株の本 タイトルの妙

株の本 タイトルの妙

本の売れ行きはタイトル次第

損から学ぶ株式投資

楽天証券でしっかり儲ける実践ネット株

楽天ではしっかりと儲かるらしい。

マネックス証券でがっちり儲けるネット株
賢い資産運用

マネックスの場合はがっちり儲けるらしい。儲かるといっていないから誇大広告には当たらないのだろうか。自主的に儲けようと主体的に動く限り、損も自主参加ってことか。怪我と弁当は自分持ちって言う、職人気質なのですか。

資金3万円でOK
! 7日間で儲かるネット株レッスン 廣済堂ベストムック-お金の教科書シリーズ

儲かるって言っちゃってはまずいような気がする。だって損する人も居るもん。よく、パソコンのマニュアルなんかで7日間でわかる!なんて書いてあるけどあれ、7日ですんだことがないのは俺だけですか?これもなあ、7日で覚えられるかどうか。

90分でマスター
ネットではじめる為替取引 決定版!~株よりカンタン! 外貨預金より断然おトク!!~

7日も無理。長すぎる、そんなあなたにぴったりの商品。だって90分だもん。リーサルウエポンはテレビ用に作られたいわゆるテレビ映画。尺がちょうど90分。だからあの小気味良いリズムだったのだ。劇場映画として作った
2、3はだるくなるのは皮肉。リーサルウエポンをみる気分でこの本を読もう。俺はりーさるうえぽんを見るけどほうっておいてくれ給え。

私もネット証券で株デビュー!―マネックス・ビーンズ証券編

デビューするなら本商品。これであなたもトレーダー。マネックス・ビーンズ証券ではじめるための丁寧なマニュアル本。株デビューがあるなら、引退もあるんだろう。引退するときは山口百恵さんみたいに引退コンサートをひらくべし。最後ステージのど真ん中にマウスを置いて、もう私は株の世界に戻らない意思表示をすべし。ピンスポットに浮かび上がる白いマウス。

株でいこう!
お兄ちゃん、ネット・トレーディングしよっ

さいご小さい「つ」でしよって言われてもなあ。

ぜったいデキます!
はじめてのインターネット株取引

できるできないならできるといってしまえばよろしい。実際証券会社のシステムに乗るだけだから、よっぽどあれな人以外はできうる。しかし、これからパソコン自体を始めるばあいはたいへんだろう。僕らのように物心付いたときにパソコンがあって、具体的にどんなものかわかっているなら話は早い。しかし、まったくパソコンを触ったことがないとなると、なかなか大変。パソコンという概念から頭に入れなくてはなるまい。絶対できますとはいえなくなるだろう。

3日でわかるネット株えらび

3日でわかるのは、本を読み始めてからだろうか、読んでいる時間を含めてだろうか?文庫本1冊1週間掛かる人も居るし10分で読み飛ばす人もいる。少なくともこの本は読むだけなら3日掛からないということか。

米国株で面白いほど儲ける本―ネットで始める英語力不要の米国株投資入門

アメリカの市場で株を買うとどうなるんだ?為替と株価が連動して損するときはでかく損するような気がする。株が上がって為替が有利になるなら二倍もうかるけど、逆だってあるじゃん。

アナリストデータの裏を読め!―インターネットで有望株が見つかる

飽きてきたので最後。アナリストって当たんないらしいよ。だからその裏を読めと。天気予報が外れたとき、誰も謝らないからなあ。天気予報で結構頭にくるのにアナリストの予想が外れたら怒り心頭ですよ。そんなつまらないことで頭にくるくらいなら、かぶなどはじめからやらぬが吉。