バランス調整は大変

サイトのほうの広告を外したので貼っときます。製品に義理はないし。
tubebender |Making Camera Stabilizer
MMCはあのまま釣り合わせるのがしんどいと思います。
作る側としては、生産性が高いので無くなることはない製品群だと思います。
ウリモノとしたら、パイプなんか曲げてられませんことよ。

カメラの重さと偶然一致すればなんとかなるのかもしれません。
マーリンと同様のバランスを出すには部品が足りなくて、無加工では調整しにくいでしょう。
カメラを載せてその瞬間バランスが出せたら奇跡です。

YOUTUBEにアップして「揺れてらっしゃるようですが、修正しましょうか?」マークがでない映像を取るのは大変よ。
自作機なので一般論にはできませんが、たとえば私の動画をアップロードした場合、
修正しますか?サポートが表示される割合は1対1です。半分は怒られないけど、半分は言われる。

集中力がなかったり、被写体の興味がないと途端に揺れます。

ちょっとしたダウジングテストです。
好みのタイプの女子を撮ると揺れないんだけど、嫌いなタイプはグラグラするかもしれません。

まあそこは「キミの美しさに手が震えて」って言い訳はもう準備済みなので、人物ポートレートを撮影するつもりでは居るんですが。

先日海に行ったら、百里のファントム(戦闘機ね)とF15が飛んでて、カメラに収まらなくて困りました。
望遠と手ブレ補正と反応速度の早いモデルが必要です。
なにより問題なのは、ジェット戦闘機って巡航速度でもすごく早い。
音を聞いて機影を見た瞬間にカメラを構えても、カメラが機動した瞬間には頭の上で
ズームレンズを伸ばしてフレームに入れたころは、もう遠いお尻しか撮れません。

人物ポートレートとF-15Jと、あと欲をいえば国際宇宙ステーションもなんとか撮影したい。
後ろのふたつはもう、カメラは関係なくて望遠レンズを使いこなす「腕」の問題かも。

「きぼう」/ISSの2D位置情報 – 「きぼう」/ISSを見よう



--------ここから----------
海外のサイトをみて真似しました。
当然のように失敗ばかりしていました。
真似してつくっても映像はいつも揺れるんです。

どこかに間違いがあるはず。そこで、形をかえながら、実験を重ねました。
自作したtubebender |Making Camera Stabilizerは、特に間違いが詰まっています。
この失敗で得た体験がないと、上にあげた動画は作れなかったとおもいます。

tubebender |Making Camera Stabilizerのほうが少しだけマシかもしれません。
Thred type DIY camera stabilizer made from bamboo. 竹で作る自作隠定器 – YouTube
なんとなく答えに近づいてきたのはこの辺からです。
マーリンで言うとtubebender |Making Camera Stabilizerのあたりで理屈がちょっとだけ見えました。

スレッドはtubebender |Making Camera Stabilizerを作るのが大変です。
強度や加工性を考えると、塩ビの多重リング式は自作向きの構造です。

今はtubebender |Making Camera Stabilizer
解決方法としてはヒドい方策ではありますが、弓型グリップを使えるので何かと便利です。

新規に部品を作らず、そのへんにあった物で組み立てたらできた9号機です。
平らな場所をまっすぐ歩くのは止めて、不安定な場所を歩きました。
この装置で安定を得るには、私が足腰を鍛えねばなりません。
歩いた後の補正が追いつきませんでした。
tubebender |Making Camera Stabilizer
スレッドのほうは装置側で安定度を高めています。
ちいさいマーリンタイプでもうすこし丁寧な足運びが必要です。

適正価格

揺れない映像撮影するためにカメラを揃えると、幾らぐらいかかるのでしょう。
概算を出してみました。

光学補正付きカメラ - 補正なしカメラ = 四万円

この計算であっていると思います。
例として、空間光学手ブレ補正搭載のビデオカメラ、HDR-CX720Vは七万円以上します。
ここから、手ブレ補正がない一般のビデオカメラの三万円を引きます。

差額は四万。

あなたは補正分の四万円を、材料と工作労力に置き換えますか?
工作の腕に覚えがあるなら、四万円以下でも作れると思います。
実際、いま私が使っているスタビライザーは、加工賃を除いた原価は安価です。

デジタル一眼レフカメラで歩くにはどうすればよいのか

一眼レフで歩けるほど強力な補正がいまのところありません。
業務用など、最新機種に歩けるほど強力な手ぶれ補正機構が乗っています。

デジタル一眼レフでは歩けるのでしょうか?

あなたのスタビライザーに一眼レフは載るのか?

いつも合言葉のように問われます。それように作れば載るでしょう。
ただ、すごく重くなると思います。
一眼ですとグライドカムHD1000
あたりと相性が良いみたいなので、そちらを使うと幸せになれそうです。

自作でもデジタル一眼レフカメラが載ります。
ただ、総重量が重くなるで大変だと思うのです。
サポートアームを使うか素手で行くかで迷う重さになりそうです。

運用に関していえば、私はちょっと持ち歩く気になりません。
横着者の本性が露呈します。

ステディカム・マーリン
ミニモーションカム
マンフロット585

市販のスタビライザーがあります。(広告リンクあり)
私が作り始めたときはこの三種。



いまはいろいろ選べます。





About こざ四

工作好き
This entry was posted in カメラスタビライザー. Bookmark the permalink.