らっせーら

週刊アサ日の見出しが「五輪ファシズム」だった。私も同じことを考えていたので我が身の至らなさを反省。修行が足りない。やつらが反対なら推進してやろうとおもうので、オリンピックおめでとう。七年後に生きてる気がしませんけどね。新聞やの野球の好きなおじいさんが、野球のルールを変えて野球を五輪種目に入れようとしていますけれど、彼は七年後に生きているの?どうしてどこでも年寄りばかり盛り上がってるの。そんなにスポーツが好きならやればいいのに。

いまのうちから暗澹たる気持ちになるのは、なぜなのでしょう。開会式はだれがやるのか。草間弥生にたのんで、五色のあれをならべたゴチンピックってのが日本のキッチュ感がでて面白いとおもいます。あとは、長野の反省から欽ちゃんにお願いして、没案になったでっかい扇が閉じるとシルクハットの欽ちゃんが出てくる趣向は日本的でとても素晴らしい。あれは予行演習をマスコミがリークして没案なってしまったのです。反省しない子はまた同じ轍を踏むでしょう。

ロンドンは007が最高でした。ああいう世界に冠たるブランドがあればいいのですが。ソニーが株買ったんだから007も日本のものだと言い張るべし。

日本のスパイは忍者なので、忍者が沢山でてきてバク転すると世界がびびると思います。

寅さんがご存命なら寅さんを引っ張り出したところでしょう。いま、広告の会社にコネがあって、映画が世界的に人気で知名度があるひとってもう、宮崎駿くらいですか?あのひとはでてこなそう。じゃあってんで、庵野監督にお願いすると、国立競技場に初号期が立ち上がることになるでしょう。7年あればエバンゲリオンくらい作れそう。ジェットアローンもいいね。べつに作るほどでもないか。

宮崎、庵野の終末イメージってのがあって、「未来少年コナン」は太陽エネルギーを使いまちがえた「インダストリア」が暴走する話でした。残されの博士が最後、大変動で大変なことになります。全体的にこないだの震災はそこで予見されていたような気分です。エバも東京が無くなって要塞都市の第三新東京で宇宙からの物体相手に迎撃戦をするってお話になっています。こちらはなにか災害の予言ではないとは思いますが、ジェットアローンの暴走はあの件の暗喩かもしれません。海外からの二十歳まえの選手は、電車で移動して宿舎にいくときに、日本のおねぇさんが紺色のランチアで向かいにいくシステムにするといいとおもいます。

やるとしたら、ベイブリッジの下をくぐる。許可が出ないと思う。以前いちどジェット旅客機で試みたひとがいますが、あれはいろんな意味で不発。

世界をびびらせるなら、忍者かなあ。失敗したらその場でハラキリっていうのを最新の技術で再現するとたぶんみんな引く。日本のスポーツ界は負けると切腹だみたいな嘘を対外的についていこうと思います。

あと、予想。

走るときの音楽が必要になるので爆風スランプが復活。

オリンピックを目指すオリンピック芸人の出現


あったよ2020年の東京オリンピックのテーマソング。
開会式は赤い電磁バイクでいっか。あと、膨張する鉄雄。
でもこれ、フランス人くらいにしか受けないから没。





About こざ四

工作好き
This entry was posted in スポーツ. Bookmark the permalink.