走るしかない

若いときから上岡龍太郎師匠にシンパシーを感じてました。あのヘリクツぐあいと偏屈な感じのところ。 若いときには一…