頭のなかのグラビア

自分が大人になったなあと思う。情報を整理する能力は上がってます。状況を解釈して自分なりに理解することもできるようになりました。高校時代にこの能力をもっていたら、もうちょっと勉強したかもしれないけれど、高校生とのわたしといまのワタクシの違いは単純に知識量で、その知識は平成に入ってから発刊された本に得ておりますので昭和のときのわたしは、いまのワタクシと同じになることはきっとありません。

情報の整理は解釈で解釈とは、分解能力だと考えています。レンズで映せる細かさ。液晶の細密度合い。いかに細かい一点が表現できるかが、理解力ではないか。理解力とはいかに細かく説明が付けられるかが要で、ワタクシの場合は言葉を優先しております。

人によっては感覚だったり基準はそれぞれ。映像で解釈する人も居れば絵で理解したり図でどうにかするのでしょうけど、ワタクシは言葉です。言葉が基本にあり、そのうえに何かを載せていきます。だから言葉でハッキリしていないと他の表現手段に変えたときにボンヤリしてしまい、言葉さえハッキリしていれば、たとえば図に書き換えてもその図はハッキリとしています。最初から絵図で考えている人もいらっしゃるのでしょう。

自分の頭のちょっと上のところから俯瞰して自分が見えるような人は、冷静な大人なのだとおもいます。子供の時にこの感覚はなかった。

いまは、正確に書くと、出来事は映像で脳内で再生してます。映像は数秒とものすごく短いです。そこに言葉がつきます。言葉は心の声で明快ではなく、グラビアのポエムのように標準以下のちいさなポイントで指定されているので、読もうと思わないと読めません。

そうか、ワタクシの頭の中はグラビアで出来ているのか。

あなたに似た人

駐車場の自分の車と、手前の白いスズキの軽自動車がそっくりでした。

軽自動車にはエンジンのピストン容量が660CC以下。車台の長さと車体の高さに制限があります。そこで各社とも、制限の中で工夫を凝らして軽自動車を作ることになります。

工夫すれば各社各様の違う姿になるとは思いませんか?

背の高い軽自動車はスズキが作ってもダイハツが作っても似たような見た目となります。

材料も鉄だし開発もパソコンのなかで洗練されて極めて合理的な造形を進めると、メーカーの差など関係ないのだな、それならもう全自動車メーカーが同じ部品で同じデザインの車を作れば30万円くらいでダイハツミラくらい作れるのではないかと考えるくらい、手前の白いスズキと、奥の私の愛車が色が違えどあまりにも似ていていて、愛車に近づいて鍵を差し込もうとしてはじめて気が付きました。

それは知らない誰かのスズキの軽だったのです。数学的に正しい形どころか、同じ車種だった、似るわけです。

姑式鉄砲考証

微妙な違和感を感じます。

ふつうに生きていると何とも思わないことも、気になるとその考えにとらわれてしまいます。

大判の画像を眺めながらそこはかとない不自然さを感じました。

そうは言ってもわたくしはマンガ原稿をチェックする校閲を志したこともございませんし、絵に大してなにか発言するほどの審美眼もなく、それでもなんだか変に思うのです。心のざわめきと申しましょうか。失礼を承知でざわざわの原因を検証してみました。

飛び道具なので遠くから狙われてると仮定します。

(1)は、引き金の用心鉄の位置。コルトの自動式を水平に構えたときに用心鉄(トリガーガード)も水平となりますか、遠距離から見ているならば指の前にトリガーガードが被りません、「銃を上から見ている」としましょう。

仮に、銃を上から見ているならば(2)の照星(フロントサイト)だけが見えていることが理にかないません。照門が見えないならば、カメラは銃口より下の高さから仰ぎ見ていることになります。

はて一体どの高さにカメラを置いてどのくらいの距離で撮影したことにしているのかが分らなくなりました。

心の清い「花とゆめ」読者におかれましては気になさらないことも、妙に気になる。

資料写真を作るときに銃だけ撮影して手を書き足しているのでしょうか。もし、アシスタントに構えさせて写真をとったら、きっと握っている右の親指の位置もうすこし下がるはずです。このままですと親指の位置が高すぎて、スライドが下がりません。果たして手が大きいとああなるのでしょうか。

追記 あんまり気になったので、家にあるオモチャで確かめました。自分で手で持ってスケッチするとあんなかんじにみえます。つまり、手で払えるくらい至近距離で銃を向けられたならば、構図は正しい

(3)で絵の資料がエアソフトガンだと分ります。銃口の中に真鍮色のインナーバレルが見えます。こういう構造になるのは、たとえばマルイのコルトガバメントを正面からみるとこうなります。

もしかすると、ものすごく近い距離から狙われてるのかもしれません。そのときはこういう風に見えるのかもしれない。インナーバレルに見える真鍮色のリングも絵の整合性を優先して書いたなにかの演出か。.22LRのコンバージョンバレルを備えた小口径モデルなら、あの銃口の太さになるのかもしれませんね。

コルト ガバメント & 380ガバメント(タナカ)・・・か~くん Toy Gun Museum

マンガの中身も「さばげぶっ」「ステラ女学院高等科C3部」「青春×機関銃」ならこれが正解。

花とゆめですから、銃器考証はだれもやらなそう。昨日テレビで見た講談社はきっと修正してきます。知らないけど。銃器に専門の担当がいらっしゃる「さいとうたかおプロダクション」だったり、ウエブリーの中折れを描くのに専従の作画監督を置いた名探偵ホームズのときのテレコムみたいな手間はかけるほうがオカシイのでして。

銃器考証は、ガンマニアおじさんを捕まえて尋ねると必要のないことばかり数時間解説してきますのでおすすめできません。鏡の前で写真を撮ってトレスするほうが、指の位置に悩む手間がなくなってよろしいかと存じます。

伊朗列装20毫米恐怖大狙 肩扛式发射专打武直机_高清图集_新浪网
最新の大口径ライフルは、銃身を最大限伸ばした結果片に載せるバズーカ式になりました。時代が変ると正解も変ります。

「浦沢直樹の漫勉」4期は清水玲子、伊藤潤二、山本直樹、ながやす巧が登場 – コミックナタリー

女流マンガ家の苦労

花粉症が理由とは思わないが、内蔵に負担がかかっています。先週肉を食べ過ぎて、暴飲暴食で体が痛んでます。運動をするには寒く花粉が飛んでいて、休日家で読書をするくらいしかやることはなくて、でたらめなラインナップを読んでます。

ロケット彗星

チャンネル権がない実家でテレビをみてたら、急に秋水。水泳選手の爺さんが現場に居たそうな。

悲劇のロケット戦闘機「秋水」

ドイツのメッサーシュミット163のコピー。三菱のは飛んでて、日立系列で量産して使うために土浦の航空隊に800人、秋水要員を置いたそうです。だれがいつどうやって作るつもりだったのでしょう。柏、あと百里基地に遺構が残ってるとか。かわいい全翼機。

陸軍も海軍も航空隊は飛行機がないのに人ばかり居ました。

北朝鮮の脅威

ところで北朝鮮のミサイルはどうなんでしょう。イージス艦で落とせなくなってきました。移動式発射台で固体燃料ロケット。小型の核弾頭と組み合わせればなかなかの脅威です。ただ、かの国は国体の維持が目的でそう簡単に使っては来ないでしょう。軍部が暴走したり床屋が刈り上げに失敗したらどうなるか分りませんが、どうせ飛んでくるのは岩国あたりの米軍基地なので、うちのほうには来ないといいなあ。

九段の防衛庁近くにパトリオットが置いてあるような記憶がありますけれど、あれは近くにあると安心ではなく、都内でどっちに向けて撃っても民家に破片が落ちますので、落ちた際の補償がどうなるのか知りたいです。湾岸戦争のとき、パトリオットが落ちて民家を壊してたニュース映像を覚えています。

連赤

あとBS朝日で元連合赤軍の少年が大人になってテレビ初出演。10分ほどみて、納得したのでお終い。若い世代が興味津々とかいいつつ漫画「RED」が出てきて、もういいやと。

そのあと講談社に外国人がやってきて漫画編集部を見学するのをなにかの番組で見ました。

女流マンガ家の苦労

女の子の顔をワンカットよりで描いたとき、その表情が気にくわないという講談社の編集と、女流マンガ家と構成作家対立が放映されています。どうも男性向けの雑誌編集部で、編集者の押しが強いこと。

ハレ婚

女心が分らなくても押しが強ければ講談社に入れるので、あたまのいい大学生はみんな目指そう講談社。あの編集がどういう根拠であのカットのあの表情をダメだししたのか、その根拠が知りたいものです。

あのやり方では、創作側の気力が削がれて漫画雑誌自体の勢いが削がれるのではないでしょうか。いらない心配?佐藤秀峰先生のように自前で売るマンガ家が出てくるのは、インターネットで売りやすいからというよりは、あのめんどくさい編集と関わらずに済むからなのかもしれません。松苗あけみ先生も男の少女漫画編集者が居る雑誌は男が理想を描かせたがると指摘されてましたし。

satoshuho | Web漫画 Webコミック 無料で漫画読み放題 漫画onWeb

マンガ家の先生たちはどんどん自前で稼げるようにして、都心から離れてほしいものです。北から戦術核ミサイルが間違って飛んできて、市ヶ谷あたりに落ちたら神田も影響が大きく、あのへんに固まってる出版社全般が活動停止になると困ります。

出版界は今後ますますのご発展をお祈りしております。先月買った新書の紙にこまかい再生紙なのか半ミリほどのゴミがいくらか混入してます。日本の国力が落ちて紙原料の取り合いに負けたのか再生紙を積極的に使っているからなら、紙の本を作っている出版社の未来はちょっく暗く感じます。私はもうしばらく紙買うけどさ。

向かない職業

胃が痛い理由が判明しました。寒い場所でご飯を食べたから。

ネズミのしっぽをペーパークリップで挟んでエサを出すと、痛みがストレスとなり大食いになります。寒い環境で食事を摂ると必要以上に食べて、胃に負担が掛りストレスでさらに大食いになり、そして現状。口内炎ができました。たしか昨年末も体調の悪いときがあり、やはりそのときも寒い場所で食事を摂ってました。

不必要にストレスを拾うことがあるので、厄介です。酒煙草でストレス発散することもありませんので、高負荷のストレスが掛る仕事は無理だなと思います。

向き不向きでいえば接客は無理でしょう。書類を整理するとか、単純な作業は耐性があり、やってみると平気なことが分りました。

いまだに慣れないのは車の運転です。訳の分らない他人に遭遇する確率が高いから苦手です。

車の運転でいえば、免許をとってわたくしもう二十年ほどになるのですがFF(前輪駆動)の理屈が分かりかけてきました。ステアリングを切りながら前輪を駆動させて曲がることが、20年目にしてようやく理解できました。理解は出来たので、次はその最適値を見つけるつもりです。ステアリングを切ってから駆動させていたのですが、駆動しながら曲げないと車体がうまく動かないのです。

わたくしが自動車を運転して、だれか他人を同乗してもらったと、おそらく免許をもった同乗者が感じる違和感は曲がり方だと思うので、少し気をつけて運転するつもりです。うまく曲がれるようになると、タイヤの減り方が緩やかになると期待しつつ。