双眼鏡で立体視

YouTube – 神山健治監督作品『攻殻機動隊 S.A.C. SOLID STATE SOCIETY 3D』3D立体視予告編
リンク先のページにいくと再生の三角ボタンの横ずっと右にに360pって文字があります。うちはいま左右分割画面になっています。

以下の方法を使う場合、まず3Dの設定を変更しておきましょう。

「3D」にて立体表示の方法が変えられます。

赤青の眼鏡、平行法・交差法の分割画面、立体専用眼鏡用に分かれます。
いろんな色眼鏡が選べます。

私は交差法で見られますが、ここは大画面で見たい。

そこで、眼鏡を作りました。

セロファンは買わないよ。
色が付いてしまいます。
ちなみに3Dテレビも映画館用の眼鏡は持っていません。

【双眼鏡】
ご家庭に必ず転がっているであろう、ビクセンの双眼鏡を分解します。

立体視用眼鏡

立体視用眼鏡

双眼鏡によっては、左の接眼レンズが抜きにくい場合があります。

主鏡と接眼レンズが取れたら、今度はモニターの設定です。
左右の画像を入れ替えて、立体視できるか確かめましょう。
交差法と、双眼鏡で見る平行法は左右が逆になります。

左右、方式(サイドバイサイド)が完了したら、大画面にします。
そして、画面から一歩引いた位置で半解体の双眼鏡をのぞきますと・・・・

あれ、天地が逆転してる。

双眼鏡は天地が逆転するケプラー式望遠鏡を、プリズムで正立させいてます。
双眼鏡でよく使われる、Z式と呼ばれる方式です。
レンズを抜いてしまえば逆転して当然です。
そんなときは慌てず騒がず 「Ctrl + Alt + ↓」でモニターを逆転させます。

よい子のみんなはちゃんとした工具を用意してね。

バトーさんそんな確認の仕方はないって。





About こざ四

工作好き
This entry was posted in 映画. Bookmark the permalink.