厄介ごとをどこまで引き受けるか。

ブログが話題だそうです。気がつかなくってさ。使用頻度を単純に比べたら、そりゃブログのほうが楽だろう。ホームページを自分で作るよりもらくだからね。

サーバーを借りて自分でムーバブルタイプを走らせる、というのは、全体の何割くらいだろうか。きっと少ないと思うね。最初からブログ出始める人のほうが多いのでしょう、今は。

楽天、ココログ、はてダなど、無料のサイトがたくさんありますから、わざわざページを立ち上げようなんて思わなくても十分可能なんでしょうね。

どっちがいいのかってのはわからんのですが、僕は自分が今まで作ってきたとおり、HTMLで書いていくほうが楽です。データベースにでもしない限りは、この地味な手法で続けていくんだと思います。

やや忙しき日々

今日の発送はお休み。本をいじりながら、読まないとまずい本がたくさん増えたことに気がつく。読む速度はそう早くない。普通よりやや早い程度である。

中学生の国語の問題とかみると、ほとんど呼んでいないことに気がつく。ページを文字でとらえていない。行ですらなくて、面として把握しているようだ。読むというより眺めて答えを引き出す感覚である。

だから、横で現役中学生がといているのを見ると遅く感じる。そりゃそうだ、読み飛ばしている冊数が違うもん。

夕方でかける際、よく前を車でとおる塾がある。地味に生徒を集めてるなかなか手堅い塾である。その横のテナントが開いていた。何かやってるなと覗くと、古本屋をはじめるらしい。造り付けの本棚を搬入して、店主らしきおじさんが中で本と格闘していた。

あの人は組合に入っているのだろうか。

古書組合に入っている本格派に対して、アマチュアであるぼくは気が引けてしまい、いまだに組合への参入方法を直接聞いていない。地元の組合に問い合わせりゃすむ話なのだ。あとはお金をためて、バイトもやめて、専業になろう。それが条件らしい。

お見舞い

学生時代の友人のS先生のお見舞いに出かけた。決定したのは前日ZEN1A氏とチャットをしているときだったので、夜中。計画性のなさなのか、実行力なのか、適当に判断してください。

早起きして発送二通をゆうゆう窓口に出して、バスに乗っていざ東京へ。女性運転手の高速バスでした。運転がソフト。高速バス、ときどき腕の悪いドライバーにあたるので注意が必要。

高速を降りて上のに向かうのですが、駒方橋で橋脚工事のための足場を組む準備なのか、車線減員してまして、渋滞。昼間都内を運転なんてするもんじゃないなあと高みの見物。

上野で降りるのも面倒なので、東京駅まで乗ってしまったところ、今度はミツコシに入るクルマで渋滞。つくづく過密してるなあと感じました。

地下街でカレーを食べて、すぐに中央線、小田急と乗り継ぎ新百合ヶ丘へ。早目についたのでケーキなんか食べて、待ち合わせの時間前にでると、すでにSENIA氏到着。バスに乗って大学病院へ向かいました。

病院についてすぐ、S先生の所在を確認し病室へ。何の連絡もないままきたので、最初誰だかわからなかったようです。しばらく雑談したりなんだりし、いちおう元気なS先生の近況がわかったのでまたバスで新百合ヶ丘に戻りました。

町田近いのね。

ということで。BO町中店へ。なるほど、プロっぽい人もいますねえ。僕はあんまり買わずにしれっと、自分用にふるい車の本を買い込んで終了です。あれだけ本の質がそろうなら、毎日通う人もいるかもしれませんね。

結局、クルマとスキーの本を読みながら帰宅しました。
妙な週明けです。

波高し

午前中2時間ほど海で泳ぐ。
波の威力がでかくて乗り放題。でもきっと、これで死んじゃう人が出るだろうなあと思う。
帰宅後ニュースを聞くと関東だけでも4人やられたそうだ。

昼に波の向きが変わってきたので撤収。
帰宅後ややまだ暴れたりないので、自転車でサイクリング。
帰宅後走行距離を見たら80kmでした。
一人バイアスロン。
偽スポーツマンとしてはがんばってみた。

31日の日記

本屋さんはとても平穏です。
反対に、夜のお仕事がやや大変になりました。
端的にいうと、頭の悪い中学生が素行が悪かったので説教してます。

頭が悪いので、きっとわからないでしょうね。15年前の自分がそうだったように。
もう説教する年になっちまったんだねえ。

頭に着たので、ビールを飲んで大藪の「黒豹の鎮魂歌(レクイエム)」第一部を読み始めました。
暑さで頭が煮えているときには、ドライな文体の大藪が心地よく感じます。

皆さん熱で頭に来ているので、適当にやり過ごしましょう。
この数日車の運転のおかしな人とか、事故をよく見かけます。
昨日が満月だったことも関係あるのかもしれませんね。