塩ビとカーボンとガラス繊維

熱が大量に必要。
雄型もしくは雌型が必要で本体よりも大きくなる。
有機溶剤と体に優しくないカーボンかガラス繊維のシートに触らなければならない。
真空引きと雌型。

カーボンの場合さらに熱で固めるので窯が必要になります。自転車用の小物くらいならなんとか作れそうですが普段邪魔。

東京大学フォーミュラファクトリー – カーボン用窯製作

K.I.T. エコランプロジェクト 活動日記 窯の準備

www.reimei.ac.jp/kougakubu2/katudouniki200504.htm

塩ビシートを曲げるのは、ヒートガンくらいでどうにかなりませんか。

塩ビ溶接のヒートガンについて – DIY(日曜大工) – 教えて!goo

インパルスシーラーのトップメーカー:富士インパルス


塩ビ溶接機なるものがこの世に存在するらしい。