撮影用外部モニターの自作

あんまり暑いので海に行こうか迷う水曜日。

午前中お裁縫。早々にクーラー部屋に閉じ籠もり、腰に付けるベルトを吟味。アルミ入りベルト、ウレタン入りサポートベルトを組み合わせて昨晩悩みました。最終的に嵩張るウレタン入りは却下。アルミ入ベルトはそのままに腰椎サポートの部品をオリジナルのベストから拝借して完成。

胸前の棒にカバーを装着。3センチ幅くらいのアルミ板に軟質の発泡ウレタンを一巻き、結束バンドで固定して外側に布を巻きます。布は筒状に縫い、上部を胸前のUの字部品の板に挟み込んで完成。胸ベルトを直接アルミに当てるより、多少安定するはずです。

お昼にごま油を追加した袋ラーメンをいただいて、さて、海かなとおもう今年最高に暑い日。

ひさしく水に入っていないのに、いきなり3メートルの波は辛そう。暑さは充分。2時過ぎに大洗に向えば、たしか駐車料金は3時以降タダになるはず。頭の住みに海を望みつつ午後は急に思い立ち小型モニターの取り付け土台の工作をはじめました。


モニターは部品で入手済。USBモバイルバッテリーからの給電で、カメラからのHDMI出力を見ることが出来ます。難点は基盤が剥き出しモニターも裸なので、自分でケースを作らねばなりません。ちょうどよい大きさの箱にいれるのが簡単です。候補は石けん箱。ほかにキャンディーケースとか。本来この画面を繋ぐラズベリーパイという小型パソコンはフリスクの箱に入れたりしてます。

【ラズパイ】簡単にできそうな Raspberry pi ケース作品例 – "Diary" インターネットさんへの恩返し

ボール紙で作ろうと思ったのですが、ステディカムやらグライドカムのオモリの上に載せたいので、まずネジの取付け部分をアルミにします。次に問題となるのが画面の向きで、こちらをうまく変化させるためにわざわざジンバルマウントを使います。コの字に曲げたアルミ板をふたつ組み合わせて液晶の向きが変らぬようにするのです。こうすることで向きを変えてもモニターの重心は変化せず、バランスを取り直さずに済みます。

フォーク部分はそのへんにあった幅25と15ミリメートルぐらいのアルマイトを使います。曲げる前に穴をあけ、角を落して3ミリの穴を開けます。出来あがたっラリベットを耳軸受けとして打ち込みます。

土台はいいものがなかっでのでカマボコ板みたいな端材を液晶画面の大きさに切り出します。オソヨーのモニター背面にあるHDMI、音声出力のスピーカーらしきもの、端子の出張る分をカマボコ板に開けた穴と溝で吸収してすこしでも薄く軽くしました。

色を塗る時間を惜しんで今回は布張りです。全部アルミで作ろうとすると無理。結局取付けは基盤の空いた部分を両面テープでカマボコ板にはる方法としました。

途中、あまりの暑さに二時間ほどダウンして休憩しています。作業時間は全部合わせると4時間ぐらい。コノ字の部品は外側ではなく、内側から作るとサイズ合わせが上手く行くはずです。私は逆に外側から作ったので、ジンバルフォークの大きさ合わせに苦労しました。

深夜のお裁縫

お裁縫をしようと思っていました。いちおう、米軍の謎迷彩のベルトカバーの中に、リベットで蝶番を打ち込んで3分割したアルミ板を仕込んで、そこにパイロットベストの縦の棒を装着。夕方から深夜にかけて細切れに作業しまして、内訳を以下に記します。

ニッパーでリベットの足をカット。
握力を使い切り手が痛くなる。一度でも叩いたアルミは堅い。
アルミ板にヤスリがけ。角の面取りと断裁面のバリ取り。

ベルトカバーのウレタンを一度抜いてしまったので、縁取りを外して入れ直し。
アルミ板に布を巻いてベルトカバーに挿入。フチの縫い直し。

アルミ板と4箇所のボルトを止めるため、2箇所、本体に貫通穴をナイフで開ける。
内視鏡手術のように、布と厚手の発泡ウレタン越しにネジを差し込む作業。嫌いじゃない。

作業完了。

体に取付けてみて様子見。前方向の負担が大きく、ぜんぜん楽じゃあない。
そこで、チェストリグと腰ベルトを紐で繋ぐと、まあまあ快適に改良されました。

いま悩んでいるのはチェストリグと腰ベルトを上手く繋ぐ方法。

設計上敢えて外したパーツのはずですが、使って楽なら繋いでしまえ。

改良型ベスト

アルミの板を腰のベルトカバーの中にいれて装着しています。ステディカムのパイロット用ベストを着用しつつパソコン入力を続けて三時間ほど経ちました。10センチ幅のアルミ板を腰の前の部分を覆うように取付けます。これで安定度が段違い。板はゆるく曲げて私のお腹の曲面に合わせてあるので他の誰かと互換しません。

やはり、胸ベルトを着けると辛い。オリジナルはベルクロで外しにくいので、カラビナ付きのベルトと交換して撮影以外のときはベルトを外して楽に過ごせるようにしました。これだけでだいぶ楽。

肩のチェストパッドは中のお風呂マットみたいな分厚いウレタンを抜いて、五ミリのサンペルカをいれてあります。肩の部分の厚味を減らしたら、胸前のマジンガーの赤い部品にあたるV字の居心地が悪くなりました。そこで、先日手に入れた赤ちゃん用の枕を肩の部分に差し込みます。

枕はNASA開発の特殊ゴムでできており、スペースシャトル時代の寝具につかわれたと言われています。馬蹄形でノートサイズ。いろいろ検討した結果、ハサミで真っ二つに切ることに。切ったらそのままチェストリグの糸を切って口開けた、ロゴの真下の位置から差し込んで棒を突っ込んで先端に押込みます。たったこれだけ、いままでしっくりと来なかったマジンガーとチェストリグが簡単に取り付くようになりました。

ことベストに関しては私が小手先でいじくり回しても悪化するだけ。ましては自作もできそうにありません。改修で進めてゆきます。いちおう、体に合わせることが出来ましたので、このまま可搬性を上げる改良を加えてゆきます。

黄門祭り2017

お裁縫をしかけたら電話で黄門祭り誘われました。

午後、熱くて布を触るのにうんざりしていたので、誘いに乗って水戸駅から歩いて上市へ。途中古書籍「とらや」に寄りたくなるも同行者の手前我慢。御神輿が沢山。歩行者天国で道路を歩けます。ロボッツの選手なのか、デカイ人がいました。ちなみにロボッツのスポンサーはサイバーダイン社で、ダイソンさん件は残念だったとお伝え下さい。

あんまり暑かったので芸術館の喫茶コーナーで涼み、出直し。抹茶ラテをいただきました。お祭りはいつものかんじ。水戸二高生のダンスがヒップホップ。そうね創作ダンスではないのね。時代の流れ。彼女たちを狙うカメラオジサンたちは沢山いて、みなさん高そうなレンズを装着。

私はふつうに一眼のバッテリーを切らしていたので、今日は適当にコンデジを使って山車を撮ったり。

先輩カメラオジサンの撮影をみていると、長く伸びる望遠で望遠圧縮効果を狙って遠くから撮影していました。ふだん車で走ってしまうので気にしていませんでしたが、郵便局のところから南町三丁目にかけて、道路が弓なりの坂であることを知りました。

水戸にこんなに人がいたことに驚きながら帰宅。

一年は早い

一日が早く、一年があっという間に過ぎるのは、出来事に慣れて心の躍る回数が減るからではなかろうか。

こどもの時は見たことのない物ばかりだっが、いまはだいたい知っていることばかり。自分の守備範囲に閉じ籠もれば、新線な風を感じることもなく日常はやり過ごせます。

お裁縫が残っていて、いま足下に10センチばかり縫い物の材料あり。パソコンデスクに裁縫箱がありますからいますぐ出来るけれど、夜ですし、日の光で作業するので明日に順延とします。熱くなるとできなくなるので、起き抜けに針仕事の予定。