理想の3DCADソフトウエア

いくつかの立体造形ソフトは使いにくいのでいつも数分で挫折します。

二つの筒を直交させて、真ん中をくりぬきたかったのですが、DesignSpark Mechanicalでは2本目の筒がうまく作れませんでした。1本目は二重の円を描いて内部の丸を抜いて、ドーナツ部分を選択して高さを増やせました。二個目はどういうわけか同じ操作ができず。たぶん私の操作ミスなのですが、設定項目が多くどこの手順がなにに繋がっているのか見失います。

Autodesk 123Dのほうは筒すら描けず。

http://www.3dtin.com/は、筒を描けました。二つ思うように回転もできました。繋いだ部分に穴を空けたかったのですけれど、そういう機能は見つからず。直感的に使えるので可能性があるのはこれくらいかも。

項目がすくないほうがまだなんとかなる印象です。立体物を仮想で作るとき、加工できることとそれを表すアイコンが頭の中で繋がっていないので、使うことすらままなりません。たとえばカッターとかドリルみたいなアイコンがあって立体物に当てるとそのとおり穴があくような仕組みならまだ何とか。旋盤を使ったへら絞りを模した何かにするとか。おそらく3Dマウスが実現されるころにはもうちょっとインターフェイスがかんたんになるのではないかと期待しています。

現状ではCADソフトの習得で躓きます。チュートリアルを見るかぎり、もしかするとSketchUpのほうが取っつきやすいのかもしれません。

昔はMechanicalあたりに執着して使えるように頑張ったのですが、ソフトには相性というものがあり、作った人と私と、頭の中身の構造が似た人が作ったソフトのほうが断然習得の時間が短くなります。だいたいプロ用の高機能のものはあまり相性がよくなくて、単機能とかむしろ機能がたり無いくらいのものとか、子供用の道具のほうが身についたりします。たぶんSketchUpは誰にでも使えるように気の短い人が耐えられるように出来ているように見えますので、今週のうちにためしてみようと思います。

工作好き