オリンピックを見てしまう

見ない予定だったピョンチャン五輪をなぜか見てしまう。ショートトラックは、昔国体選手と同じリンクですべていたので、どれだけ速いか知ってます。

スキーの複合が面白かった。大回転とショートスラロームを両方滑って時間を競うのだけれど、大回転の選手はショートが苦手で、ショートの選手はスピード感から大回転がそこまで速くない。同じスキー競技ではあるけれど性格の違う種目を両方滑って戦うから名前が「複合」です。

優勝したマルセルヒルシャー選手のショートは圧巻。その動きはまるで剣の達人か。無駄な動きがない。膝の入れ方がすばらしい。

マルセル・ヒルシャーのトレーニング

アルペンレーサー列伝vol.2「マルセル・ヒルシャー」 – SKI BUFF MEMBERS
ああすごい。

回転運動を諦める

連休。風強く外出できず。自転車のワイヤ-調整はせず。昨日友人に誘われて出かけた温泉施設で湯疲れ。体に老廃物が溜まってた感覚。

運動不足がたたって体重が増えすぎ。お腹の肉はエイリアンの幼体1匹分、子猫ぐらいの肉は減ったはずなのに温泉の体重計に乗ると信じられないキログラム。傷ついた乙女心は修復不能で風呂上がりにアイスクリームを食す。

標準体重に比べて二十キロ近く肉が付いているので、道理で膝に違和感があるわけです。この状態でスキーに出かけてもつらいし、ましてつくばみらいのジャンプ台なぞ飛んだ日には膝がどうなるか。そこで自転車に乗って運動すべきも、この風では外出する気にならず。

ふつうの自転車っていまなんとういのでしょう?ロード?そういうのは、まあもういいので、こういう立ちこぎを1台調達したい。十五万かあ。スライド式のモデルが二十万なのでずいぶんお安くなってますが、折りたたみ自転車にBBつけたら作れそうに見えるのです。

Learning the Compact Stride of the ElliptiGO Arc – YouTube

Gato Sampler – The Legend of Powerbocking & Jumping Stilts – YouTube

車輪を諦める方法もあり。

自転車のワイヤー4本同時交換

リカンベントのワイヤー交換です。土曜にシフトアウター2本、軽快車用とスポーツ車用のリアブレーキ2本インナー付きを調達。

コンポーネントがスポーツタイプなので交換はカンタン。シフトインナーワイヤーは新品が家に1本しか無くて、前用は後ろ用のワイヤーを外して切って流用しました。インナー1本以外は全部新品で交換。

シフトワイヤーは2メートルのインナーと2メートルのアウターで、ちょっと切って装着。そのうちワイヤーエンドを半田付けするかも。いちおう動く状態にもってきたので気長に調整します。

いろいろガタが来てるのでぼちぼち修繕してゆきます。懸案はクランク。前変速は三速の変速レバーなのですがクランクの都合二枚のみで乗ってます。三枚にすべきか悩み中。

オリンピックのフチに興味あり

映画

毎回見に行くか微妙な。映画自体が娯楽として高く感じるのはなぜ?観るまでにCM見せられるから割高に感じるのかも。

アニメ「クラッシャージョウ」HP http://www.crusher-joe.net/
三月後半に水戸の劇場にかかる。ちょっとみたい。ほかに旧作を高画質で甦らせる企画はボトムズとガンダム00があるけれど、そっちはなぜか興味が無くて自転車に乗る前の太いコロの高千穂遥×安彦良和の見応えのあるアニメ映画です。

もう1本気になる映画はジョンウー。そうハト。
映画『マンハント』公式サイト
観なくても大体ハト。敵の設定が難しい。

ピョンチャンオリンピックのステディカム

観ないつもりだったオリンピックの入場式。ちらっと拝見。ひょうひょうとした動きのステディカム。オペレーターは薄手のジャケットを身につけて、とても身軽な出で立ち。完璧なセッティング。さすがオリンピックレベル。

平昌オリンピックのリカンベント

開会式のライオンキングの人形の下にリカンベント。大八車も居た。CGパートはイマイチよく分らない。自転車もカメラもちょっとしか出てこない。

平壌オリンピックのボディガード

北の妹様についてる厳ついボディガードの連中が劇画みたい。お兄ちゃんがあれだけ側近を処分してたら恨みも買ってるわけで、何時どこでなにされるか分らない。その対策にボディガードを本当にヤクザ劇画みたいに配置してるけど、あれで守りきれるのか?

ああ、でも彼らは攻撃のプロでもあるから、想像出来るかぎりの対策をとってそう。カバンに鉄板なんてあたりまえで、エピペンの注射器もきっともってる。

Flyhill(フライヒル)つくばみらいジャンプスキー場
マットは濡れずに良い。

自転車ワイヤーの交換計画

自転車のブレーキワイヤーが痛んできたのでいい加減交換しないと。いろいろ面倒。まず、普通の自転車よりリカンベントのワイヤーは長いのです。後輪と後ろ変速は長い。いちども交換したことがなかったので果たしてどの程度に長いのか未知数だけれど長いコトだけ確定。

セミリカのリバイブは、ジャイアントが部品調達を見越して一般的な通常品でギリギリ間に合う長さでした。後輪のブレーキもシマノの普通ので届きました。

問題はリカンベント。チョット長い。ブレーキワイヤーもシフト(変速)ワイヤーも、内側と外側があります。インナーとワイヤーと呼んでいます。ケチって痛んだアウターだけ交換する方法もありますが、ブレーキは総取り替えが無難。前オーナーの趣味で、現状ものすごく堅くて丈夫なアウターワイヤーを使っています。これを通常版に変更しましょう。

前のブレーキと変速、後ろのブレーキと変速で4本必要です。前は通常の自転車用で間に合いますが、後ろは通販で取り寄せます。いまは寒いので乗らないし整備するとき寒いので3月になったらやります。交換に3時間ぐらいかかりそう。ワイヤーの微調整もなかなか大変ですから、1日仕事になります。