水戸の常磐神社


偕楽園東口から常磐神社にむけて歩いています。
酒造組合の豊作記念祈願に遭遇しました。

震災以降、桜が咲いてもずっーと静かでした。
晴天のこの日、お宮参りの子供連れで賑わっていました。

観光バスツアーはまだ見かけません。

【歩いて15分】
桜川沿いを歩いていると、よく道を聞かれるので説明してしておきます。
常磐神社も偕楽園も、行くときは川沿いが簡単です。
水戸駅南口から川に出て、右岸(川の駅側)を西向きに2キロほどでしょうか。

帰り道はその逆です。
偕楽園から水戸駅までは常磐神社下から関東鉄道のバスがでています。
タクシーもあります。

川沿いを歩くと大人の足で15分くらいかかります。

看板も何もないのでふと不安になるかもしれません。
基本的に、「桜川」沿いを東に向かって進んでいけば水戸駅です。
桜川がどれなのか、看板は1つしか無くちょっと不案内ですね。

「観光地」としての自覚がないのは、たぶん気質(笑)
「水戸駅ぐらい、分かっぺよ?」というのが、この辺の人の言い分です。
ごめんなさい。悪気はありません。気が利かないだけ。

左手に電車、テニスコート、正面の長い橋が右下がりなら水戸駅方面、東向き。
右手に千波湖を望みます。大きな千波大橋を1つくぐります。
横断歩道を渡りそのまままっすぐ進みます。
橋の手前が上り坂になります。

ここで下の通りを渡っても良いのですが、交通量が多いのとアンダーパスで
車からの視界が良くありませんので、なるべく橋まで上がってから左折しましょう。

もし湖沿いから桜川の右岸を進むとちょっとだけ道が複雑です。
川沿いを東向きに進む基本は同じです。





About こざ四

工作好き
This entry was posted in 水戸. Bookmark the permalink.