大洗シーサイドステーションに行ってきた

もっと連休にして置けば良かったとおもう。私がいなくても世の中は回るし居ない方がうまくいくこともあるし。

外せない用事を済ませて休みなので米を炊いて野菜炒めと野菜鍋をいただきました。鍋は数日前のを冷蔵保存したもの。野菜づくし。消化が早く内臓負担がすくなくて体調が良くなります。毎日食べるには手間が多すぎますけど。

午後から大洗探索。アウトレットモールは大洗シーサイドステーションと名前を変えて営業開始。まだ空いている店舗が目立ちます。中庭をつぶしてコンクリをうったのは正しい判断です。人の流れが良くなり今日は連休の賑やかしに屋台かでてました。

ガルパンギャラリーもリニューアルしたのか独特の雰囲気をまとった若いお兄さん達が歩いています。わたしも同じ村の出身として親しみを感じました。

高みの見物

世間は連休らしいのですが、私はあんまり関係なくて通常営業です。腹いせというわけではありませんが、検索エンジンに地名と渋滞と打ち込んでリアルタイムの渋滞情報をみています。

福島の高速はずっと混雑していて、先日走って福島トンネル周辺が走りにくいことを知りました。なんてことない短いトンネルですが前後に坂があって、慣れた人の体感と初見で走るときの走りにくさに差が大きく、さらに坂で走りにくくて遅くなりまして、この減速の連鎖が渋滞を引き起こすと考えられます。

連休中の走行台数も桁違いに増えますから、この連休時期は東北にはちょっと行きにくいです。

もうちょい休日を増やして置けば良かったのですがあとの祭。連休があっても何もやることが無いし、この時期出かけても人を見に行くような物ですから、私みたいな人混み苦手属は、人の居ない仕事場とか人の居ないどこかにサイクリングに行くか、家で人が居なかったことにしてなにかするかの三択。

優れた邦題は誰のため

実家でトニーレオンの「恋する惑星」の最後を見てたら良い映画に見えて、疲れてるのかもしれない。前半は痲薬ディーラーがでてきたらしいので、タイトルがオカシイ。Qタランティーノが配給権を持ってる映画のタイトルに恋がつく訳がないのである。きっと日本の映画といえばデート映画しか思いつかない配給会社が勝手に改竄したにちがいない。

「重慶森林」こちらが正式タイトルです。重慶といったら爆撃ぐらいしか思いつかない。ビルの名前だそうな。
重慶大厦 – Wikipedia
日本で作るなら、たとえば「丸ビル」やら「サンシャイン60」でございます。

どこに恋の要素がありますか。

90年代、やたらと広告と関連本をみたよ。すなおに「重慶マンション」だったら観たかもしれない。でも「恋する惑星」では無理。

健康食はたまに

朝ご飯にカブを主とした野菜スープをいただきました。米と海苔。肉抜き。ふだん肉とインスタント食品の昼食が多いので、たまの休みは反動で栄養のあるものを食べます。

あまりに食が健全すぎて夕方ものすごく空腹になりました。肉と塩の内臓負担が相当あるのだなと、健康食と外出だけで痩けた頰を撫でながらおもうのでした。

だからといって次の日の昼食が健全食をめざすわけでもなく、翌日は野菜がほとんど気休めすら入ってない唐揚げ弁当と、安かったのでツイストドーナッツをいただきます。そしてツイストドーナッツのグラニュー糖でシャツの胸のあたりを粉だらけにしていると、昼の休憩は終ります。

出版社の書庫

ファミリーヒストリーで坂本龍一教授の父がでてました。河出書房の編集者。現在河出書房新社と新がついてます。河出は純文学中心の出版社で、地下室の書庫なんてたぶん二度とみないことでしょう。