最終人型決戦兵器


いつもの公園にてテストしました。

シャッタースピードで露出を調整する、動画がカクカクしやすいDV580HD。
バランスのよくないTZ-5での撮影です。
TZ-5はネジ位置が悪く、オモリを積んだ足を曲げてバランスを取っています。

【ヒトガタ】
散々考えた結果、シャフトを短くしてやりました。
逆丁字の場合、シャフトを真ん中で折らないと縮みません。

PVCの13ミリ水道パイプで中心軸をつくると、弐尺でビヨビヨします。
中にアルミパイプを入れたけど効果なし。

そこで漢字の「人」型に。

あらゆる方向からシンメトリーになるので
マーリン式の弓型で問題になるローリングを押さえ込めます。
ジンバルの抵抗が大きい小さいで揺れます。
サイズ比でいえば逆丁字型より安定しました。

旅行に持っていきたいというオーダーがありまして、サイズ制限もかけました。
これですと、45度エルボ継ぎ手で分割して大きめのカバンに入るはず。

中心軸の黒い軸を伸ばしてしまえば、より安定するはずです。
これはオーナーに使ってもらって、必要ならば改造しましょう。

電動雲台 MP-101





About こざ四

工作好き
This entry was posted in カメラスタビライザー. Bookmark the permalink.