VWの排ガス

排気ガスの測定方法

  • 排気ガスを計る機械を付けて専用コースを走る
  • 排気ガスを計る機械を付けてローラーの上を走らせる

排気ガスの中の窒素酸化物や微粒子の量と種類を計ります。燃料噴射のどこかに北米のテストだけをクリアできる茨城弁でいうところのずっこい回避排ガス規制プログラムを仕込んで怒られたVW。テスト専用の燃料噴射のプログラムはプラグの発火タイミングの調整でなんとでもなるそうです。問題はどうやってプログラムの発動するのか。その方法ですね。

発動編

たとえばローラーに載せて最初に時速10キロ5分、ついで時速30キロでもう5分走行など測定方法が分かっているならば、燃料の量を最適値にして排気ガスをきれいに出来ます。一般走行では滅多に同じ速度で長時間走りませんから、同一速度同一回転数が何秒以上でプログラムを発動するといった「引き金」があればプログラムは呼び出せましょう。

発覚した理由

  • プログラムを誰かが解析した
  • 実走行時のデータを別に取った

いずれかが考えられます。

ズル

フォルクスワーゲンほどの大企業ならば、まっとうに研究投資して国際市場で勝負しましょうよ。中国市場の占有率が三割で、全世界向けに同じものを売るならば北米も中国も仕様をあまり変えず同じ車を売りたい。わざわざ北米向けに生産ロットやエンジン設計、設定を変えるのは面倒くさい、ならばプログラムだけ変えてテストだけ逃れようなんて思惑なのでしょう。制裁金の額が高いのは個人や現場レベルでなく部門部署単位で組織的に行ったとアメリカの当局が認定したからです。ただ、アメリカも是正勧告無しでいきなり制裁っていうのは、戦勝国らしい枢軸イジメにも見えます。

フォルクスワーゲンはオシャレ

日本でフォルクスワーゲンに乗るのは若い女性。

オシャレで乗っています。運転の上手い人というよりはどちらかというと・・・。いまの横浜市長がファーレン東京(現VW)に勤めてたときにオシャレイメージ戦略を進めました。結果あのハンドルさばきの怪しい方々が多数 VW ユーザーになりました。
【BMW・ダイエー・日産の元経営者】林文子横浜市長「“寄り添う感性”や“受容力”は女性の強み」 – リクナビNEXTジャーナル

部下を「お客さま」だと思えば9割の仕事はうまくいく

VWパサート&パサートヴァリアントで分かる謎の社長退任とゴキゲン♪ワーゲンの本当の意味 – 日経トレンディネット
あ、8月付で逃げてる(笑)





工作好き