしょうか。いまでもアニメ女子の趣向はまるでわかりませんけど。

六神合体ゴッドマーズ レコード 東京のいいやん/ウェブリブログ
バーカッション 斎藤ノブさすがパーカッショニストいきなり音が出るよ。
お姉様むけの商品展開が素晴らしい。

1979年のシナリオ会議

荒木芳久 回想記
ガンダムのシナリオ会議にいくと富野監督がいて、新ルパンを作る会議に行くと鈴木清順監督がいるという、日本のアニメ界。

私はずっと、大和屋竺氏の下でシナリオが書かれて、鈴木清順というのは名義貸しぐらいと解釈してみていました。だって映画監督だから、まさかずっとシナリオ会議に出ずっぱりとおもいませんもの。

あらためて新ルパン中盤以降が鈴木清順監修であるならば、一体どんな影響が残っているだろうか。タイトルから内容を思い出すと、前半五十話にくらべ中盤以降、へんなおじいさんがやたらと出てくる。変な科学者。あとお婆さんも多い。「第118話 南十字星がダイヤに見えた」は、ラバウル航空隊の話。旧海軍の武官が敵。敵の描き方に、もしかすると清順体制の影響が色濃くでているのかもしれない。

脚本家・大原清秀 ろくでなし通信/ウェブリブログ