ショッピングサイトの自縛

「かき入れ時なのに」――Yahoo!ショッピングリニューアルで不具合続出 – ITmedia Newsショッピングサイトのリニューアルに際しての不具合。
秋口に移行するって言ってたんですが、やっぱり難しかったみたいですね。

随分昔のことですが、“ワイ”のショッピングサイトの管理画面に入ったことがあります。これがものすごく難しい構造でして、当時アマゾンにどっぷり漬かっていた私には難しくて使いこなせませんでした。

見かけだけ直すのだって大変なのに、この秋のリニューアルはCMS化するんだとアナウンスがありました。どうやってやるんだろうと他人事なので楽しみに待っていたのですが、やっぱりどうしてうまく行かなかったようです。

なぜショッピングサイトの移行は難しいのでしょう?

お店の移転なら、テナントさんが在庫を運んでしまえばお仕舞いなのですね。でもネットの世界では簡単ではありません。検索エンジン対策、いわゆるSEO最適化のため古いお店のURLは変えられないんです。

つまり、古いテナントのまま営業は続けつつ、建物だけ取り替えろといっているようなもの。果たしてそんな難しいことが出来るんでしょうか?

ヤフー広報室は「ご迷惑をおかけした店舗には申し訳ない」としながらも、不具合の詳細については「調査中」とし、問題解消の時期は明らかにしていない。経営に打撃を受けた店舗への補償の有無については「今はお答えできない」としている。

損害補償は必須ですね。ショッピングセンターの内装工事をしてたらガス管を壊して商売をさせなかったって話ですから。補償が皆無だったら逃げるテナントがでてくるかもしれません。

契約で不具合による補償は請求しないなんて書いてありそうな予感。

自動車メーカー:若者を狙え セカンドライフや観光地活用 - 毎日jp(毎日新聞)
若者に大人気のセカンドライフで集客!(笑)

エクストレイルのフルフラッシュのサイトを見てみましょうか。

日産エクストレイル

・・・・なにか間違えてる。
北米向けのマーケティング手法ならこれでもいいのでしょう。
購買層の設定も間違えてるような・・・・

でもまあ、それはセカンドライフの力でカバー。

工作好き