めぞん一刻はよかった

高橋留美子原作の漫画「めぞん一刻」の実写版を見ました。

製作は「釣りバカ日誌」「ゲゲゲの・ウエンツ・鬼太郎」でおなじみの本木監督。
松竹出身のベテランです。

画面がテレビサイズなのに映画の表現手法を多様。
カットごとに俳優に演技をさせていたので、撮影が大変だったと思います。
私が褒めても何の説得力もないんだけど描写がきれいでした。

企画を出した人が同世代で、どうしても作りたかったんだろうなあ。

もう続編を作る予定で、三鷹さんが沢村一樹に決まってました。
あの役は松岡修三か石黒賢だと勝手に思っていたのですが、
松岡では熱すぎるし、石黒では不倫カップルにしか見えないナー。

しかも石黒賢は元五代君だし。

東映版は石原真理子主演で怖い。

工作好き