カメラが重いと上下に揺れる


自分なりに頑張ってみたけれど、段差に弱い。狭い画角で撮影すると細かい振動が見えてしまう。広角でも出ると思うけれど広げれば見えにくいはず。よく、一眼動画の人たちが言う「上下動」ってのは、段差を越えたり踏み込みで出てくる振動のことなのか?

広角の軽いカメラを使っていたときは全然気にならなかった現象ですが、一眼の場合レンズが揺れるのか機材の取り付け部分が揺れるのか、なにやら上下の小さい振動が気になります。レンズも、中のメカの保持がどうなってるか知りませんけれど、ピントを合わせるために多少浮いているはずで歩きの振動を拾うのは仕方ないことです。

どう考え手も軽いカメラのほうが有利。もう、EOS kissをやめて違うのにしたい。

画角がこれで45mmなので、狭いですね流れていくものの場所が自分からみて右手45度よりも狭い場所にあるので風景が流れていく感じがしません。

▶ Flying in the park 2 DIY Camera stabilizer – YouTube
構造がちがうので単純比較ができませんけれど、こっちと操作は一緒です。やはり画面サイズの差か。

そうすると、フルサイズ機?現行のフルサイズ機が6Dらしい。

キヤノン:EOS 6D|概要

ミラーレス一眼カメラ OLYMPUS OM-D E-M1|オリンパス
同じDならOM-Dもあるよ。ただ、5軸の制御が要らない。

もう、キヤノンのレンズを新しく買ったりボディに悩んだりするのが面倒くさくなりました。ファインダーを覗きながらシャッタ-が切れるのは快楽なんですけれど、もうちょっと簡単なのでいいや。動画用にコンデジを更新していくとか、なんか違うルールにしないと、どんどんレンズが増えていきそうで怖いのです。





About こざ四

工作好き
This entry was posted in カメラスタビライザー. Bookmark the permalink.