和の意匠

風呂敷良いなあ。本が沢山つつめる。
◆美術美術とかアートとか嫌い。なんかこう、誉める人の誉め方がうるさいんだもん。理屈こねるのが。まあ、昔美大を落ちた過去があるからたんなる逆恨みなんですけど。自分でも良くわからないんですが、芸術美術が好きなんじゃないらしい。芸術にも、僕の好きなのと嫌いなものがある、好きなものが好きなだけみたい。嫌いなものは、ヘンな内装の喫茶店とか、カントリー風の建物とか。別荘地でヨーロッパ風の建物を立てる田舎ものが嫌い。
ゴスロリとか微妙ですね。かわいくない子がやってると強制退去させたい。宇宙に。近~現代は苦手ですねえ。なんかねえ。あんまりぃいいたくないけど。
バブルの頃に建築家が無理繰り立てた高層ビルとか醜悪だねえ。あとねえ、品の無い骨董品。田舎の成金が掴まされた掛け軸とか。
ものとしては嫌いだけど、カスを掴ませた骨董屋の仕事が素敵だと思う。

●和の意匠
生まれ育った環境なのか、和服を着る人が身近にいまして。
海外のテキスタルデザインとかいくら見てもいいとは思わんのですが、
和服の柄だとか和の意匠が意外に好きだったりします。
尾形光琳とか、狩野派とか、ああゆうのが実は好き。

んで、あるとき光琳の屏風を見に行った。
美術館にはヨーロッパで習った昭和の洋画家の作品もあったけど、なんだか微妙。
そのすごさが分からないという観察者の技量不足も問題は置いといて、
フランスの田舎の風景とか、分かりにくいのねん。よさが。
「兼高かおる世界の旅」を見る以前の日本人にはすごいもんだったのかもしれんけど。
今見ると、別にぃ~。光琳分かりやすい。ぶっとんでるもん。

美術館であと面白かったのは、抽象画の人。
カンジンスキーのなんだか分からないやつはよいね。
なんだかわからない具合が最高。
●つきつめてゆくと
真っ当なものが好きなだけらしい。
目の前にある湯のみでもボールペンでも、考えて作ってんだから。
買いやすいところで家具かな。
今月の室内

特集、老舗家具メーカー・マルニと飛騨産業
名前見て萌え。

「エンジン2」★☆俺の予測は当った

主人公がラリーに参戦するのは予測してたぜ。
ロードからラリーに参戦するドライバーはそういないけどさ。

チーム何とかの女子マネージャー役は本来深津絵里だろうとおもってたら、
来週からのドラマで深津絵里はでるんだ。じゃあ、「エンジン」でらんないわ。

あとねえ、これ重要だと思うんだけど、レースクイーンは美しくない。
みんな美脚とかムネとか髪型にだまされてると思うなああれ。
美人は少ない世界っぽいぞ。

◆メカ
リアのウイングが落ちたくらいでスピンするなよと思う。
ついでにいうと、リアのウイングが落ちて負けるってないよなあ。
ネジはスプリングワッシャが入ってたけど、走行中にゆるめば振動で分かるって。

レースマシーンだからエンジンブローとかのが説得力あるけど、
一般客むけにはブローだと分かりにくいからリアウイング飛ばしにしたんだろう。
でもさあ、むしろあれのほうが起こり難いとおもいますよ。

ネジで止める前に、ネジが無くても固定できる構造にするだろうし。
あの細い、M6くらいのネジで留まるパーツに負荷はかけないだろうし。
そのあたりはまあ、女性脚本家ですから拘らないのでしょう。

だいたいがさあ、最後にトヨタのランクルがでてきたけど、
あれでいま勝てるレースは無かろうって。スポンサーにこびてんねえ。

それでですね、「エンジン2」は世界を股にかけてWRCで転戦する話しなの。
やっぱりスバルがスポンサードで、シティボーイズのきたろうさんとかが主役がいいなあ。
もしくはジロデイタリアかツールドフランスの話し。
べつに森君のバイク奮闘記でもいいよ。

リートフェルトの椅子 レッドアンドブルー


オランダは自転車王国だ。
オランダの風景をながめていると、自転車ばっかり走っている。

駐車スペースも自転車向け。市街地の道路は街路樹を縦に配置。
街路樹と同一線上に駐車スペースを作り駐車スペースの外に歩道、
内側に車道と自転車の走行車線を備えている。
はみ出す車が無いから自転車も快調に飛ばせるみたい。
M5もChallengeもオプティマもオランダの自転車メーカーだね。

あの道路配置は合理的。
車歩道分離もできないダメ行政のとある国からみるとうらやましい。
非産油国の若者がリッター5kmしか走らない輸入アメ車に乗る風景より、
小型車を並べてチャリで暮らすオランダ人のほうがえらいなあと思う。

さて本題。
TBSの世界遺産をみた。リートフェルトの作った不倫相手の家が出てきて。
ええっと、シュレーテル邸ってんですか?愛人の家。
ウチの近所にも某お妾さんの家があるんですけど、あれなあ、世界遺産?

それで、リートフェルトの作った家なんだけれど、見たら欲しいね。
いいなあ。簡単な作りで。
オランダ人って、モノの考え方が合理的なんですかね?
工芸品は凝るよね。

◆ユニバーサル・ソルジャー・デザイン
北欧諸国は隣りの大国ソ連と戦争を繰り返してまして
大勢負傷した兵士をかかえてしまったそうな。
彼らのために使いやすいものを作ったのがユニバーサルデザインのはしりだそうな
あのあたりの国は、モノには凝る体質みたい。

石とレンガの文化だから、物持ちが良いんだろうし。
オランダくらい高緯度になると、モノが腐らないんだと思う。
少なくとも、やっすいカラーボックスが湿気で腐る気候ではないよね。

日本のように三ヶ月で陳腐化するものではなく5年10年とつかえるものを買うから、
自ずとモノの考え方も変化して、家具でもなんでも面白いものをつくれんだろうなあ。

リートフェルト自体がどうえらいのかぜんぜん分からないけれど、あの家は欲しいぞ。
光ファイバーと本棚は追加しますけど。

赤西君はこれを持っていけ!

普段ドラマは見ません。
見ていないかわりに、見ていた人に結末を聞くのが好きです。
映画も大体の筋の流れを他人に聞いたほうが面白い。
ということで、anegoも見ていませんが。

これ必要。

砂漠で使うなら、ルトランドのほうが丈夫かもな。

ドラマは見ないけど、サッカーは見た。
弱いチームがカナリアの胸を借りに行くのかと思いきや、意外に善戦。
前半ブラジルのバックパスを見る限りではボロ負けだと思ったよ。

前回は川口が留めて勝った試合だったけど、
今回はフォワードが入れた同点にした試合だった。

エンジン見た

「エンジン」は来週最終回だそうな。今週もすごい演出。
風の丘ホームは大変なことになっていて小雪さんが走りまわってダウン。
気の弱いなんとか先生もようやくセリフが増えてきたと思ったら来週で終わり。
彼が主役がいいなあ。ツールドフランスとかジロデイタリア目指す話しとかさ。

ぜったいこれ深津絵里のつもりで書いてるんじゃないのか?とおもえる、
チームマネージャーのいつもスーツのおねえさんは寄りを戻そうとしつつ、
レントゲンも見ずに脱臼と判断。おまえは医者か。あと、脱臼はもう少し痛がれ。

脱臼の原因になったブレーキの調節レバーも、どうなんでしょうねえ。
スピンする前振りで整備する作業員をワンショット入れててたので、
ああ、これぶつけるのかなあと心配してしまいました。

まあ、あそこで人なんか轢いた日には風の丘ホームも復活し様が無いんですけど。
やだなあ、ああゆう演出。

それと、ブレーキのトリック。
走行しはじめに踏んでるんだから、ブレーキ圧を換えられてもわかんだろう。
いっこいっこの場面の説明があんまりちゃんとできてないのが不満。

たぶん、半年置いて「エンジン2」をやるね。
まあ、そのときはあのさえないなんとか先生もジロデイタリアに出るから。