ナショナルと東京通信工業と観音

カメラの画質の違いを眺めています。
パナソニックと、ソニーとキヤノンの違いは何となく分かって来ました。
パナソニックは固定で撮影するなら十分。
うごきのあるものの輪郭がやや弱いように思います。

つぎ、ソニー
ちょっと前のフルハイビジョンが撮影できるコンデジ。
コントラストもよくでてます。コンデジなのにたいしたもん。

キヤノン。これは一眼。

なんか、画質はいいけど重そう。
これを持ち歩く覚悟がぜんぜんありません。

カメラはあんまり興味がなくて、全英オープンゴルフのクレーンカメラがすごくでかいとか
オリンピックはどんな撮影器材をつかうのかなあと、カメラの下につける機材のことばかり気にしてます。

撮れる映像がどうなるかは、あんまり気にならないというか、そこは後回しです。
とにかく、おもしろい機材を作りたい。

好きな画質は上記三者のどれだ?と聞かれても困る。
フィルムの質感がいいなあと思う今日この頃。

動画をたくさんみてると、絵の質の微妙な違いやライトの当て方、カメラの移動速度がとても気になります。
フルサイズの素子とそれ以外も微妙にわかります。

プロのAPS-Cと素人のフルサイズは同じようにみえるかもしません。
だから気のせいかもしれませんが。

動画の場合はカメラマンの腕の要素、光の量、レンズ、被写体とあいまいな要素が多いので
判別は難しいのですが、映像としての良い悪いはみてて分かって来ました。

ProCameraman.jpプロカメラマンのための総合Webマガジン





About こざ四

工作好き
This entry was posted in カメラ. Bookmark the permalink.