相撲と暴力

相撲協会の対応が悪いと思う。診断書の診断結果が軽微である、だから事態を収めましょうという態度が如実に出ており、中継権を持っている某放送局もその流れに沿って報道している。また横綱も「ビール瓶では殴ってないよ」とカメラの前で答えていますが。

いちばんやっては行けない反応だと思いませんか?

殴ったけれど、たいしたことじゃないとしたい相撲協会は、はるまふじ悪くないぜ!キャンペーンを張っていますけれど、事態は刑事事件になっています。はたして警察がこのまま見逃すかどうか。警察と相撲協会は仲良しであったとしても、暴行事件ですからこのまま貴乃花側が矛を収めるとは思えません。

CTの診断結果で頭蓋骨のひびが癒着したことを指摘してました。昔病院で頭蓋骨のレントゲン写真をとったとき、ヒビが入った写真が病室の奥に貼ってありました。それが私のものなのか、はたまた別人のものなのか当時小学生だった私は怖くて聞けません。

ロープから落ちるついでにボルトの頭を後頭部にぶつけたことがあり、あのときの事故頭蓋骨にヒビが入って、それで私の頭蓋骨にヒビが入ったと思うといろいろ腑に落ちます。

パンケーキをいただく

朝ご飯を食べる生活に戻しました。寒いから。体調はいまのところ良好。昨日は油を摂取しすぎたようで、本日は乳製品を控えました。

昨日はお休みで、パンケーキを食べに行きました。おじさん二人でツラ付き合わせて何してるんだろうと思う。でてきたパンケーキは大きくて、それ自体味がない。小麦粉の味はあまり感じられなくてしっとり感ばかり強調され、添え物の蜂蜜の味でいただきました。たべながら、何かこう表面のこんがり感と中心部の歯ごたえの無さはどこかでであったことがあるなあと思いながら完食。

帰り道、なにに似ているのか考えていると、わかりました。すき焼きに入ってる焼き豆腐です。それ自体味が無くて表面は堅くて、中心は歯ごたえがなくてつるんとしてる。

大洗のキップを買う

日曜日の大洗あんこう祭は、よく考えるとそんなに行く理由がございません。行かない理由もないから行きますけど、行って身の置き場に困って蕎麦屋で皿洗い係になりそう。

大洗までの移動は余裕で自転車。先月85キロ、今月75キロとイベントで走りまくっているので、いまさら大洗までの12キロは、なんなら三十分で付きます。時速24キロ巡航は無理かあ。駅まで10キロぐらいならなんとか。

去年はたしか、大洗臨海鹿島線の輸送限界を超えて水戸からマラソン大会になっていましたけれど、今年もあるのでしょうか、マラソン大会。

友人は「みどりの窓口」で日曜日のキップを買ってて、準備万端です。むろん彼も皿洗い要員の予定です。

できれば補給部隊で

北朝鮮軍の兵士が亡命すれど撃たれて危篤。四駆で国境を越えようとして側溝にタイヤを落して、生身で走りきったけれど五発食らったらしい。距離が分らないけれど追いかけられてるときにフルオートで40発食らったら五発ぐらいは当たりますね。

仮に上手い具合に車を奪って韓国側に移動出来たとして、今度は韓国軍側から撃たれますから、どちらにしても撃たれます。国境警備隊の兵士は忠誠心が高いエリートだそうで、もし私が北の軍にいたら絶対配属されなそうな最前線です。

てっきり、撃たれたふりをして韓国側に紛れ込む高度なスパイ活動かと思いましたけれど、そういうわけではなくて普通に亡命。これがうまくいってもいかなくても、故郷に残した家族は収容所送り決定ですから罪な話です。北としては生きていられると困りますから必死ですね。今回の「不手際」で何人ぐらい粛正されるのでしょう。

亡命兵士を採用し人たちはいまごろびくびくしていると思います。うまく打ち倒した兵隊さんの武勲は、現金でしょうかはたまた食糧の現物支給でしょうか。

いちおう韓国側で倒れていたため、韓国軍が助けましたけれど、いやですね。そんなの。太助に行けと命令されるのがまず嫌。こっち側だから撃たれないと分っていても、ぜったい狙ってるでしょうし。きっと韓国軍で徴兵されても私はその最前線にはいられないと思うので、できれば補給部隊で道具の整備とか頑張ります。

家屋の解体と百貨店の撤退

近所の空き家が次々と解体中。固定資産税を6倍にして、どんどん壊させる作戦がたしか4月からはじまり、払うお金を惜しんで大家の皆様がぶっ壊しております。本当に所有者自身が壊している現場もあり、プロにしては手際が悪くいつまで経っても半壊のまま残っている建物を見つけました。2階建て木造モルタル。重機なら3日で倒せるのですが、一ヶ月ほどずっと壊し続けています。解体した木材はトラックに積んで水戸市小吹の処理場に降ろしているのでしょう。私も以前物置を解体したときに1度運んだことがあります。

解体した跡地のおよそ半分はそのまま空き地になります。もう半分の立地がよい場所は地鎮祭が行われて謎の住宅看板が立ちます。ただ、どこの現場でも家が建っているのは見て無ません。なもので、空き地ばかりが増えてます。

衝撃的だったのは水戸駅北口から徒歩三分ほどの銀杏坂の雑居ビルの解体です。郵便局側にある狭い土地に建てたビルのひとつが破砕されてました。駅近くで場所は悪くないように思いますが、水戸駅自体がはんぶん息してない状態で、北口と南口なら南口のほうが元気です。私が子供の頃は北口は大人の世界でした。

ダイエー、西武系の西友が撤退し、県庁移転がとどめを刺しました。人の流れは変ってしまい、丸井の売上げがピーク時の1/6まで落ちたそうです。そして丸井も水戸から手を引く。

百貨店の洋服に乗っていたお金がものすごく法外だったのでしょう。私は水戸の丸井で洋服を買うようなオシャレな人ではありません。「まるい」と書くと「東京マルイ」と変換されるくらいですから、水戸丸井には用事が無くて、本屋でなにか買ったような記憶もないしその気になれば入店回数を数えられるくらい縁のないお店でした。あたらしくなにか作るにしても人の流れを作らねばなりません。水戸のナンバースクールといくつかの私立高校があって、たしかに企業の本社も多くて人はいますけれど、居心地がいいとは思えませんからこの先商業施設ができて発展するような予感がこれっぽっちもありません。もうこれは宇都宮にならって路面電車でも弾き直すしかなさそうです。